Loading...

FAS

ファイナンシャルアドバイザリー

FAS(ファイナンシャルアドバイザリー)

ファイナンシャルアドバイザリー

業務内容/具体的なテーマ

ファイナンシャルアドバイザリーサービスとは、クライアントに対して財務関連のアドバイザリー/コンサルティングサービスを提供する。プロジェクトの内容ととしては、企業間の資産売買に伴うプロジェクトが多く、他の企業の買収するM&A関連のプロジェクトや、第三者割り当て増資などファイナンススキームに関わるプロジェクトが多い。
プロジェクトの中で提供するクライアントには企業の法務担当、経営陣、税務・監査担当、金融機関等、企業の財務に従事するプレイヤーに対して以下のような内容のサービスを提供している。

  • 現在の課題感

    中小企業のM&A件数が内需の落ち込みや後継者問題から増加しており、大企業案件よりも、より少人数で活動する場面が増加しており、個人が幅広くM&Aプロセスに係る知識/経験を持ち、問題解決をこなす事が求められている。また、大企業においては、企業を経営する人材の採用と育成、グループ全体の経営、事業評価システムの構築といった問題を抱えており、FAS企業がどのようなアプローチを行えるかが問われている。

  • ファームで得られる経験

    M&Aのような企業全体に関わる業務が中心のため、戦略・人事・会計・システムといった様々な知識が必要とされ、他分野の専門家と共に仕事をする事が出来る。M &Aの相手先が海外企業であることも多く、海外チームと協力して支援を行うため、高い語学力が求められる。そのため、海外のメンバーファームへの出向やMBA取得の海外研修の制度などグローバルに働く事ができる。

  • 業務例

    具体的な業務例は下記の通りです。

    FAS業務

    • M&Aアドバイザリー業務
    • バリューエション(企業価値評価・知的財産評価・会計目的評価)業務
    • 財務を中心とした、デューデリジェンス業務
    • 事業再生コンサルティング
    • フォレンジック(不正調査・係争分析)
  • 採用動向

    M&A案件の増加に伴い、積極的な採用を実施している。財務・会計における知見が求められるため、20代〜30代前半の若手については、会計資格保有者(公認会計士・USCPA)や、金融機関での財務分析等の経験者、投資銀行やM&A会社の出身者、事業会社の財務部門やM&A部門の出身者の採用を行っている。

  • キャリアについて

    ネクストキャリアについては、事業会社へのM&A部門への転職、金融機関への転職、他のコンサルティングファームへの転職などが見れる。また経験の親和性が高い、投資銀行やファンドなど金融機関への転職も少なくありません。

  • 代表的な企業

    代表的なFASの企業情報をご紹介しております。下記のリンクよりご覧ください。

  • その他コンサル業界

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから