Loading...

Thinktank

シンクタンク

シンクタンク

シンクタンク

業務内容/具体的なテーマ

シンクタンクは、1960年代半ばに証券会社や都市銀行などを母体として、市場経済や各業界についての分析を行なう目的で設けられた研究機関。業務内容は、「母体企業の依頼で行なう経済動向などのリサーチ」、「官公庁が政策決定のために行なう調査・提言」、「民間企業向けの経営コンサルティング」の3つを行っている。
民間企業向けの経営コンサルティングについては、経営戦略、業務改革、IT企画など多岐にわたる領域をカバーしている。金融機関の母体のシンクタンクについては、日系企業の海外進出支援等も積極的に行っている。

  • 現在の課題感

    大手の民間シンクタンクは金融機関やメーカー等大企業のグループ会社の会社が多いが、よりグループ企業での連携が求められている。具体的には、シンクタンクがクライアントに対して戦略提言を行い、実行支援に銀行やICT技術を持った関連企業が参加するといった形や、企業とシンクタンクが情報の共有を行うといったシステムの構築が求められているし、足もと進められている。

  • ファームで得られる経験

    シンクタンクでは、調査・コンサル業務において、事業会社や他ファームに比べて、幅広い分野・業種・テーマを経験が出来る。そのため、コンサルタントとして重要な複眼的な視点を獲得することができる。また、多くのシンクタンクが大手の金融機関や企業の関連企業であるため、企業のノウハウや知識が共有されており、情報を吸収できます。その一方、公共性というシンクタンクとしての特徴を活かして、IoT、観光、テレワークといった未確定の分野において行政と民間の双方に働きかけを行い、新規事業の開拓することも可能。

  • プロジェクト例

    研究・調査業務

    • 経済・社会政策研究/提言事業
    • マクロ経済調査
    • マーケティング調査

    コンサルティング事業

    • 最新の社会情勢に基づいたコンサルティング事業
    • ICT活用コンサルティング
    • システムインテグレーション
  • 採用動向

    書類選考は学歴と職歴を非常に重視するため、戦略系ファーム以上の難関とも言える。新卒は大学院卒を中心とした採用を行っているところが多いが、中途採用ではコンサルファーム同様、学卒でも問題ない。
    20代〜30代前半の有名大学卒業者で、大手企業に於ける企画経験を評価され転職するケースも多い。

  • キャリアについて

    キャリアパスととしては、事業会社への転職、他のコンサルティングファームへの転職などが選択肢となる。リサーチ業務の経験者は、他シンクタンクや研究機関(大学など)の研究員に転職するケースも少なくない。経済指標の分析などを行っている部門の若手の場合については金融機関のアナリストなども選択肢になる。

  • 代表的な企業

    代表的なシンクタンクの企業情報をご紹介しております。下記のリンクよりご覧ください。

  • その他コンサル業界

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから