Loading...

特集記事 詳細

Column

ITコンサルタントにおすすめの資格一覧23個と難易度を紹介!

Post Date2023-08-29 / Update-date2024-01-28 /
Categoryキャリア・働き方特集 選考対策特集

ITコンサルタントとして成功するためには、何が必要でしょうか。実は、資格だけが全てではありません。しかし、資格は専門知識を証明する強力なツールとなり得ます。本記事では、ITコンサルタントにおすすめの資格、それらの難易度、そして資格を取得するための方法を徹底ガイドします。資格を取ることがゴールではないことも忘れずに、自身のキャリアアップのための一助としてご活用ください。

  1. ITコンサルタントになるには資格が必要なのか?
  2. 【IT関連】ITコンサルタント向けの資格5選と難易度
  3. 【職種別】ITコンサルタント向けの資格8選と難易度
  4. 【マネジメント関連】ITコンサルタント向けの資格7選と難易度
  5. 【コンサル能力向上】ITコンサルタント向けの資格3選と難易度
  6. 資格を取得する方法
  7. 【注意】資格を取ることがゴールではない
  8. まとめ

ITコンサルタントになるには資格が必要なのか?

ITコンサルタントとは、企業の情報システムに関する課題を解決するための専門家です。では、この職に就くにあたり資格は必須なのでしょうか。

資格がなくてもITコンサルタントになれる

ITコンサルタントに必須の資格は存在しません。重要なのは、ITに関する深い知識と、それをビジネスに活かす能力です。大学でのIT関連の学習や、実務経験が重要とされています。これらの経験を通じて、ITに関する専門的な知識を身につけ、クライアントの課題解決に繋げられる力を養うことが大切です。

企業によっては応募条件の必須となっていることがある

一方で、企業によっては特定の資格を応募条件として設けている場合もあります。これは、求職者が一定の知識やスキルを持っていることを証明するためのフィルターとして用いられます。例えば、「情報処理安全確保支援士」や「プロジェクトマネージャ」などの資格が求められることがあります。
総じて、ITコンサルタントになるために絶対必要な資格は存在しないものの、資格はある程度の知識とスキルを保証されるため、採用に有利とされる場合が多いです。そのため、自身のキャリアをより確実なものにするために、資格取得を考える価値はあります。

資格は一つの道具に過ぎません。最も重要なのは、実際のビジネスの現場での経験と、それに基づく専門的な知識と洞察力を養うことです。

また、まずはITコンサルタントについてより詳しく知りたいという方は、下記の記事を参考にしてください。
参考記事▶︎ITコンサルタントとは?具体的な仕事内容からやりがいやりがいなどを解説!

【IT関連】ITコンサルタント向けの資格5選と難易度

ITコンサルタントになるための資格は多岐にわたります。それぞれの資格は、取得の難易度や対象となる知識の範囲が異なります。このセクションでは、ITコンサルタント向けの資格を5つ選び、それぞれの難易度と共に紹介します。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITの基本的な知識を問う国家試験です。情報技術の基礎からプログラムの理解、システムの設計に至るまで幅広い範囲を網羅しています。ITコンサルタントの入門資格として、非常に重要な資格とされています。取得することで、ITの基本的な知識と技術を証明できます。

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は、情報システムの企画・提案能力を測る資格試験です。経営戦略とIT戦略の統合を図り、事業戦略に対応した情報システムを設計・提案できる能力が問われます。ITコンサルタントとして高度な提案ができる資格として位置づけられています。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、ITの専門的な知識を有する者を対象とした試験です。この試験は、システム開発の実務経験が豊富な人向けで、実際のシステム開発の場面での問題解決能力が評価されます。システム設計やプロジェクトマネジメントの能力を証明できる資格です。

CCNA

Cisco Certified Network Associate(CCNA)は、ネットワークの基本的な知識と技術を証明する資格です。ITコンサルタントとして、企業のネットワーク設計やトラブルシューティングの提案ができるようになります。ネットワークの専門家を目指す人にとって、欠かせない資格とされています。

LPIC

Linux Professional Institute Certification(LPIC)は、Linuxの知識と技術を証明する資格です。オープンソースOSであるLinuxの運用・管理能力を評価され、システム管理者やエンジニアとしての技術力を証明できます。ITコンサルタントとして、Linux環境の提案・運用能力を高めるための資格です。

ITコーディネータ

ITコーディネータは、ITとビジネスの間に立ち、両者を結びつける役割を果たす資格です。ビジネスの課題解決をITの力で実現するための計画を立て、その実行をリードします。ITコンサルタントとして、クライアントのビジネスに最適なITソリューションを提案する力を証明する資格とされています。

【職種別】ITコンサルタント向けの資格8選と難易度

ERPコンサルタント向けの資格3選

アプリケーションコンサルタント

ERPアプリケーションコンサルタントは、ERPシステムの導入や運用におけるビジネスプロセスを理解し、顧客に最適なソリューションを提案するプロフェッショナルです。この資格は、ERPシステムの業務フローを深く理解する能力を証明します。試験は、基本的なビジネスプロセス、ERPソフトウェアの機能と構成、プロジェクトの実施方法などを網羅します。

デベロップメントコンサルタント

ERPデベロップメントコンサルタントは、ERPシステムの技術的な側面に焦点を当て、システムのカスタマイズや拡張を担当します。この資格を持つ者は、システムの構築と統合のエキスパートとされ、具体的なプログラム言語やデータベース管理に精通しています。試験内容は、システムの設計、開発、テスト、デプロイメントに関するものが含まれます。

テクノロジーコンサルタント

テクノロジーコンサルタントは、ERPシステムのインフラストラクチャと性能を最適化する役割を果たします。この資格は、システムの安定性やセキュリティを高め、パフォーマンスを最大限に引き出す能力を証明します。試験には、ネットワーク構成、セキュリティ対策、システム監視と最適化の手法などが含まれます。

SAPコンサルタント向けの資格3選

SAP認定コンサルタント

SAP認定コンサルタントは、世界中の多くの企業で使用されるSAPシステムの導入と運用に関する専門知識を証明する資格です。この資格を持つ者は、SAPソリューションの実装やビジネスプロセスの最適化をリードする能力があります。試験は、SAPのモジュール構成、設定、トラブルシューティングなどをカバーします。

ORACLE MASTER

ORACLE MASTERは、Oracleデータベースの管理と運用に精通したプロフェッショナルを対象とした資格です。この資格は、データベースの設計、実装、管理の能力を証明します。試験は、データベースのアーキテクチャ、セキュリティ、パフォーマンスチューニングなどを網羅します。

MBMSプログラム

MBMS(Master of Business and Management in Systems)プログラムは、ビジネスとITの統合に焦点を当てた高度な資格プログラムです。このプログラムは、ビジネス戦略とIT戦略の調和を図る能力を証明します。カリキュラムは、ビジネス戦略、IT戦略、プロジェクト管理など、幅広いトピックをカバーします。

SCMコンサルタント向けの資格2選

CPIM

CPIM(Certified in Production and Inventory Management)は、生産・在庫管理の専門家を対象とした資格です。この資格は、サプライチェーンの効率的な管理と最適化の能力を証明します。試験は、需給計画、在庫管理、生産計画などの領域をカバーします。

CSCP

CSCP(Certified Supply Chain Professional)は、サプライチェーン管理の幅広い知識とスキルを証明する資格です。この資格は、サプライチェーンの設計、計画、実行、監視、および最適化の全体的な理解を証明します。試験は、サプライチェーン戦略、リスク管理、サステナビリティなどを含む内容になります。

【マネジメント関連】ITコンサルタント向けの資格7選と難易度

CompTIA Project+

CompTIA Project+は、プロジェクトマネジメントの基本知識を認定する資格です。ITプロジェクトのライフサイクル、プロジェクトの計画と実行、チームのコミュニケーションなど、プロジェクトマネジメントの基本を学びます。特に、IT業界でのプロジェクトマネジメント経験が少ない方におすすめです。難易度は中程度とされています。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、高度なプロジェクトマネジメント能力を証明する資格です。この試験に合格すれば、複雑なプロジェクトを効率よく遂行できる能力があると認定されます。難易度は高く、多くの経験と知識が必要とされます。

ITILファンデーション

ITILファンデーションは、ITサービスマネジメントの国際的な基準とされるITILの知識を認定する資格です。ITサービスのライフサイクルを理解し、効果的なサービス提供方法を学びます。初級資格であり、難易度は中程度です。

プロジェクトマネジメント・コーディネーター資格試験

プロジェクトマネジメント・コーディネーター資格試験は、プロジェクトチームのコーディネーション能力を証明する資格です。効果的なコミュニケーションとリーダーシップを学び、プロジェクトの成功に寄与します。難易度は中から高めです。

プロジェクトマネジメント・スペシャリスト

プロジェクトマネジメント・スペシャリストは、高度なプロジェクトマネジメントの技術と知識を認定する資格です。深い専門知識と実践経験が求められ、プロジェクトの計画、実行、監督、終了までの全プロセスを管理します。難易度は高いです。

プログラムマネジャー・レジスタード

プログラムマネジャー・レジスタードは、複数のプロジェクトを一元的に管理するプログラムマネジメントの能力を証明する資格です。戦略的な視点からプロジェクトを指導し、組織の目標に貢献します。難易度は非常に高いです。

プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル

プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)は、世界中で認知されているプロジェクトマネジメントの資格です。PMPを持っていると、プロジェクトの計画から完了まで、効果的に管理できると認定されます。広範な知識と実践経験が求められ、難易度は非常に高いとされます。

【コンサル能力向上】ITコンサルタント向けの資格3選と難易度

ロジカルシンキングマスター認定試験

ITコンサルタントにとって、論理的に考え、クライアントに明確に提案する能力は不可欠です。ロジカルシンキングマスター認定試験は、この能力を証明する資格です。試験内容は、ロジカルシンキングの基本的な理論から実践的な問題解決まで多岐にわたります。難易度は中程度とされており、しっかりとした準備が必要です。

中小企業診断士

ITコンサルタントが中小企業の経営改善をサポートするためには、ビジネス全般の知識が求められます。中小企業診断士は、経営に関する幅広い知識を証明する資格で、試験は非常に高度です。経営管理、マーケティング、組織論など、多岐にわたる科目が出題され、その難易度は高いとされています。

MBA

MBA(Master of Business Administration)は、ビジネスの専門知識とリーダーシップを身につけるための大学院プログラムです。世界中で高く評価されており、ITコンサルタントとしての幅広い知識と高度なビジネススキルを磨くためには最適な選択肢の一つです。プログラムの内容と難易度は学校により異なりますが、一般的には高いコミットメントが必要とされます。

資格を取得する方法

独学で取得をする

独学で資格を取得するためには、まず関連書籍やオンライン資料を集め、計画的な学習スケジュールを作成しましょう。自分の学習ペースを理解し、一定の時間を毎日または毎週確保することが大切です。試験内容をしっかりと理解し、過去問題を利用して模擬試験を繰り返すことも効果的です。

スクールで学ぶ

専門の学校やスクールを利用する方法もあります。スクールでは、プロの講師から直接指導を受けられるので、的確な知識と技術が身につきます。また、同じ目標を持つ仲間と一緒に学べるので、モチベーションの維持もしやすいです。

eラーニングで学ぶ

eラーニングは、自宅で学べるので時間や場所を選びません。多くのプラットフォームがあり、自分のペースで学べ、疑問点もオンラインで質問できます。費用もスクールより抑えられる場合が多いです。

【注意】資格を取ることがゴールではない

資格は知識や技術の証明である一方、それだけがゴールではありません。資格を活かして実際の現場での経験を積み、スキルを更に磨くことが大切です。資格はスタートラインにすぎないという意識を持ち、常に成長を目指す姿勢が重要です。

資格だけではなく、どのようなスキルを身につけるべきか詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。
参考記事▶︎ITコンサルタントになるために必要なスキルとは

まとめ

この記事では、ITコンサルタントにおすすめの資格23選とそれぞれの難易度について詳しく紹介しました。資格はITコンサルタントになる上で必須ではありませんが、企業によっては求められるケースもあるため、資格を持っていると競争力が高まります。

厳選された資格5選から、IT関連、職種別、マネジメント関連、コンサル能力向上の各カテゴリに分けて、多岐にわたる資格をリストアップしています。資格取得の方法も、独学、スクール、eラーニングと多様ですので、自身のライフスタイルに合った方法を選んで学習を始めることができます。

しかし、最も重要なのは、資格を目標とするのではなく、それを通じて実践的なスキルと知識を身につけ、ITコンサルタントとしての真の力を育むことです。資格は一つのステップに過ぎず、絶えず自己を更新し、業界の最前線で活躍できるプロフェッショナルを目指しましょう。

また、コンサルタントへの未経験転職を検討されている方は、下記の記事を参考にしてみてください。
参考記事▶︎【未経験向け】ITコンサルタント転職完全ガイド

本コラムに関連するコンサル情報はこちら

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

業務・IT系ファームの記事

Related Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

Other Column

弊社で転職相談を実施するメリット

充実したサポート体制に
よる高い顧客満足度
業界出身者による丁寧な業界分析や、充実した「面接対策サポート」、密なコミュニケーションなどにより、お客様より高い評価をいただいております。※詳細は転職体験談をご覧ください。
転職相談者への中立的な
キャリア相談
転職相談に来られる方に対し、1人1人のご経験やご志向・ご事情に添って、転職を必ずしも選択肢としないキャリア相談を提供させていただきます。
高い内定率と
高年収決定
ファーム内定者年間500名を誇り、弊社ヘッドハンターが株式会社ビズリーチ主催の「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2023」にてコンサルティング部門のMVPを受賞する等、ハイクラスの転職支援において高い実績をあげております。
コンサル業界出身キャリア
エージェント多数在籍
コンサルティング業界出身者が多数在籍し、豊富な業界知見と多くのコネクションに加え、クライアントの立場も踏まえた生きた情報をもとに、ご支援いたします。

コンサルティング業界
転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス