Loading...

Human Capital

組織・人事コンサルティングファーム

組織・人事コンサルティングファーム

組織・人事コンサルティングファーム

業務内容/具体的なテーマ

人事制度、人材開発に関わる課題を専門にコンサルティングを行なうファーム。テーマは大きく分けて2つあり、主に、人事制度、組織戦略など制度系と、組織風土改革や人材開発などを扱うチェンジマネジメント系(チェンジマネジメントファーム、コーチングファーム、人材開発・研修会社)に大別される。
近年では、組織・人事系からチェンジマネージメント系へ主流テーマが移っており、タワーズワトソンやマーサージャパンなどの組織・人事系ファームもチェンジマネージメント領域に進出する動きがある。チェンジマネージメントの中でも特に「リーダーシップ開発」というテーマは非常に需要が大きく、ファームが持つコンサルティングスキルやファシリテーションスキルを自社に取り込もうとする動きがある。

  • 現在の課題感

    現在、上記の通り人事・組織系からチェンジマネジメント系に主力テーマが移行している。そのため、論理的な問題解決方法を模索するだけではなく、組織風土や企業理念、価値観を理解した上で、「心理面のアプローチからモチベーションの維持・パフォーマンスの向上を図る」という点が重要な要素となっている。また、組織、人事の有効性や社員の満足度をどのように、定量的、定性的に測るのかという点も重要な要素であり、HR領域でもその観点よりデジタル活用が進められている。

  • ファームで得られる経験

    現在の組織の状況改善から将来の働き方までを見据えた新たな組織、人事システムの開発まで幅広い分野で活動する事が可能。人事、人材育成のプロとして、業務過程で得られる、仕事の方法・視点を自らにフィードバックし成長できる。チェンジマネジメントは、実行支援において、重要な要素であるという認識が広まったことを受け、ノウハウのニーズが、他のファームでも高まっているおり、チェンジマネジメント業務経験者は重宝される。

  • 職位別コンサルタントの年収

    組織・人事コンサルタントの年収は、ファームごとによって異なり、同じファーム内における同職位やポジションであってもレンジがある場合があります。そのため、一概に年収をいうことは出来ませんが、一例として各職位の年収の目安を紹介します。アソシエイト相当で400万から600万。コンサルタントで600万から900万。マネージャーで900万から1200万。シニアマネーシャーで1,200万から1,600万。パートナーは1,600万以上が一例の数字になります。
    ただし、この数字は一例であり、各ファーム、ひいては各個人によっても異なる数字です。ご参考として扱いください。

  • 労働環境/働き方について

    組織人事コンサルは、クライアント企業の労働環境の向上や、そのための組織変革を行っているため、自らも効率的な業務を行い、より良い労働環境を目指しており、労働環境も充実しているということが出来ます。
    人事組織改革は、短時間において終了するものだけではなく、案件によっては期間が長くなることがあります。そのため短期間で結果を出さなくてはいけないM&Aや退職/年金に関わるものを除いた範囲においては、余裕を持って業務を行っているということが出来ます。

  • プロジェクト例

    制度系コンサル

    • 海外進出時の現地労働市場調査
    • 海外拠点/地域統括会社設立時の組織・人事制度および採用体制等構築
    • M&A/組織再編における組織人材マネジメント
    • 被買収会社の役員・人事制度整備
    • 退職金・年金/福利厚生制度構築
    • 組織診断/文化・風土改革
    • 人事業務プロセス診断

    チェンジマネージメント系

    • 研修・教育/リーダーシップ開発企画・実施支援
    • チェンジマネジメント(組織変革)
  • 採用動向

    日本企業の海外進出やM&Aが活発なこともあり、M&Aに関わる案件やグローバルタレントマネジメントなどの案件が増加傾向にある。
    そのような市況において総合系ファームでもHR領域の採用は活発化しており、コンサル経験者・事業会社の人事企画経験者はもちろん、大手事業会社の人事企画以外の領域(研修、採用など)の経験者、研修企業や人材紹介会社などに於けるクライアントの人事領域への企画経験者採用の門戸が広がっている。また、語学については、ビジネスレベルの英語力を持っている人材については、入社語に対応できるプロジェクトの幅の広さが広がるため、評価の対象となる。

  • キャリアについて

    事業会社への転職、他競合のコンサルティングファームが主な選択肢となる。事業会社への転職では、人事部門の中でもマネジメントや企画の役割を任される事が多い様である。

    ネクストキャリア事例

    • 研大手事業会社:人事企画、組織人事開発(教育、研修など)
    • ベンチャー、オーナー系企業:人事責任者、経営企画
  • 主要ファームの出身者

    株式会社ジェイフィール 代表取締役 高橋 克徳

    ワトソンワイアット(現タワーズワトソン)出身。株式会社ジェイフィールの設立に参画。東京理科大学大学院イノベーション研究科教授を務める。

    マーサージャパン株式会社元代表取締役社長 柴田 励司

    マーサージャパンに入社。同社取締役を経て、日本法人代表取締役社長に就任。デジタルハリウッド株式会社代表取締役社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社代表取締役COO等を歴任。

  • 代表的な企業

    代表的な組織・人事コンサルティングファームの企業情報をご紹介しております。下記のリンクよりご覧ください。

  • その他コンサル業界

  • 関連求人情報

弊社で転職相談を実施するメリット

充実したサポート体制に
よる高い顧客満足度
業界出身者による丁寧な業界分析や、充実した「面接対策サポート」、密なコミュニケーションなどにより、お客様より高い評価をいただいております。※詳細は転職体験談をご覧ください。
転職相談者への中立的な
キャリア相談
転職相談に来られる方に対し、1人1人のご経験やご志向・ご事情に添って、転職を必ずしも選択肢としないキャリア相談を提供させていただきます。
高い内定率と
高年収決定
ファーム内定者年間500名を誇り、「GOOD AGENT RANKING」(450社以上)にて、平均決定年収部門『第1位』の表彰をいただいており(2018年度)、ハイクラスの転職支援においても高い内定率をあげております。
コンサル業界出身キャリア
エージェント多数在籍
コンサルティング業界出身者・VC出身者が多数在籍し、豊富な業界知見と多くのコネクションに加え、クライアントの立場も踏まえた生きた情報をもとに、ご支援いたします。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから