Loading...

特集記事 詳細

Column

経営コンサルタントの年収事情は!?年収の仕組みについても徹底解説

Post Date2023-07-30 / Update-date2023-07-30 /
Category

経営コンサルタントとしてのキャリアを考える際、年収は重要な要素です。この記事では、経営コンサルタントの平均年収や階級ごとの給与、異なる企業間の比較、未経験と経験者の差、そして資格の有無が給与に与える影響など、年収に関する情報を詳しく解説しています。また、年収を上げるための方法や具体的な事例もご紹介しているので、経営コンサルタントとしてのキャリアプランを考える上で参考にしていただければ幸いです。

  1. 経営コンサルタントの平均年収
  2. 経営コンサルタントの年収の仕組み
  3. 経営コンサルタントの年収ランキング
  4. 未経験から経営コンサルタントに転職した際の年収事例
  5. 資格の有無は経営コンサルタントの年収に影響を与えるのか
  6. 経営コンサルタントが年収を上げるには
  7. まとめ

経営コンサルタントの平均年収

経営コンサルタントは、企業が抱える経営上の問題を解決するために、戦略的なアドバイスを提供する専門職です。その専門性と高度なスキルが評価され、給与は一般的に高めになります。しかし、平均年収は様々な要素によって影響を受け、経験年数、職位、所属する企業の規模や業界などによっても変わるので注意してください。

階級ごとの平均年収

役職 年齢 給与 コンサル歴
アナリスト 22~27歳 400万~900万円 0~3年
コンサルタント 25~34歳 900万~1300万円 3~5年
マネージャー 28歳~ 1300万~2000万円 3年~
シニアマネージャー 32歳~ ~2500万円 5年~
パートナー 実績による 3000万円~ 実績による

参照:コンサルタントの年収・給与はどれくらい?役職別や事例、未経験からの転職の場合も解説

経営コンサルタントの年収は、そのポジションにより大きく変動します。エントリーレベルの経営コンサルタントの平均年収は、400万~900万円で、中級レベル(マネージャーなど)になると、1300万~2000万円に跳ね上がります。さらに、上級レベル(パートナーなど)の年収は、3000万円以上になることも珍しくありません。

日系企業と外資系企業の平均年収

また、所属する企業の種類によっても、年収に大きな差が生じます。特に日系企業と外資系企業の間では、その差が明確に現れます。
日系企業における経営コンサルタントの平均年収は、800万円から1200万円程度とされています。一方、外資系企業では、その数値は一般的にもっと高く、平均年収は1000万円から2000万円、またはそれ以上になることも少なくありません。

未経験と経験者の年収の差

経営コンサルタントの年収は、業界経験、能力、経験年数に大きく影響を受けます。未経験者であっても、MBAを持つなどの強みがあれば、初年度から高額の給与を期待できるでしょう。一般的には未経験者の年収は約700万円からスタートし、経験が増えるにつれて上昇していきます。

一方、経験者の年収は、その経験の深さや実績によりますが、平均的には1000万円以上を見込むことができます。特に、専門性を活かして特定の業界に深く関与する経営コンサルタントは、さらに高い年収を得ることが可能です。

大手企業と中小企業の年収の差

一般的に、大手企業の経営コンサルタントの年収は中小企業よりも高い傾向にあります。これは、大手企業が提供できるプロジェクトの規模や複雑さ、またその企業の経済力によるものです。大手企業での経営コンサルタントの平均年収は、おおよそ1200万円と言われています。

一方、中小企業では、その規模やビジネスの特性により、年収は大手企業ほど高くはないことが多いです。ただし、中小企業では経営者と直接対話する機会が多く、自身の提案が経営に直接影響を与えることが多いという魅力があります。中小企業での経営コンサルタントの平均年収は、おおよそ800万円程度とされています。

これらの数字はあくまで一般的なものであり、個々の経験やスキル、業界の特性などにより、大きく変動することもあります。経営コンサルタントとして成功するためには、専門知識の習得はもちろん、経験を積むことが重要です。

経営コンサルタントの年収の仕組み

経営コンサルタントは、民間企業や官公庁などに対して、経営上のアドバイスをするスペシャリストです。経営コンサルタントの年収は業績や能力に直結し、年俸制が多く取り入れられています。また、ボーナスは成績によって大きく変動する特性があります。経営コンサルタントの年収とその仕組みについて詳しく見ていきましょう。

年収の仕組み①年俸制が多い

経営コンサルタントの年収は、厚生労働省の統計によると平均的には781万円程度で、平均年齢は40.5歳、勤続年数は8.6年となっています。また、経営コンサルタントは結果を出せば年収1000万円以上になることも珍しくありません。このような給与体系は、経営コンサルタントの職業が実力主義であることを反映しています。つまり、年功序列ではなく、個々のコンサルタントが出した成果や貢献度によって給与が決定されます。

参照:キャリアガーデン「【2023年版】経営コンサルタントの年収・給料はどれくらい? 初任給やボーナス、統計データも解説

年収の仕組み②ボーナスは成績によって大きく変動する

経営コンサルタントの年収には、基本給だけでなく、パフォーマンスに連動したボーナスも含まれています。これは、コンサルタントが経営者や幹部と直接対話し、企業の業績改善に大きく貢献する役割を果たすため、その成果を反映した給与体系となっているためです。優れたパフォーマンスを発揮すればするほど、ボーナスは増えることになるでしょう。

一方で、このボーナス制度は、結果を出せなければすぐに解雇される可能性もある、いわゆる「ハイリスクハイリターン」の業界ともいえるでしょう。したがって、経営コンサルタントは、その職業における高収入を享受するためには、自分のスキルや知識を磨き続け、常に最善の結果を出すことが求められます。

以上、経営コンサルタントの年収の仕組みについて述べてきました。年俸制と成果によるボーナス制度により、経営コンサルタントの年収は業績や能力に直結します。この制度は、個々のコンサルタントが企業に与える大きな影響力と責任を反映しており、高度な専門性とパフォーマンスを求める職業と言えるでしょう。

経営コンサルタントの年収ランキング

コンサルタントの年収は人それぞれで、転職先の業界やファーム、役職によって年収が大きく異なります。また、コンサルティング業界は成果報酬型の側面も強いため、入社後の働きぶりで年収は大きく変わることがあります。

【外資企業】コンサルタントの年収ランキング

ランキング 企業名 平均年収
1位 ベイン・アンド・カンパニー 1900万円
2位 ボストン コンサルティング グループ 1800万円
2位 マッキンゼー・アンド・カンパニー 1800万円
4位 A.T. カーニー 1600万円
5位 ローランド・ベルガー 1400万円
6位 ドリームインキュベータ 1100万円
7位 コーポレイト ディレクション 1000万円
8位 PwCコンサルティング ストラテジーコンサルティング 900万円

【日系企業】コンサルタントの年収ランキング

ランキング 企業名 平均年収
1位 野村総合研究所 1225万円
2位 シグマクシス 1170万円
2位 ベイカレントコンサルティング 1101万円
4位 三菱総合研究所 1010万円
5位 アビームコンサルティング 1000万円
6位 ドリームインキュベータ 976万円
7位 みずほ情報総研 967万円
8位 日本総合研究所 700万円

※参照:JobQ Town「【2023年版】経営コンサルタントの年収│コンサル会社をランキングで紹介!

コンサルタントの年収は人それぞれで、転職先の業界やファーム、役職によって年収が大きく異なります。また、コンサルティング業界は成果報酬型の側面も強いため、入社後の働きぶりで年収は大きく変わることがあります。

未経験から経営コンサルタントに転職した際の年収事例

未経験から経営コンサルタントに転職する場合、年収は前職の経験・スキル、転職時の面接評価、前職の年収など、個人ごとの状況によって大きく変わる可能性があります。年収がどのようになるかについては具体的な数値は出されていませんが、未経験から転職した場合でもコンサルタントの専門性を身につけ、業績を上げれば年収は増えることが期待できます。
以下の記事に参考の年収が記載してありますので参考にしてください。

参照:コンサルタントの年収・給与はどれくらい?役職別や事例、未経験からの転職の場合も解説

資格の有無は経営コンサルタントの年収に影響を与えるのか

経営コンサルタントという職業には特定の資格や統一的な基準は存在しないため、経営コンサルタントと名乗る人々はさまざまな職歴や経験を持っています。したがって、特定の資格を持つことが経営コンサルタントの年収に直接的な影響を与えるわけではありません。

一方で、特定の資格がその分野における知識やスキルを証明する手段となり得ることから、特定の資格を持つ経営コンサルタントは、資格によって提供できるサービスやアドバイスの幅が広がり、その結果として収入に影響を与える可能性があります。例えば、「中小企業診断士」の資格を持つ経営コンサルタントは、経営に関する専門知識を証明し、企業の経営診断や経営相談、経営方法に関するセミナーの開催、経営に関する本や出版物の執筆活動などを行うことができます。

その他、資格を取得することは、就職や転職に有利であり、取得する資格によって年収が大きく左右される可能性があります。これは、資格がその持ち主の専門的な知識や技術を証明するとともに、その人が学習や訓練に時間と労力を投じ、その分野における一定の基準を満たす能力があることを示すものだからです。

したがって、経営コンサルタントの年収に資格の有無が影響を与えるかという質問に対しては、「資格が専門知識や技術を証明する手段となり、その結果としてサービスの提供範囲や質、さらには市場での競争力を高め、それが結果として年収に影響を与える可能性がある」と言えます。しかし、それは必ずしも資格が高収入を保証するわけではなく、個々の経営コンサルタントの能力、経験、ネットワーク、専門分野など、多くの要素が関わってくることも理解しておくべきでしょう。

経営コンサルタントが年収を上げるには

経営コンサルタントの年収を上げるためには、いくつかの方法があります。

  1. 経験とスキルの向上:経営コンサルタントの年収は役職によって変わります。経験を積み、役職が上がるほど高所得となります。コンサルタントとしての基礎知識や基礎的なスキルを身につけ、アナリストからコンサルタント、マネージャー、パートナーへとステップアップしていくことで年収を上げることが可能です。
  2. 領域の選択:経営コンサルタントとして働く場合、専門分野や領域、スキルによって報酬単価に違いが生じます。分野・領域の難易度が高いほど、報酬単価が高くなると考えてよいでしょう。
  3. フリーランスへの移行: コンサルティング業務に関しては、フリーランスになると年収が会社員時代の2倍になるケースも珍しくありません。ただし、フリーランスとして働く場合は、自己管理能力やマーケティング能力も求められます。

これらの要素を組み合わせ、自分のキャリアパスを慎重に計画することが年収を上げる一方で、クライアントにとって価値あるサービスを提供するためにも重要となります。経営コンサルタントとしての専門性と経験を高め、ニーズに合ったサービスを提供し続けることで、年収を上げることが可能です。

まとめ

経営コンサルタントは、年収が平均的に1,000万円を超えることが多く、職業としての満足感も高いです。ただし、それに見合う高度な専門知識やスキルが求められます。

さらに、絶えず激しい変化に対応しなければならないという性質上、精神的・身体的に負担が大きいと言える厳しい職場でもあります。

しかしながら、コンサルタント業界は外資系企業、IT、建設、経営といった幅広い分野に及び、その厳しさとは裏腹に、様々な業務を経験できるため、キャリアの形成には最適な環境と言えるでしょう。

本コラムに関連するコンサル情報はこちら

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

戦略系ファームの記事

Related Column