Loading...

About Consulting

コンサルタントとは

コンサルタントという仕事について、求める人物像や仕事内容、
職位や参考書籍などご紹介いたします。
ポストコンサルについても詳しく解説しております。

About

コンサルタントについて

  • 戦略、課題解決案の提示、および情報の提供

    企業、公的機関の経営戦略の策定や、組織が抱える問題の解決策の提示、左記の提言に市場環境、業務状況、政府の政策、規制措置などに関する情報を提供およびリサーチ業務を行います。
    例えば、自動車メーカー企業がさらなる成長のためインド進出を検討する際には、マーケット環境、規制等を情報を収集し、情報提供を行うようなイメージが一例です。

  • 戦略の実行、および問題課題解決の実行

    近年においては、解決策の提案だけでなく、実行可能性を求められ、実際に経営課題の解決までを行うことが一般的になっております。実際の問題解決まで踏み込んだコンサルティングのイメージとしては以下のようなものとなります。

    組織変革の実行およびマネジメント

    深く根付いた組織内のしがらみや仕事上の慣習、利害関係が、クライアントの組織変革の妨げとなっている場合に、コンサルタントは「チェンジ・マネジメント(変革管理)」の役割を担います。変革の必要性を発見し、変革の戦略・計画を案出し、変革の促進および変革の障害克服に対する適切なアプローチを選択・適用し、変革の進行管理を行い、進展状況および実績を評価します。
    このような役割を担う場合は、組織変革というクライアントにとってストレスの強いテーマのため、特に行動科学面の「ソフト」スキルが重要となります。

    組織、制度改革と実現のためのシステム化

    経営管理の高度化、SCM・CRM・HR領域での制度改革、リスク/コンプライアンス対応など幅広い分野に対して、それぞれのファームが事例を重ねているため、それぞれ強みを持つ分野やベストプラクティスが存在します。クライアントの現状の制度、業務プロセスなどから変更を行い、実現するためのITシステムまでを行っています。
    例えば、経営陣が各国の経営指標を素早く把握するための管理会計の高度化においては、会計データを収集する会計システム(ERP)のカスタマイズ等にも従事し、収集したデータの中で必要な情報を取り出すための基盤の構築を行ったなどが一例です。

    スペシャリスト人材の提供

    「ハンズオン型コンサルティング」と呼ばれる、経営や資本にテコ入れをして成長/再生をはかるコンサルティング手法の際に、経営企画部門などの実行部門や、場合によっては取締役など経営陣の一画にコンサルタントが招聘される場合があります。特に経営状態が思わしくない企業に対して、再生計画の策定だけでなくハンズオンで実際の変革を支援するファームが目立つようになっています。

    管理者およびスタッフの訓練・開発

    クライアントの継続的な発展のためには、コンサルティングの効果を一時的なものに限定するのではなく、コンサルティング期間の後もクライアント自身でノウハウを身につけ自己改善していくことが理想です。
    そのため、コンサルティング期間においては、通常の情報提供や助言・診断を行いながら、クライアントの管理者およびスタッフの教育・研修カリキュラムを同時に組み合わせることがあります。 また、訓練のみを目的としたコンサルティング依頼もあります。その例としては、生産性の課題解決を行いたい場合に、生産性改善プログラムの提出をコンサルタントに依頼するのではなく、生産性の診断および改善に関するワークショップを一定の回数開催してもらうといった形になります。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから