Loading...

特集記事 詳細

Column

経営コンサルタントにとって重要な資格とは?専門分野ごとに取得すべき資格についても解説

Post Date2023-07-30 / Update-date2023-07-30 /
Category

経営コンサルタントの資格について知りたい方必見!業界問わず取得しておくべき資格や専門分野ごとの必要な資格について詳しく解説します。さらに、経営コンサルタントへの転職や専門性の重要性についてもご紹介します。

  1. 取得しておくと有利になる経営コンサルタントの資格
  2. より専門的な経営コンサルタントの資格
  3. 経営コンサルタントに資格は必要なのか
  4. 経営コンサルタントになるために必要なこと

取得しておくと有利になる経営コンサルタントの資格

経営コンサルタントとは、クライアントの依頼を受け、経営状態の調査や分析、事業再生、M&Aのサポートなど、会社の業績や効率の向上を目的として経営戦略の提案を行う専門家です。業務の幅が広く、人事、営業、経理、法務などあらゆる部署と関わりがあるため、様々な部署や業界の幅広い知識が求められることも少なくありません。

資格を持つことで、その幅広い知識を証明し、自身のスキルアップにつながります。今回はその中でも特に有用な資格、MBAとTOEICについて解説します。

MBA

MBA(Master of Business Administration)は、経営学の修士号を指し、その取得者に対する一般的な認識としては、経営に関する包括的な知識と能力、そして戦略的な思考力を持つとされています。MBAは経営コンサルタントとして有効な資格であり、ビジネス・戦略系の資格として一番の説得力を持つと言えるでしょう。

MBAの学習を通じて、経営・ファイナンスなど、それぞれの専門知識を身に付けることができ、特に海外MBAを取得すると、それに伴う英語力をアピールすることも可能です。これは、経営コンサルタントとして働く際に非常に重要な要素となります。

TOEIC

TOEICは、ビジネスシーンでの英語能力を測るテストで、そのスコアは国際的に認知されています。グローバル化が進む現代社会において、経営コンサルタントとして国際的な視野を持つことは必須となり、そのためには英語力が不可欠です。

TOEICの高得点は、自身が国際的なビジネスシーンでの英語コミュニケーション能力を有していることを証明します。この能力は、クライアントとのコミュニケーションや、海外の情報を収集・解析する際に必要となります。また、多くの企業が採用の一環としてTOEICスコアを求めるため、就職・転職活動においても大きな強みとなるでしょう。

以上、MBAとTOEICは経営コンサルタントとしての専門性を高める上で非常に有用な資格です。それぞれの資格を活用することで、より広い視野を持ち、専門的な知識を深め、業務の幅を広げることが可能となります。

より専門的な経営コンサルタントの資格

経営コンサルタントとしてのキャリアを進める際には、特定の専門分野に基づく資格を取得することが有利となる場合があります。

公認会計士

公認会計士は、経営コンサルタントとして活動するうえで、会計や財務に関する深い理解を持つとみなされるため非常に重要な資格です。経営状態の評価や経営改善のアドバイスを行う上で、企業の財務状況を適切に理解する能力が求められますが、これは公認会計士が持つスキルと直結しています。

税理士

税理士は、税に関するさまざまな業務を担う税務のスペシャリストで、税法関連の専門知識を武器に、中小企業の経営コンサルティングを引き受ける専門家も少なくありません。経営コンサルタントとして税理士の資格を持つことは、企業の税務問題や節税対策を提案できる能力を証明するものであり、この分野に特化したサービスを提供することが可能となります。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営状況を適切に評価し、課題解決や組織再生をサポートする専門家です。経営コンサルティング能力を認定する国家資格であり、企業と行政、企業と金融機関のパイプ役を務めることで、制度の迅速な活用や経営環境の健全化を促進します。この資格を取得していれば、中小企業への専門的なコンサルティングサービス提供の能力があると判断されるでしょう。

IT関連の資格

現代のビジネス環境はデジタル化が進んでおり、IT関連の資格は経営コンサルタントにとって重要になっています。特に、IT戦略の策定、システム導入の支援、データ分析の知識などは企業の経営改善に直接貢献するため、IT関連の資格は大きな価値を持つことでしょう。

経営士

経営士の資格は、経営理論や経営戦略に関する深い知識を証明するものです。経営士としての資格を持つことは、広範で深い経営知識を持ち、様々な経営課題に対応できる経営コンサルタントであることを示す証となります。

 

経営コンサルタントとして必要な資格は存在しない一方で、特定の分野における深い専門性を証明する資格を取得することは、クライアントからの信頼を得る上で有用であると言えます。

経営コンサルタントに資格は必要なのか

経営コンサルタントになるための道は多様で、特定の資格が必須条件というわけではありません。しかし、その一方で、特定の職種や領域で活動する場合、資格がその道のりをより滑らかにすることがあります。それでは、具体的に見ていきましょう。

必要な求人は多くはない

経営コンサルタントに必須の資格は基本的に存在しません。実際、経営コンサルタントになるためには、「絶対に必要な資格」はありません。それは、コンサルティングの業務は、ビジネスの理解、問題解決能力、コミュニケーション能力など、特定の資格だけでは測れない多くのスキルを必要とするからです。

極めてピンポイントの求人を除けば、資格が求人の要件に明記されていることはまれです。

資格があると転職が有利になる可能性は高い

資格が必須でないとはいえ、持っていると転職活動で有利になることは確かです。資格を持っていることは、その分野の基礎知識を身につけ、資格試験をクリアしたということです。

例えば、MBA(経営学修士)は戦略系コンサルティングで有利な資格とされています。MBAを取得することで、経営・ファイナンスなどの専門知識を身に付け、論理的思考や経営視点を鍛えることができるためです。また、英語資格(TOEIC、TOEFL等)も外資系コンサルティングファームでは有利に働くとされています。

特定領域を展開するファームでは必須の場合もある

特定の領域、例えばITや財務などに特化したコンサルティングファームでは、その領域に関連する資格を持つことが求められる場合もあります。

例えば、IT関連のコンサルティングでは、ITサービスマネージャー試験やITストラテジスト試験などのIT関連資格が有利とされています。また、経営コンサルタントであれば、公認会計士や税理士、中小企業診断士などの士業資格が有利となる可能性があります。

これらの事例からも、特定の領域に焦点を当てたコンサルティングファームにおいては、関連する資格が求められることがあると言えます。

結論として、資格が絶対必要とは限らないものの、その専門性と付加価値は無視できません。求職者がどの領域に焦点を当て、どの程度の深みを求めるかにより、資格の取得がそのキャリアパスにおける意義を持つことがあります。

経営コンサルタントになるために必要なこと

業界の知識

経営コンサルタントには業界の知識が不可欠です。なぜなら、業界の特性や状況を理解することがクライアントの問題解決につながるからです。コンサルタントに求められる専門知識は多岐にわたりますが、最も重要なのはクライアントが直面する課題に対して適切な解決策を提案できるだけの知識と経験を持つことでしょう。コンサルティング未経験者でも、理論的思考力や経験から培った専門的な知識があれば、コンサルタントになることは可能です。

ヒアリングスキル

コンサルタントにとって、ヒアリングスキルは絶対に欠かせない能力の一つで、これはコンサルティングが「クライアント課題の明確化」から始まるためです。ヒアリングでは、「SPIN話法」を用いて課題を引き出すことができます。SPIN話法とは、Situation(状況質問)、Problem(問題質問)、Implication(問題の重要性を認識させる)、Need-payoff(理想のあるべき状態をイメージさせる)の頭文字から命名されたフレームワークです。これを駆使すればクライアントから情報を引き出し、課題解決に繋げることができるでしょう。

参照:ONE Marketing「SPIN話法とは?営業にヒアリング力が必要な理由とSPIN営業の5つのコツを徹底解説

論理的思考力

経営コンサルタントに必要なもう一つの重要な能力は論理的思考力です。コンサルタントはクライアントの問題を解決するために、その問題の根本原因を見つけ出し、それに対する最適な解決策を提案する役割を果たします。これを達成するためには、情報を整理し、分析し、論理的に結論を導く能力が必要です。論理的思考力があれば、複雑な問題に対しても戦略的な解決策を見つけ出すことができます。

これらのスキルを身につけることは容易ではありませんが、一度身につければ多くの業界で活躍できる価値あるものです。

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

の記事

Related Column