Loading...

Column

特集記事 詳細

戦略コンサルティングファームを目指す志望動機

Post Date2019-12-05 /
Category戦略コンサル特集 選考対策特集

「戦略コンサルティングファームを志望するにあたって志望動機はそこまで重視されない。」と言われることがあります。これはある意味正しいと言えないこともないですが、本質的には誤った認識です。「重視されない」のではなく、「最低限、志望動機を正しく書ける、言えなければ、選考のスタートにも立てない」というのが正しい解釈です。

確かに、面接の場では志望動機は聞かれない、もしくは聞かれることは有っても掘り下げられないことが多く、面接時間や評価の面からもケース面接の方が重視される事実は有ります。一方で、最初の志望動機でつまずけば、そもそも面接選考に進めない(書類でお見送りとなってしまう)、もしくは例え面接に進めても、志望動機がひどければその後もまともに評価して貰えない可能性が高いです。
繰り返しになりますが、「選考に臨むにあたり最低限整理されていなければならない」ものになります。総合コンサルティングファームや事業会社で面接時に「志望動機書」を求められないケースが多い中で、多くの戦略コンサルティングファームでは応募時に「志望動機書」の提出を求める事実は、書類選考時に最低限のレベルや本当にコンサルタントになりたいのか、その候補者の嗜好と会社がマッチしているか等の確認に使われていることを示しております。

本特集で、その最低限必要なポイントに触れることで、戦略コンサルティングファームを目指し、これから志望動機を考える方の一助となればと考えます。

最低限押さえるべきポイント

ロジカルな構成

コンサルタントに求められる能力として「ロジカルシンキング」という言葉はよく聞く言葉でしょう。ではロジカル(論理的)とは何か、詳しくは参考書籍を読んで頂ければと考えますが、特に重要なのは、
①構成がわかりやすい
②最初に結論を述べ、理由や具体の話を繋げる
の2点です。

「①構成がわかりやすい」、という点ですが、コンサルタントの方と話すと「理由は3つあって、1つ目は~、2つ目は~」という話し方をよく聞きます。これは最初に「3つ」という数字を見せることで、どれだけ話が続くのか、その3つのポイントとは何か、今どこの話をしているのか、といった点を相手に伝える効果があります。結果、相手が話を聞きながら、もしくは文章を読みながらであっても、発信者にガイドされる形となるため、内容が理解しやすくなります。

「②最初に結論を述べ、理由や具体の話を繋げる」、という点について、①同様の効果になりますが、まず結論を伝えることで相手にメッセージが伝わり、後に続く理由や具体の話が理解しやすくなります。逆の例を挙げると、皆さまの周りにも、結論を先延ばしにして冗長に話し、何を言いたいのか伝わらない方がいらっしゃるかと思います。勿論、結論を前に持ってくることが常にロジカルとは限らず、「A=B、B=C、よってA=C」という演繹的なロジックもあります。一方でこれは高度なため、話が明確かつ簡潔でなければ伝わりません。うまくできないと、例に挙げたような、「話は長いが何を言っているか分からない」という状態になってしまいます。

なお、①、②を組み合わせる、つまり「XXXのため経営コンサルタントを目指します。理由は3点で、△△、△△、△△です。それぞれ具体的には・・・」という組み合わせですと、より分かりやすい構成になります。

簡潔な纏め方

上記の「ロジカルな構成」とも繋がりますが、全体としてロジカルライティングを意識しつつ、かつ簡潔に纏める必要があります。全体の構成(例)として「結論→理由や具体→まとめ」と、整理されており、理由を3つ挙げる場合にも一つ一つが長くなりすぎず、簡潔にポイントを伝える必要があります。
冗長にならないコツとしては、結論のみならず理由についても一言で伝える整理、つまり「理由は△△、△△、△△です」と一言で言えるか、がポイントになると考えます。

勿論、その△△の一言の言葉では具体は伝わらないものの、先にガイドされることで、その具体の話が△△という理由に繋がっている、という結論が相手に伝わる為、一つ一つの具体を細かくしすぎなくても、相手にメッセージは伝わります。何か話をする際に、「△△が課題です」とまず一言で纏めることは、コンサルタントになった後も問われる能力ですので、その素養も相手に伝わると考えます。
ただ、このように書くのは簡単なものの、「△△」と纏める際の言葉や纏め方、本当にその構成で伝わるかは、重要かつ難しい話のため、実際に書いてからエージェントやコンサルタント経験者の方と確認するようにして下さい。

コンサルタントとして何を成し遂げたいか、という思い

志望動機の中では、当然ながら「コンサルタントとして(やその会社で)何を成し遂げたいか」という点に触れる必要があります。この話を織り込むことで、①コンサルタント業界(やその会社)を正しく理解している②そのうえで個人の思い(アスピレーション)とマッチしている、という2点を相手に伝えることが出来ます。

この「何を成し遂げたい」という点についても、上記同様、一言で伝えたのちに、具体感のある情報を織り込むことが良いと考えます。具体感のある情報については、その会社のHPに記載されていたプロジェクト情報や、書籍等で読んだことのあるコンサルタントの活躍、実際にコンサルタントに会って伺った話を織り込むことが、こちらのコンサルタントに関する理解を伝える点、相手に話を理解して貰いやすい点で良いでしょう。当然ながら、戦略系コンサルタントとしての活躍範囲は広く、あらゆる可能性が考えられるため、ファクトに囚われすぎる必要は有りません。しかし、「社会にインパクトを与えたい」といった言葉だけでは相手に伝わらないため、自分なりの「社会」や「インパクト」の内容やレベルについて、相手にイメージを持たせる必要があります。

現職での経験や専門性のアピール

未経験での戦略コンサルファームへの転職の場合、その多くがポテンシャル採用である為、現職での専門性や経験が深く問われることは有りませんし、事業会社の面接と比較すると面接でも深掘りされません。一方で採用サイド(面接官含む)は「どのプロジェクトに使えそうか」、「この知見やスキルはXXに使えそうだな」という視点でも見ているため、アピールできるものがあればその内容を織り込むべきです。

但し、その経験が志望動機に繋がるものであればよいものの、強引に織り込もうとすると話が破綻する、あるいは冗長になりポイントが見えないということが起こりえます。綺麗に志望動機に繋がらなければ、別途分けて記載する形でもよいでしょう。志望動機を一通り書いた上で、「貢献できるポイント」と行を分け、数点ポイントと具体事例(経験)を記載するのというような形です。

よくあるNG例

複数の志望動機書を確認させて頂く中でよくみられる、上記が出来ていない以外の内容面でNGと考えられるものをピックアップします。

”成長したい”を強調した内容

戦略コンサルファームで働きたいと思う理由の一つとして、「優秀な人材と一緒に働きたい」、「彼(彼女)らから多くのことを学びたい」、「経営コンサルの考え方を学びたい」、「経営者の視座を得たい」等の理由は実態としてあると考えますし、伝えることも問題は有りません。ただ、それがメインの志望動機となると、当然ながら「学校ではないのだから成長したいだけの人間はいらない」との結論になります。成長はあくまでプロセスであり、触れるのであれば、「成長した結果、XXXを成し遂げたい」というビジョンを見せなければなりません。

戦略コンサルを通過点とした内容

戦略コンサルティングファームの卒業生の方には、事業会社やファンド、起業で活躍される方が多くいらっしゃいます。ただ、それはあくまで結果であり、コンサルファームの門戸を叩く段階で、「将来起業を考えており、2-3年間まずは経営の基礎を学びたい」と伝えることは誤っております。確かに戦略コンサルファームでは2-3年在籍して次のステップに進まれる方が多いのは事実ですし、ファームも卒業生の活躍を応援しておりますが、入る段階ではその候補者に「コンサルタントとして成長し、いずれマネージャー、パートナーとして活躍して欲しい。」と考えております。そのため通過点として伝えてしまうと、その意向とマッチしませんので、お見送りとなる可能性が高いです。

ロジカルな構成に拘り過ぎて、思い/内容が伝わらないもの

上記の通り、ロジカルかつ簡潔に記載するためのポイントをお伝えしましたが、中にはそれに拘り過ぎて、思いが弱い/内容が伝わらないものが散見されます。「全体構成はロジカルなものの内容を見ると結論に綺麗に繋がっていない」、「簡潔すぎて文字数が少なすぎるうえに使用されている専門用語が分からない」、「結論が抽象的な上に具体化も感覚やイメージだけで弱い」といったものです。
最初に触れたロジカルや簡潔とのバランスのため難しいですが、本当に伝えたい内容であれば多少文字数が必要であっても触れる(原体験等)、専門用語を使って経験を纏める場合は補足する、抽象的な言葉を使う場合は具体化で相手に伝わる記載を心掛ける、といった、読み手に配慮する気持ちは必要になるかと考えます。

まとめ

上記の通り、志望動機のポイントやNG例について触れましたが、大事なのはまずは書いてみることかと考えます。皆さまが「戦略コンサルタントを目指したい」と考えるに至った過程には言語化されていなくても何かしらの理由があるはずですし、書いてみることを通じてその理由/背景含め自己分析がブラッシュアップされると考えます。同時に、自身の志向がコンサルファームと合っているか、そして志望動機の内容をより良いものとするためにも、コンサルファームの分析も必要になると考えます。
まずは自己分析/ファーム分析も同時並行で行いつつ書いてみて、その後、ロジカルな構成や、簡潔な纏めを意識して仕上げるのが良いでしょう。
とはいえ、上記にも記載しましたが独力では限界あると考えますし、一旦仕上げてからは戦略コンサルファーム経験者の知人に見てもらう、志望動機書を複数見ているエージェントに相談すると良いでしょう。

転職支援のお申し込みはこちら

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

Other Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから