Loading...

特集記事 詳細

Column

シンクタンクの具体的な業務内容とは!?代表的な企業も紹介

Post Date2023-12-12 / Update-date2023-12-12 /
Categoryキャリア・働き方特集 

シンクタンクは調査・分析結果の公表や政策提言を行う機関です。本記事では、シンクタンクの意義と活動内容、政府系と民間系の違いについて詳しく解説します。さらに、シンクタンクの主な活動内容やビジネスモデル、注目のシンクタンク8選も紹介します。シンクタンクに関心のある方や転職を考えている方に役立つ情報が満載です。

  1. シンクタンクとは?
  2. シンクタンクの主な活動内容とは?
  3. シンクタンクには政府系と民間系がある
  4. 注目のシンクタンク8選を紹介
  5. まとめ

シンクタンクとは?

シンクタンクとは?

シンクタンクは研究機関の一つとして、さまざまな課題やテーマに関する調査・研究を行い、その結果を公表する組織のことを指します。これらの組織は、政府や民間、非営利団体など、多様な背景を持つものが存在します。特に社会、経済、政治に関連する課題を扱うことが多く、その意見や提案は政策決定の参考となることが期待されます。

調査・分析結果の公表や政策提言をする機関のこと

シンクタンクはその名の通り、”考えるタンク”としての役割を果たします。多様な専門家が集まり、社会的な問題やトピックスについて研究し、その結果を報告書や論文として公表します。また、具体的な政策提言や施策の提案を行うことで、政府や自治体、企業などの意思決定をサポートします。これらの提言は、中立的かつ客観的な立場からの分析結果に基づいており、多くの場合、社会的な影響をもたらすことが期待されます。

シンクタンクとコンサルティングファームの違い

シンクタンクとコンサルティングファームは、ともに専門的な知識を提供する組織としての側面がありますが、その目的やアプローチには大きな違いがあります。コンサルティングファームは主に企業や組織の課題を解決するための戦略や方法を提供することを目的としており、具体的な実行計画や実施サポートを伴うことが多いです。一方、シンクタンクは公共的な問題や社会全体の課題に対する提言や研究を行うことが中心で、その活動はより広範な視点からのアプローチとなります。また、コンサルティングファームは収益を追求する商業組織であるのに対し、シンクタンクは多くの場合、非営利の立場から活動を行います。

シンクタンクの主な活動内容とは?

シンクタンクは、企業や政治の現場での意義的な役割を持つ研究機関です。彼らの活動内容は多岐にわたり、社会や経済のトレンドや問題点の把握を目的としています。

政策提言

シンクタンクは、調査研究の結果をもとに具体的な政策提言を行うことが一つの主要な活動です。これらの提言は、社会や経済のトレンドや問題点を考慮に入れた上で、最適な施策や方針を提案するものとなっています。日本総研のような機関は、社会の変革を促す真の政策シンクタンクを目指しており、具体的な政策提言を行っています。

調査研究

シンクタンクのもう1つの主な活動内容として調査研究があります。政策提言の根拠となる情報収集や分析を行い、社会や経済のトレンドや問題点を深く把握するための研究をおこないます。

政策分析

「政策分析」は、現実の政策課題に対応して、知的資産をシステマティックに活用するダイナミックな枠組みです。これは、具体的な状況や問題に対して最適な策を導き出すための分析手法として用いられます。

シンクタンクには政府系と民間系がある

シンクタンクは、社会、経済、政策など様々な分野の研究や分析を行い、その結果を公表する機関のことを指します。主に、政府系と民間系の2つに大別されます。

政府系シンクタンク|政策立案や政策実施の助言をする

政府系シンクタンクは、主に国や自治体に所属し、公的な資金で運営されています。彼らの主な役割は、政策の立案や実施に際しての研究や分析、助言を行うことです。具体的な政策提言や、実施に向けたデータの収集と解析が行われる場所としても知られています。

民間系シンクタンク|研究員の知見を活かす

民間系シンクタンクは、私企業や独立した団体が運営するもので、多くは研究員や専門家の知見を活かして、さまざまな分野の研究や調査を行います。民間の資金により運営されるため、公的な制約が少なく、独自の視点や方法での研究が可能です。

シンクタンクのビジネスモデル

シンクタンクのビジネスモデルは、その資金源や収益の仕組みによって異なります。政府系の場合は、主に公的な予算によって賄われることが多いです。一方、民間系の場合は、企業や団体からの依頼に基づく研究や調査、セミナーや講演、出版など、多岐にわたる事業活動を通じて収益を上げることが一般的です。

注目のシンクタンク8選を紹介

政府系シンクタンク3選

経済社会総合研究所(内閣府)

日本の中央行政機関として経済や社会に関する総合的な調査・研究を行っています。政策の策定や方針の決定に関するデータを提供しています。

財務総合政策研究所(財務省)

財務省の下部組織として、財政、通貨、経済に関する研究を行っています。国の予算や税制に関する政策提言も行っています。

防衛研究所(防衛省)

日本の安全保障に関する研究を行っている機関です。軍事技術や戦略、地域の安全情勢についての研究が主な業務となっています。

民間系シンクタンク5選

NRI株式会社野村総合研究所

金融やIT業界を中心に幅広い分野での調査・研究を行っています。最新の技術動向や市場の分析を提供しています。

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社

金融を中心とした研究を行っています。経済動向や市場分析を通じて、投資やビジネス戦略の策定をサポートしています。

株式会社東京海上研究所

保険業界に特化した研究を行っています。リスク分析や保険商品の開発に関する調査を主な業務としています。

MRI株式会社三菱総合研究所

三菱グループが運営する研究機関で、エネルギーやインフラ、環境など多岐にわたる分野での調査・研究を行っています。

株式会社NTTデータ経営研究所

IT業界に特化したシンクタンクです。デジタル変革やIT戦略に関する調査・研究を行っています。

その他の民間シンクタンク

これらの他にも、多くの民間シンクタンクが存在し、それぞれの専門領域で調査・研究を行っています。例えば、エネルギー経済や中東の地政学に関する研究を行っているIEEJなどが挙げられます。

まとめ

この記事では、シンクタンクの概要や役割、主な活動内容から、政府系と民間系の違いや各シンクタンクのビジネスモデルについて詳しく解説しました。さらに、注目のシンクタンク8選として、政府系と民間系それぞれの主要なシンクタンクを紹介しました。シンクタンクは、その研究や分析能力を活かして、政策提言や社会的課題の解決に向けての提案を行っています。政府系は政策立案や政策実施の助言を中心に行い、民間系は研究員の知見を活かす形での活動が主となります。選ばれたシンクタンクは、それぞれ異なる特色や専門領域を持っており、それぞれの研究テーマや提言が社会にどのように影響しているか、今後の動向も注目していきたいところです。

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

キャリア・働き方特集の記事

Related Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

Other Column

弊社で転職相談を実施するメリット

充実したサポート体制に
よる高い顧客満足度
業界出身者による丁寧な業界分析や、充実した「面接対策サポート」、密なコミュニケーションなどにより、お客様より高い評価をいただいております。※詳細は転職体験談をご覧ください。
転職相談者への中立的な
キャリア相談
転職相談に来られる方に対し、1人1人のご経験やご志向・ご事情に添って、転職を必ずしも選択肢としないキャリア相談を提供させていただきます。
高い内定率と
高年収決定
ファーム内定者年間500名を誇り、弊社ヘッドハンターが株式会社ビズリーチ主催の「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2023」にてコンサルティング部門のMVPを受賞する等、ハイクラスの転職支援において高い実績をあげております。
コンサル業界出身キャリア
エージェント多数在籍
コンサルティング業界出身者が多数在籍し、豊富な業界知見と多くのコネクションに加え、クライアントの立場も踏まえた生きた情報をもとに、ご支援いたします。

コンサルティング業界
転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス