Loading...

Column

特集記事 詳細

30代未経験からのコンサルティングファーム転職

Post Date2019-12-05 /
Categoryキャリア・働き方特集 

コンサルティングファームの転職について興味はあるものの、年齢を理由に諦める方もいらっしゃるかと思います。巷では「コンサルティングファームへの転職は20代後半、もしくは30代入ってすぐまで」と言われることも多いようです。もちろん難易度は上がりますが、必ずしも転職できないというわけではありません。

本特集では、30代未経験からのコンサルティングファーム転職の実態、難易度やポイントについて纏めます。
なお、同じ30代でも、30代前半(~34歳)、35歳以降、で大きく分かれますので、分けてご説明させて頂きます。

30代前半でのコンサルティングファーム転職

実態/難易度

結論から申し上げると、戦略/総合ファームともに30代前半での転職は可能です。コンサルティングファームのビジネスは拡大しており、扱うテーマも多様になっておりますので、年齢のみを理由とせずに、候補者の方の知見/経験を見極めたうえで採用を進めております。
但し、戦略コンサルティングファーム、総合コンサルティングファームでやや異なります。

<戦略コンサルティングファーム>

30代であってもポテンシャル採用の要素はございますが、20代と比較すると前職での経験(特定インダストリーでの知見、海外/企画等の部署経験)が問われることになりますし、面接でも深掘りされる点となります。もちろん前職経験だけでなく、出身大学、ベンチャー在籍や事業立ち上げ経験、MBAホルダー等、複数の要素の組み合わせでの判断にはなります。加えて、後述しますが、20代若手との親和性(要は若手ともうまくやれるかの人物面)も見られます。
なお、未経験の場合はマネージャーの役職はつかないため、前職によっては年収が(若干とはいえ)一旦下がることも覚悟せねばなりません。

<総合コンサルティングファーム>

十分に転職の余地はあります。前職での専門性(例:金融、製造等)はもちろん見られますが、まさにその現場感を求められているところは有りますので、求人企業の需要にマッチするものであれば歓迎されます。
なお、IT系では、中堅SI企業であってもSEとして顧客折衝やPMを経験されていた方は評価される傾向にあります。

ポイント

戦略/総合に限らず、現職での知見や経験は書類、面接でアピールする必要があります。また、30代前半とはいえ少人数であってもチームをマネージした経験はプラスになります。
但し、どのように職務経験を伝えるか、どのファームにハマりそうかについてはエージェントとの相談が必要になりますので、必要であれば是非お手伝いさせて下さい。

転職支援のお申し込みはこちら

35歳以降のコンサルティングファーム転職

実態/難易度

結論から申し上げると、戦略は非常に狭き門ですが、総合ファームであれば需要は有ります。但し、いずれの場合も、選考時だけでなく、採用後のチャレンジ(後述)を考慮する必要があります。

<戦略コンサルティングファーム>

採用の枠はございますが、非常に狭き門です。前職での経験、MBAや士業等の資格、他の方と差別化される尖った経験(起業経験やその経験での成功)が組み合わせで見られることでしょう。
また、その経験を戦略コンサルファームでどのように活かすことが出来るか、未経験であっても即戦力として活躍できるかをアピールする必要があります。
一方で、特に足もとデジタル/データ解析/デザイン等の領域は各ファーム強化している傾向にあるので、そのような知見は年齢関係なく評価されます

<総合コンサルティングファーム>

採用の難易度は30代前半と比較して上がるものの、足もとの好況な採用状況では十分可能性があります。但し、同じコンサルティングファームであっても経験(IT、ファイナンス、マーケ、企画等)によって応募可能なポジションは限られてきます。

ポイント

30代前半以上に、これまでの業務経験を応募するポジションやプロジェクトにどう活かせられるか、より具体的なアピールが必要になります。また、上述の通り、同じファームであっても内定が狙える職種/ポジションが異なります。こちらもエージェントとの相談が必要になりますので、必要であれば是非お手伝いさせて下さい。

転職支援のお申し込みはこちら

 

30代からのコンサルティングファーム転職におけるチャレンジ

無事に転職出来たとしても、30代ならではのチャレンジが存在します。それらは、乗り越えることが不可能ではないとはいえ簡単なものではありません。転職を考えるにあたり、考慮頂ければと考えます。

マインドセットを変えられるか

コンサルティングファームでの働き方や考えるプロセスは、時に自身の職務経験やその当時の考え方と反することがあります。例としては、同じ「クライアントの要望に応える」であっても、事業会社であれば「顧客の満足いく成果物を仕上げる」ことで、コンサルティングファームでは「顧客の想像を超えたあるべき姿を提案して、結果として顧客に満足してもらう」場合があります。これは一例ですが、考え方や仕事の進め方に関して、時にいくつもの大きなマインド転換が必要になる為、最初は苦労される方も多いです。

スキルセットを身につけられるか

事業会社でいかに経験を積んでいても、コンサルティングファームではファームならではのパワーポイントのお作法や、一定のエクセルスキル、インタビュー手法等が求められ、プロジェクトによっては特定ツールを使用することがあります。特にパワーポイントのお作法は細かいことが多く、人によっては「なぜここまで揃える必要あるか…」とお考えになるかもしれませんが、これはファームとしての納品物の統一性の面から重視されているため、「郷に入っては郷に従え」の精神で、素直に学び、身につけるようにしましょう。特定ツールについてはたとえ触るのが初めてであっても、マニュアルや若手から学び、業務に必要なレベルに引き上げる必要があります。30代からの学びは、求められるスピード感と比較して厳しく、時に時間を費やしてカバーしなければならないことはあります。一方で、一旦身につけてしまえば、過去の経験との組み合わせでより良い活用方法について考えられることが専門知見者の強みです。

若いコンサルタントに質問できるか/教えてもらえるか

30代で転職した場合、時に自身より若いマネージャー、自身と年齢の近いパートナーと働くこともあります。その場合、その候補者の方がこれまでどのような経験をされていたとしても、入社時点では彼・彼女らの方がコンサルタントとしては先輩です。素直にその方々の指示を受けられるか、分からないときにちゃんと分からないと伝えて教えてもらえるか等、年齢に逆転がある中での円滑なコミュニケーションは非常に重要になります。これは言葉で言うのは簡単ですし、想像したうえで覚悟されている方もいらっしゃいますが、いざコンサルティングの現場に入ってみると苦労される方が多いです。大事なのは、彼・彼女らの先輩コンサルタントとしての経歴を尊重して素直に教えを乞う点、また、アピールではないですが、一緒に仕事を進める中で彼・彼女らに自然とリスペクトされるポイント(パーソナリティ、特定の専門性、現場経験に基づくコメント)を見せられるかという点にあります。

まとめ

なお、いずれもチャレンジですが、乗り越えた先にはコンサルティングファーム/事業会社等の両方の視点/スキルを身につけられるので、非常に強いコンサルタント/マネージャーになります。その点をコンサルティングファームも理解しているため、30代であっても経験/人物によって採用を進めているのです。

本特集に興味を持ち、コンサルティングファームの転職を考えられた方は、ぜひ弊社エージェントに転職のお手伝いをさせて頂ければと考えます。

転職支援のお申し込みはこちら

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

Other Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから