Loading...

Column

特集記事 詳細

金融コンサルタントのキャリア

Post Date2020-01-28 /
Categoryキャリア・働き方特集 金融コンサル特集

金融コンサルタントとして携わるテーマは多岐に渡るため、経験するテーマを通じて、各々が独自の強み・キャリアを形成していくことが可能です。(「戦略策定」や「新規事業開発」、「デジタル技術を活用した変革」、「金融国際規制対応」等)。
一方、携わるテーマに限らず、コンサルタントとしてのコアスキルが身につくことは、キャリア人生において非常に重要なケイパビリティとなります。(「ロジカルシンキング」、「コミュニケーション」、「プロジェクトマネジメント」等)。
ここでは、コンサルタントとして得られる経験・ケイパビリティと、その後描くことができるネクストキャリアについて、ご説明します。

金融コンサルタントとは?仕事内容は?

テクノロジーの進化により、金融業界は現在大きな転換期にあります。ネットバンクの攻勢や非金融機関による金融業界への参入などにより、従来の構造は大きく変化し、主に新テクノロジーに関して、スタートアップ企業と大手金融機関をはじめとした金融各社の間での競争・協業が盛んになり、企業の生き残りをかけた闘いが益々熾烈なものになっています。そうした業界の変化を深く理解し、新テクノロジーの導入や企業戦略などの課題に対して解決策を提示していくのが、金融コンサルタントの仕事です。

業務内容としては、銀行・証券・保険といった大手金融機関に対し、経営戦略策定、BPR企画・設計、M&Aに伴う業務統合支援など様々なコンサルティングサービスを提供します。
社会のデジタル化に伴い、金融業界の競争も国内にとどまらないグローバルなものへと進んできており、そのような動きに応じた新規事業開拓・事業構造転換に対して、クライアントのブレーンとして従来の枠にとらわれない新たな視点からの戦略案の提示が求められます。

業務の具体例を見てみましょう

・M&Aに伴う業務統合支援 (PwCコンサルティング合同会社)

買収後のバリューアップを推進するための「Transformation Management Office」
あるプライベートエクイティファンド(PE)は、買収した子会社に関して、「業務基盤を高度化し、3年以内にEBITDAを30%改善する」という目標を掲げていました。私たちは、その実現をサポートするべく、買収時のデューデリジェンス(DD)における検出事項、子会社自身が企画したコスト削減施策、外部アドバイザーからの推奨事項などを全て棚卸し、優先順位付けの上、60個超の改善施策として定義、責任者と期限を設定しました。そして、全社的なバリューアップを推進するための「Transformation Management Office(TMO)」を設置し、私たちはその一員として、以下の支援を担当しました。
• Planning:トップダウンで設定された改善施策の現場レベルへの落とし込み
• Tracking:進捗をEBITDA影響額で測定し、経営陣へ報告する仕組みの運営
• Driving:改善施策の進捗を促すための専門アドバイスの提供
こうしたTMOを中心としたバリューアップに向けた仕組みを導入し、その進捗度合いを可視化、さらにインセンティブ制度も組み合わせることで、買収時に掲げていた財務目標を3年以内に達成することに成功しました。
PwC Japanグループ より抜粋)

・新テクノロジーの導入 (アビームコンサルティング)

AIを活用した与信精度高度化の実証実験を実施
取引情報の評価ロジックを最適化、与信システムを再構築
消費者金融業界大手のSMBCコンシューマーファイナンス。同社は基幹業務である与信審査の一層の高度化を図り、デジタライゼーションの推進による顧客サービス向上のため、AIの活用を検討。アビームコンサルティングをパートナーに取引情報を利用した実証実験を行い、与信精度を高めることができるという結果を得た。その結果、取引情報の評価ロジックを最適化し、与信システムに組み込み、審査業務の高度化を実現した。
アビームコンサルティングより抜粋)

コンサルティングファームで得られる経験

金融コンサルタントとして得られる経験・ケイパビリティについて、プロジェクトテーマに限らず共通で得ることができる「コンサルタント・コアスキル」と、携わるプロジェクトテーマによって得られる「コンサルタント・領域スキル」について説明します。

コンサルタント・コアスキル

金融コンサルタントに限らず、コンサルタントとして共通に得られるコアスキルがあります。クライアントの経営課題解決のプロフェッショナルとして、コンサルタントが持つスキルや思想がそれにあたります。例えば、以下のスキルがあげられます。

・ロジカルシンキング
コンサルタントがクライアント課題解決のためのプロセスの中で、徹頭徹尾、必要となるスキルがロジカルシンキングです。すべてのコンサルタントがその思考プロセスの中のベースとして持つ思考形式と言えます。

・コミットメント
クライアント課題解決のプロフェッショナルとして、限られた期間内に適切な解を出すことに強いコミットメントを有するカルチャーがあります。マインド面の要素となりますが、すべてのコンサルタントが課題解決にコミットすることで、ビジネス上の難題に対して価値を提供しています。

・プロジェクトマネジメント
コンサルタントはプロジェクトベースでの働き方となります。限られた期間・予算・人員でミッションを完了させるため、そのマネジメントは極めて重要な要素と言えます。プロジェクト成否を分ける要素ですが、コンサルティングファームでは、若くして自身のプロジェクトマネジメントを担う機会が訪れます。

金融コンサルタント・領域スキル

金融コンサルタントが携わるテーマに関するスキルがこれにあたります。実際は1つのテーマに携わり続けることは必ずしも多くなく(本人の希望があれば別ですが)、いくつかの領域を経験しながら、1つあるいは複数の領域に強みを形成していくことになります。

・事業戦略・新規事業企画
クライアント自身の強みや、市場環境、競合調査を通じて、クライアントが今何をすべきか、どのようにすべきかを企画・立案を行います。特に金融機関を取り巻く環境は激変の中にあり、従来からの連続線上での発想では解決できない、非常にチャレンジングなテーマと言えます。

・Fintech・デジタル
最新テクノロジーのどのように活用していくかは、今後ますます重要性を増していくテーマと言えます。金融ビジネスの理解と、テクノロジー双方を理解し、クライアントを変革に導くテーマであり、まさに最先端を開拓していくテーマと言えるでしょう。

・オペレーション変革
大企業であればあるほど、オペレーションモデルの最適化による品質・コストへのインパクトは甚大です。このテーマは、現在からの「改善」でなく、テクノロジーも駆使した「変革」を起こす必要があり、従来にも増して、その効果と難易度は高まっています。

・リスク/ガバナンス
金融機関のビジネス遂行にあたって、避けては通れないのがリスク/ガバナンスのテーマです。規制を順守しつつも、ビジネス優位性を損なわないため、“守り”と“攻め”の両方の視点が必要とされるテーマです。

描けるネクストキャリア

ここでは、上述した経験をもとに、どのようなネクストキャリアを描くことができるかをご説明します。

他ファーム

他のコンサルティングファームでのキャリアを描く道があります。コンサルティングファームと一言でいっても、FASやブティック、リスク領域ファーム等、異なるテーマを扱うファームへの転職もあれば、自身の強みをより強化していくため、競合ファームを次のキャリアとして描くケースもあります。

金融機関

クライアントサイドに次のキャリアを描く道があります。外部からの支援でなく、事業主体側として自らの変革を目指すケースがこれにあたります。コンサルタントとして築いた専門性を、これまでとは異なる目線で発揮していく魅力があります。

その他事業会社(非金融機関)

非金融機関の金融ビジネス参入、または(珍しいケースですが)金融以外の事業会社でのキャリアを描くケースです。後者の場合は、企業として新たなチャレンジをするときに、コンサルタントとしてのコアスキルを発揮することが求められます。

また、大企業を離れ、ベンチャー企業でキャリアを描くケースも意外と多いかもしれません。世の中の新しいことを自ら企画・実行し、短期間にその効果を見て、さらにブラッシュアップしていくことができる、エキサイティングなチャレンジと言えます。

ファームでのキャリアアップ

最後に、転職の道ではなく、所属するファームでキャリアアップをしていく道を紹介します。“ファームは修行の場”と思われる事も多いかもしれませんが、近年は長く働ける環境も整い、ファームの中でキャリアを伸ばし、自らやりたいことを作っていくケースも増えています。元々、実力次第で自由にテーマを切り開くことが歓迎されるカルチャーですので、今後さらに増えていくケースかもしれません。

金融コンサルタントの年収

高いハードルを期待される分、高収入を期待できます。マネージャークラスになれば、年収1,000万円以上も見込めます。但し、実力主義であり、マネジャー以上になると営業実績も評価されるため、それによって収入が上下するというシビアな業界です。

大手金融コンサルタント企業

金融コンサルティングに特化したファームは確かにありますが、大手総合コンサルティングファーム内に、インダストリー軸で金融コンサルに特化した部署が存在する、といった形態が一般的です。
具体的には、

・アクセンチュア株式会社 金融サービス本部
・EYアドバイリー・アンド・コンサルティング  銀行・証券セクター
・PwCコンサルティング合同会社 金融サービス事業部
・アビームコンサルティング 金融・社会インフラ業界向け海外サービス

などが挙げられます。

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

Other Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

弊社で転職相談を実施するメリット

充実したサポート体制に
よる高い顧客満足度
業界出身者による丁寧な業界分析や、充実した「面接対策サポート」、密なコミュニケーションなどにより、お客様より高い評価をいただいております。※詳細は転職体験談をご覧ください。
転職相談者への中立的な
キャリア相談
転職相談に来られる方に対し、1人1人のご経験やご志向・ご事情に添って、転職を必ずしも選択肢としないキャリア相談を提供させていただきます。
高い内定率と
高年収決定
ファーム内定者年間500名を誇り、「GOOD AGENT RANKING」(450社以上)にて、平均決定年収部門『第1位』の表彰をいただいており(2018年度)、ハイクラスの転職支援においても高い内定率をあげております。
コンサル業界出身キャリア
エージェント多数在籍
コンサルティング業界出身者・VC出身者が多数在籍し、豊富な業界知見と多くのコネクションに加え、クライアントの立場も踏まえた生きた情報をもとに、ご支援いたします。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから