コンサルティング業界概観

コンサルティング業界について、ファームの特徴をもとに分類しました。各業界の特徴などをご紹介致します。

戦略系ファーム

大手のグローバルカンパニーの経営層に対して、CEOが抱えるCEOアジェンダに対し、戦略面等でコンサルティングを行う。インダストリーやテーマについては全社経営戦略、M&A戦略、M&A後の統合戦略、新興国進出戦略などプロジェクトテーマについても幅が広いことが特徴です。

【ファーム例】
マッキンゼー・アンド・カンパニー / ボストンコンサルティンググループ / ベイン・アンド・カンパニー / strategy&/ A.T.カーニー /  ローランド・ベルガー / アーサー・D・リトル / ドリームインキュベータ / コーポレイト・ディレクション / ジェネックスパートナーズ など

業務・IT系

企業の業務プロセス、オペレーション等に対し業務改善を行うことで経営改善を行っていくのが特徴。業務改善に紐づくかたちで、ERP導入、SI、BPOなどの実行までを一貫して場合もある。コンサルティングテーマは、戦略策定、M&A、会計支援、CRM、SCM等幅が広く、一定以上のキャリアについては、特定の領域ごとのチームに所属することが多く、キャリアとしては特定領域の専門性を身につけることができます。

【ファーム例】
アクセンチュア / IBM / PwC / デロイトトーマツコンサルティング / アビームコンサルティング / EYアドバイザリー / ベイカレント・コンサルティング / 日立コンサルティング/クニエ / シグマクシス / ガートナージャパン / フューチャーアーキテクト / スカイライトコンサルティング / ウルシステムズ / ウィプロジャパン / SAPなど

シンクタンク

民間企業に対してのマネージメントコンサルティングやITコンサルティングを行うとともに、官公庁向けのリサーチ業務、政策提言、エコノミスト等の幅広い業務領域をカバーしています。

【ファーム例】
三菱総合研究所 / 三菱UFJリサーチ&コンサルティング / 日本総合研究所 / 野村総合研究所 / NTTデータ経営研究所 / みずほ総合研究所 / 大和総研 / 富士通総研

ファイナンシャルアドバイザリー

M&A(合併・買収)に関わる経営戦略の決定から相手企業との契約締結までの複雑なプロセスにおいて、各種コンサルティングを提供します。コンサルタントとしてのキャリアとしてはコーポレートファイナンスにおける知見を高め、M&Aにおける戦略策定、バリエーション、モデリング等特定領域における専門性を高めていくことが可能です。

【ファーム例】
プライスウォーターハウスクーパース/EYトランザクション・アドバイザリー・サービス / KPMG FAS / デロイト トーマツ FA /  フロンティア・マネジメント /GCAなど

組織人事

クライアント企業に対して人事制度設計、評価制度、役員報酬などの人事領域におけるコンサルティングを行います。近年では、M&Aに伴う合併に関わる制度統合などのプロジェクトも多い状況。また、組織風土改革や人材開発・教育開発、チェンジマネジメントなどの人・組織に関わる制度以外のソフト面でコンサルティングの提供も行っている。

【ファーム例】
マーサー・ジャパン / ヘイコンサルティンググループ / タワーズ・ワトソン / グロービス / リンクアンドモチベーション / コーチエィ など

事業再生ハンズオン型支援

経営戦略の策定から実行までを一貫して行い、また実行の際は自ら組織内部に入り込んでいくことで、企業価値を高めていくことを目的としていることが特徴。状況に応じて、デッドの保有、エクイティ投資を行い、支援先の支配権・経営権を保持し、マネージメントとして参画し、経営を行なう場合もあります。支援先についてはファームごとに特徴があり、ベンチャー投資や新規事業開発、企業再生などファームの経営陣の特性によってデーマが異なります。

【ファーム例】
経営共創基盤 / ドリームインキュベータ / ジェネックスパートナーズ/  フロンティアマネジメント / リヴァンプ / エムアウト / イーソリューションズ

監査法人

監査法人での監査業務を行うとともに、監査クライアント以外の企業に対してはビジネス、システムなど多岐にわたるアドバイザリー業務を行います。

【ファーム例】
あらた監査法人 / あずさ監査法人 / 監査法人トーマツ / 新日本有限責任監査法人

ミドルマーケット向けコンサルファーム

ミドルマーケット(中堅・中小企業)が抱える様々な経営課題を解決することを目的に、経営計画立案支援や事業再生、事業承継、M&A、IPO支援、組織改革、人材育成、情報セキュリティ関連など非常に幅広い領域を支援しています大手企業をクライアントとするコンサルファームと比べ若手コンサルタントの裁量権が非常に大きく、自ら営業活動を行うことで、自身の手掛けたい案件を自らの力で獲得していくことも可能です。また、直接クライアント企業の社長と話す機会も多く、経営者と深いリレーションを築区ことが出来るので、長期的に企業を支援して行きたい方にはフィットしているコンサル領域といえます。

【ファーム例】
山田ビジネスコンサルティング / タナベ経営 / 日本能率協会コンサルティング / アタックスグループ / 船井総合研究所 

約1分で完了!転職支援サービスのお申込みはこちら
利用者の声 User's voice

選考対策特集

  • コンサルティングファームの選考突破のための準備・対策についてご紹介します。
  • 特集|戦略ファームの適性試験
  • 特集|面接対策≪ケーススタディ≫
  • 特集|戦略ファーム

サービス別特集

  • 会計、M&Aなど、各サービスにおけるトレンドやプロジェクト事例についてご紹介します。
  • 特集|CFO Advidory (財務会計コンサルティング)
  • 特集|リスクマネジメント・コンサルティング
  • 特集|SCM(サプライチェーン・マネジメント)
  • 特集|CRM
  • 特集|M&A

インダストリー別特集

  • 業界別のトレンド、コンサルティングテーマ、プロジェクト事例についてご紹介します。
  • 特集|パブリック
  • 特集|ヘルスケア
  • 特集|ライフサイエンス
  • 特集|エネルギー(石油・天然ガス)
  • 特集|エネルギー(電力・ガス)
  • 特集|建設・不動産
  • 特集|流通(コンシューマビジネス)
  • 特集|自動車
  • 特集|金融(保険)
  • 特集|金融(銀行・証券)