Loading...

特集記事 詳細

Column

外資系コンサルには学歴フィルターが存在するのか?学歴がなくても転職する方法を解説!

Post Date2023-08-29 / Update-date2023-08-29 /
Category選考対策特集

外資系コンサルタントへの転職は、一見遠く難しそうに思えるかもしれません。実際、一定の学歴フィルターが存在しているとされていますが、それが全てではありません。この記事では、外資系コンサルに学歴フィルターは存在するのか、その背後にある理由を明らかにし、学歴がなくても転職を成功させるための戦略と具体的なステップを紹介します。実力で評価され、キャリアを築くための秘訣をお伝えしますので、外資系コンサルへの転職を考えている方は必見です。

  1. 外資系コンサルには一定の学歴フィルターが存在するとされている
  2. なぜ外資系コンサルには学歴フィルターが存在するのか
  3. 外資系コンサルは学歴がないと転職できないのか
  4. 学歴がなくても外資系コンサルに転職する方法
  5. 外資系コンサルは入社できれば実力で評価され学歴は関係なくなる
  6. まとめ

外資系コンサルには一定の学歴フィルターが存在するとされている

外資系コンサルティングファームでは、新規採用において一定の学歴フィルターが存在するのが一般的と言われています。例えば、世界的に有名な大学やビジネススクールの卒業生を優遇する傾向があります。これは、外資系コンサルが提供するサービスの質を保つため、また、クライアントに対する信頼を確立するために重要な要素とされています。これにより、社員の能力を一定の基準以上に保ち、高度な専門知識や戦略的思考能力を持つ人材を確保する狙いがあるのです。

なぜ外資系コンサルには学歴フィルターが存在するのか

ポテンシャルを測る判断材料としているから

外資系コンサルにおける学歴フィルターの一つの理由は、応募者のポテンシャルを測る基準として用いられているからです。一流の大学を卒業した人物は、一定レベルの知識、思考力、コミュニケーション能力を有していると判断されやすい。これは、コンサルタントとして求められる高い分析力やプレゼンテーション能力の前提とされます。

人材を売りにしているビジネスだから

コンサルティングは知識と経験を売るビジネスです。従って、高学歴のコンサルタントは、ファームのブランドを高め、クライアントからの信頼を勝ち取るための重要な資産とされます。高い学歴を持つ人材が多いことは、ファームのサービスの品質を保証するものとして、外部にアピールする要因ともなります。

人気な職種で応募が殺到するから

コンサルタントは高待遇で、プレステージのある職種とされています。そのため、多くの優秀な人材からの応募が殺到します。この競争の中で、学歴は初期の選考フェーズで効率的に応募者を絞り込むためのフィルターとして活用されます。これにより、選考の効率が向上し、最終的にはより適切な人材を採用するための基準とされています。

外資系コンサルは学歴がないと転職できないのか

学歴がなくても転職をすることは可能

一般的に外資系コンサルタントと聞くと、名門大学出身者が多いという印象がありますが、実は学歴がなくても転職することは可能です。重要なのは、専門知識、論理的思考力、コミュニケーション能力などのスキルです。例えば、特定の業界での実務経験や、優れたビジネススキルを持っていれば、学歴は二の次となります。面接やケーススタディによって、その能力を証明できる場が与えられますので、自分の経験とスキルを如何にアピールできるかがポイントとなります。

学歴よりもコンサル適性の方が重要視される

外資系コンサルタントに求められるのは、高度な分析能力や問題解決能力、クライアントとのコミュニケーション能力など、一定の「コンサル適性」です。これは、名門大学を卒業していても持っていなければなりません。実際、業界知識や専門技術が豊富な中途採用者も少なくありません。これらの適性は、学歴とは独立した要素とされ、従って、学歴がない人でもこれらの能力を証明できれば、採用のチャンスは十分にあります。重要なのは、自身の強みや経験をいかに効果的にアピールできるかです。

学歴がなくても外資系コンサルに転職する方法

Webテストに通るための試験突破能力を身につける

Webテストは、外資系コンサルの転職における大きな障壁です。一般的な数的推理や論理的思考能力が問われます。まず、オンラインで無料の模擬テストを数多く解き、自分の弱点を明らかにしましょう。その上で、特定のスキル向上のためのオンラインコースや書籍を活用して学習を深め、独自の解答スキルを磨くことが大切です。

資格を取得してスキルや地頭をアピールする

MBAやCFAなどの資格は、学歴がない方でもスキルや地頭をアピールできる有効な手段となります。これらの資格は、独学でも取得可能ですが、一定の時間と努力が必要となるため、事前に計画を立て、継続的な学習を心掛けましょう。

難易度の低いコンサルティングファームに転職をし実績をつける

大手外資系コンサルに直接転職するのではなく、一度、規模が小さめなコンサルティングファームに転職し、そこで実績を積む方法もあります。その経験を通じて、コンサルタントとしての基本的なスキルや業界知識を身につけ、次なるステップに挑む準備を整えることが大切です。

コンサル特化の転職エージェントに相談をしてみる

コンサル業界に特化した転職エージェントは、未経験者でも外資系コンサルに転職できる可能性を引き上げてくれます。彼らは業界の内情を熟知しており、自身のスキルと経験を最も活かせる企業を紹介してくれるでしょう。

外資系コンサルは入社できれば実力で評価され学歴は関係なくなる

外資系コンサルティングファームでは、一度入社できれば、その後は主に実力で評価されます。高い学歴が評価される場面もありますが、それ以上に、クライアントに対する提案の質や、チームとの協働のスキル、業績への貢献度が重要視されます。実力を証明できれば、学歴は次第に影を潜め、キャリアの展開において大きな障壁とはなりません。

まとめ

外資系コンサルティングファームには一定の学歴フィルターが存在し、その理由は複数ありますが、ポテンシャルの測定、ビジネスの人材資源としての価値、及び人気職種での応募殺到といった側面から学歴が重要な指標とされています。しかし、学歴がない場合でも、転職してコンサルタントになることは不可能ではありません。コンサル適性が重視され、Webテスト突破能力を身につけたり、資格取得でスキルをアピールしたりすることで、異なる経路を選ぶこともできます。更に、初めてのコンサル職を低難易度なファームから始める、または転職エージェントに相談する方法も有効です。最終的に、外資系コンサルに入社できれば、学歴は次第に関係なくなり、実力が直接的に評価されるようになります。

ここまで明らかなように、学歴は外資系コンサルへの第一歩に影響を及ぼすかもしれませんが、それを超越し、実力を発揮できる場が存在するとも言えます。

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

選考対策特集の記事

Related Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

Other Column

弊社で転職相談を実施するメリット

充実したサポート体制に
よる高い顧客満足度
業界出身者による丁寧な業界分析や、充実した「面接対策サポート」、密なコミュニケーションなどにより、お客様より高い評価をいただいております。※詳細は転職体験談をご覧ください。
転職相談者への中立的な
キャリア相談
転職相談に来られる方に対し、1人1人のご経験やご志向・ご事情に添って、転職を必ずしも選択肢としないキャリア相談を提供させていただきます。
高い内定率と
高年収決定
ファーム内定者年間500名を誇り、弊社ヘッドハンターが株式会社ビズリーチ主催の「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2023」にてコンサルティング部門のMVPを受賞する等、ハイクラスの転職支援において高い実績をあげております。
コンサル業界出身キャリア
エージェント多数在籍
コンサルティング業界出身者が多数在籍し、豊富な業界知見と多くのコネクションに加え、クライアントの立場も踏まえた生きた情報をもとに、ご支援いたします。

コンサルティング業界
転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス