Loading...

特集記事 詳細

Column

コンサルタントの年収や給与とは|企業別や役職別の年収についても解説!

Post Date2023-08-29 / Update-date2024-06-10 /
Categoryキャリア・働き方特集 戦略コンサル特集 

コンサルタントという仕事は、多くの人が「高収入」というイメージを持っているかもしれません。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?このブログでは、戦略系から外資系まで、さまざまなコンサルティングファームでの年収事情を紹介します。さらに、コンサルタントが高額な年収を得られる理由や、未経験から転職する際のポイントも探ります。年収アップを狙う方、転職を考えている方は必見です。

  1. 業界別コンサルティングファームの役職別年収
  2. 【日経】コンサルティングファームの年収ランキング
  3. 【外資系】コンサルティングファームの年収ランキング
  4. コンサルタントの年収が高い理由
  5. コンサルタントの年収を決める仕組み
  6. コンサルタントは未経験から転職しても高年収を得やすい
  7. 未経験からコンサルティングファームへ転職した場合の年収事例
  8. 未経験からコンサルタントに転職する際少しでも年収を上げるには
  9. まとめ
  10. 関連記事

業界別コンサルティングファームの役職別年収

以下では業界・役職別の年収帯の一例をご紹介いたします。

戦略系コンサルティングファーム

戦略コンサルタントの平均年収は、役職によって大きく異なります。豊富な経験や高度な知識が求められるパートナーは収入が最も高く、マネージャー、コンサルタント、アナリストという順に年収も役職も下がります。
企業によって年収にバラつきはあるものの、アナリストは高くても900万円、コンサルタントは1300万円、マネージャー以上になると2000万円以上もらえる人が出てきます。マネージャークラスより上は自身の管轄内の業績によっても年収が変動します。以下は、戦略系コンサルティングファームの役職別の年収を示しています。

役職 年齢 給与 コンサル歴
アナリスト 22~27歳 400万~900万円 0~3年
コンサルタント 25~34歳 900万~1300万円 3~5年
マネージャー 28歳~ 1300万~2000万円 3年~

戦略コンサルタントの役職別の年収・ファーム別の企業年収まで解説

戦略系コンサルティングファームの主な企業と年収

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • A.T.カーニー
  • ボストンコンサルティング グループ
  • ドリームインキュベータ
  • コーポレイトディレクション

業務・IT系コンサルティングファーム

業務系やIT系コンサルタントの平均年収は、役職に比例します。1番低い役職のコンサルタントは高くて900万円、マネージャーになると1400万円ほどがアッパーとなっています。また、シニアマネージャークラスになると1900万円を超え、安定して1000万以上を稼げます。最高職位のパートナーになれば、2000万円以上を目指せるため、着実に昇進ができれば、かなり高い収入を得られるでしょう。その分、高度なスキルや経験が必要なだけでなく、大きな責任も伴います。

役職 年齢 給与 コンサル歴
コンサルタント 22~35歳 400万~900万円 0~7年
マネージャー 27歳~ 900万~1400万円 2年~
シニアマネージャー 30歳~ 1400万~1900万円 5年~
パートナー 実績による 2000万円~ 実績による

ITコンサルタントの年収・給与は?年齢や役職、ファームの種類別に解説

業務・IT系コンサルティングファームの主な企業

  • アクセンチュア
  • アビームコンサルティング
  • フューチャー
  • シンプレクス
  • 日本IBM

組織・人事コンサルティングファーム

組織・人事コンサルタントの平均年収は、パートナーが1600万円以上、シニアマネージャーが1200万円、マネージャーが900万円、コンサルタントが600万円、アソシエイトが400万円が目安となっています。他業界のコンサルティングファームと比較すると少し年収は低めですが、マネージャー以上になると同等の額になります。

役職 年齢 給与 コンサル歴
アソシエイト 22~27歳 400万~600万円 0~3年
コンサルタント 25~35歳 600万~900万円 0~5年
マネージャー 27歳~ 900万~1200万円 2年~
シニアマネージャー 30歳~ 1200万~1600万円 5年~
パートナー 実績による 1600万円~ 実績による

組織・人事コンサルティングファームの詳細はこちら

組織・人事コンサルティングファームの主な企業

  • コーン・フェリージャパン
  • マーサージャパン
  • ウイリス・タワーズワトソン
  • リンクアンドモチベーション
  • リクルートマネジメントソリューションズ

FAS

FASの平均年収は、下記の表の通りです。初めはアソシエイトとして600万円から始まり、コンサルタント、マネージャー、シニアマネージャー、パートナーと役職が上がるにつれ、年収が上がっていきます。コンサルタントとしてのスキルだけでなく、財務会計に関する高度な知識が求められます。役職を上げていくためには、スキルや経験だけでなく、高い専門知識を身につけていかなければならない職種です。

役職 年齢 給与 コンサル歴
アソシエイト 22~27歳 600万~700万円 0~3年
コンサルタント 25~34歳 700万~1000万円 0~7年
マネージャー 28歳~ 1000万~1300万円 3年~
シニアマネージャー 32歳~ 1200万~1500万円 5年~
パートナー 実績による 1500万円~ 実績による

FASの詳細はこちら

FASの主な企業

  • デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー
  • KPMGフィナンシャルアドバイザリーサービス
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング
  • フロンティアマネジメント
  • 山田コンサルティンググループ

監査法人

監査法人の平均年収は、スタッフが400万円から始まり、マネージャーになると1000万円に到達します。他のコンサルティングファームと比較し、低めに見えますが、監査法人は閑散期と繁忙期がはっきりしており、業務に割く時間が少ない分、収入が控えめに見えている影響もあるでしょう。しかし、役職や実績を積んでいくことで、コンサルティングファームと同じく数千万以上の収入が目指せます。

役職 年齢 給与 コンサル歴
スタッフ 22~34歳 400万~700万円 0~7年
マネージャー 27歳~ 800万円~ 3年~

監査法人の詳細はこちら

監査法人の主な企業

  • 有限責任あずさ監査法人
  • EY新日本有限責任監査法人
  • 有限責任監査法人トーマツ
  • PwCあらた有限責任監査法人

シンクタンク

シンクタンク全体での年収は800万~1200万円ほどであり、他の業界に比べ高水準であるということができます。成果主義的な風土が存在するため、高い成果を出すことでそれ以上の年収も望めますが、ただシンクタンクに転職すれば高収入が期待できるというわけではないことに注意が必要です。

シンクタンクの主な企業

  • 野村総合研究所
  • 三菱総合研究所
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
  • 大和総研
  • NTTデータ経営研究所

シンクタンクの詳細はこちら

事業再生・ハンズオン型支援

事業再生型のファームの年収は700万~1200万円ほどであり、深い専門知識と高いアウトプットが必要とされる分、他業界に比べて高水準であると言えます。ひとくくりに事業再生型と言っても業務内容は幅広く、ファームやポジションによって年収が大きく異なる点には注意が必要です。

事業再生・ハンズオン型支援向けコンサルティングファームの主な企業

  • 経営共創基盤
  • フロンティア・マネジメント
  • プロレド・パートナーズ
  • ロングブラックパートナーズ

事業再生・ハンズオン型支援の詳細はこちら

ミドルマーケット

ミドルマーケット向けの市場が活発化しており、コンサルタントの需要も高まっているため、ミドルマーケット向けコンサルタントの年収も高水準で推移している傾向にあります。
コンサルタントとして経験、実績を積むことができれば年収1,000万円超えも可能な環境であると言うことができます。

ミドルマーケット向けコンサルティングファームの主な企業

  • 船井総合研究所
  • 山田コンサルティンググループ

ミドルマーケットの詳細はこちら

外資系コンサルティングファーム

外資系のコンサルティングファームでは、通常、年収が非常に高いです。新入社員でも600万円前後が一般的であり、キャリアを積むにつれてさらに上昇する可能性が高いです。

外資系コンサルティングファームの主な企業

  • デロイトトーマツコンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティン

外資系コンサルティングファームの詳細はこちら

【日経】コンサルティングファームの年収ランキング

国内上場企業よりコンサルティングファームの平均給与を抽出しました。コンサルタント職以外の給与も含まれていることを考えると、他の業界に比べ高水準であることがお分かり頂けるかと思います。

企業名 平均年間給与(円)
株式会社野村総合研究所 1,225万円
フロンティア・マネジメント株式会社 1,217万円
株式会社シグマクシス・ホールディングス 1,170万円
株式会社ベイカレント・コンサルティング 1,101万円
株式会社三菱総合研究所 1,010万円
株式会社ドリームインキュベータ 976万円
山田コンサルティンググループ株式会社 803万円
株式会社リヴァンプ 740万円
バーチャレクス・ホールディングス株式会社 737万円
株式会社タナベ経営 691万円
株式会社船井総研ホールディングス 661万円

※有価証券報告書より抜粋
※令和2年度
※平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含む

【外資系】コンサルティングファームの年収ランキング

外資系コンサルティングファームの上位5社をランキング化しました。日系のコンサルティングファームと比べると平均年間給与は高水準であることがわかります。

企業名 平均年間給与(円)
ボストン コンサルティング 約1,400万円
A.T.カーニー 約1,400万円
ローランド・ベルガー 約1,300万円
マッキンゼー・アンド・カンパニー 約1,200万円
ベイン・アンド・カンパニー 約1,100万円

参照:アクシスコンサルティングラボ「戦略コンサルティングファームの入社難易度ランキングと年収・特徴

コンサルタントの年収が高い理由

高額なコンサルフィーを受け取るから

コンサルタントは、企業や個人が直面する問題や課題解決に専門的な知識とスキルを提供するプロフェッショナルです。そのため、彼らが提供するサービスは非常に価値があり、その対価として高額なコンサルフィーが支払われます。コンサルタントには多くのケースで成果報酬型の契約が組まれる場合もあり、その成果が明確に現れた場合は特に高額な報酬を受け取ることができます。

通常、一流のコンサルタントは一時間あたり数万、数十万、場合によっては数百万円のフィーが設定されています。このような高額なコンサルフィーは、企業や個人が抱える問題を効果的に解決する能力、スキル、経験を持つことが評価され、その結果として生じています。

難易度が高い仕事だから

コンサルタントが行う仕事は多岐にわたり、専門的な知識が必要とされます。マーケティング、ファイナンス、組織運営、IT戦略など、多くの分野で専門的なスキルが求められるのです。それだけでなく、クライアントとのコミュニケーション能力、問題解決力、プレゼンテーションスキルも非常に高いレベルで求められるため、このような多角的なスキルを持つ人材は限られています。

その上、コンサルタントは常に業界の最新トレンドを把握し、新しいスキルやツールを学ぶ必要があります。このような厳しい要求に応えることができる人材は少なく、そのレアなスキルセットが高い報酬を正当化しています。

このように、コンサルタントの年収が高い背景には、高額なコンサルフィーと専門的なスキルが必要とされる難易度の高い仕事が影響しているのです。

コンサルタントの年収を決める仕組み

年俸制が多い

多くのコンサルティング企業では年俸制が採用されています。年俸制のメリットは、安定した収入を得られる点です。しかし、この年俸には通常、基本給、各種手当、ボーナスが含まれており、一般的な月給制とは違った複雑な計算がされる場合もあります。年俸制はプロジェクトの短期間での成功よりも、長期的な視点でのパフォーマンスを評価する傾向があります。このような評価方法は、コンサルタントが持続的な価値を提供できる環境を作り出すのに有用です。

ボーナスは成績によって大きく変動する

一方で、コンサルタントの年収に大きな影響を与えるのがボーナスです。多くの場合、ボーナスは個々のパフォーマンスやプロジェクトの成功度に応じて決まります。このボーナス制度により、高いパフォーマンスを上げたコンサルタントは非常に高い報酬を得る可能性があります。特に、大手コンサルティングファームでは、ボーナスが年俸の半分以上を占めることも少なくありません。このような成果主義が、コンサルタントにとっては切磋琢磨の環境を作り、企業にとっては高いROI(投資対効果)を生む素地を提供します。

以上が、コンサルタントの年収を決める主な仕組みです。年俸制とボーナス制度がうまく組み合わさって、コンサルタントが高い年収を得られる背景となっています。これらの要素を理解することで、コンサルタントとして成功するためのヒントが得られるでしょう。

コンサルタントは未経験から転職しても高年収を得やすい

コンサルタントとしてのキャリアは、多くの人々にとって魅力的な選択肢となっています。その理由の一つとして、未経験からの転職でも高年収を得ることが期待できるという点が挙げられます。

コンサルタント業界では、ビジネスの専門知識や業界のトレンドを理解する能力が求められるため、それに見合った高い報酬が設定されています。もちろん、すぐに高年収を得られるわけではありませんが、経験を積んだり、特定の分野での専門知識を深めることで、年収が上がる可能性が高まります。

未経験からの転職を考えている方は、まずは業界の動向や必要なスキルセットを研究し、自分のキャリアを構築する上での戦略を練ることが大切です。それによって、コンサルタントとして成功する道が開かれるでしょう。

注意すべきは、高年収を追求するだけでなく、自分の価値を高め、クライアントにとっての真のパートナーとなることが必要です。そのためには、継続的な学びと成長が欠かせません。

また、コンサルタントに未経験から転職を検討されている方は、下記の記事もぜひ参考にしてみてください。
コンサルタントへの転職完全ガイド|未経験からキャリアチェンジを成功させる対策

未経験からコンサルティングファームへ転職した場合の年収事例

以下、弊社で支援させていただいた転職事例をいくつかご紹介いたします。

事業会社出身者

年齢 転職前 年収(円) 転職後 年収(円)
31歳 大手メーカー
社内情報システム
650万 外資系総合ファーム
消費財領域ITコンサルタント
720万
29歳 製造系(自動車)
経営企画
720万 外資系ファーム
製造系コンサルタント
780万

 

金融機関出身者

25歳 大手生命保険会社
業務企画
550万 内資系ファーム
保険ビジネスコンサルタント
600万
30歳 大手証券会社
個人営業
660万 外資系総合ファーム
金融コンサルタント
750万

 

IT業界出身者

28歳 中堅SIer
システムエンジニア
750万 日系総合ファーム
ITコンサルタント マネージャ
1,000万
33歳 外資系大手SIer
プロジェクトマネージャー
950万 グローバル系ファーム
ビジネスコンサルタント
1,100万

転職事例をいくつかご紹介しましたが、未経験からの転職でも多くの場合年収が上がります。

特にIT系の人材は昨今のデジタル化の影響で需要が高まっており、ITコンサルタントへの転職で年収が大幅にアップする事例が見られます。ご紹介した転職事例を見ても、IT業界の転職者の年収の増加幅が大きいことがわかります。

未経験からコンサルタントへの転職で、経前職の経験や資格・スキルは関係する?

未経験から転職する場合、年収の増減に大きく影響する要素の1つとして前職での経験があります。前職で得た経験と転職先のポジションとの親和性が高い場合、年収は大きく上がる傾向があります。例えば戦略系のコンサルタントに転職する場合、前職で会社の大規模プロジェクトのプロジェクトリーダーを経験したことのある方や、会社の企画部門で仕事をしていた方などは親和性が高く、年収アップが期待できるといえるでしょう。

経験に加えて保有している資格・スキルなども、転職を有利にして年収アップにつなげる可能性を持っています。例えFASへの転職を目指している方であれば、会計資格(公認会計士・USCPA)を保有していることで転職を有利に進めることができます。あるいはITコンサルタントへの転職を目指している方であれば、ITストラテジスト試験やPM試験などのIT系の資格が有効になり得ます。

ここまで経験・スキルの親和性が年収アップに繋がるとご説明しましたが、裏を返せば親和性のないポジションへの転職を希望する場合、年収は一時的に下がってしまう可能性があるということです。新しい領域に挑戦したい場合、年収とのバランスを考えることが重要となります。とはいえコンサルタントは成果を出すことができれば昇進もはやい業界であるため、中長期的な目で見ると転職前よりも高い年収水準に達することは十分に可能です。また、転職前後の年収の落差が大きい場合は、急激な年収変化の変化を緩和するためにボーナスが支給される場合もあります。

よりたくさんの転職実績を知りたい方は、以下の転職実績ページをご覧ください。

転職実績紹介ページはこちら

未経験からコンサルタントに転職する際少しでも年収を上げるには

前職と親和性の高い職種に就く

未経験でコンサルタントに転職する場合、年収を上げるための一つの方法は、前職との親和性が高い職種を選ぶことです。例えば、IT関連の前職であれば、ITコンサルタントへの転職がスムーズでしょう。これにより、前職で培ったスキルや知識を直接活かすことが可能となります。親和性が高い職種であれば、未経験でも高年収を実現する可能性が高くなる場合も多いです。

保有している資格をアピールしスキルを証明する

未経験からでも、保有している資格は高年収を実現する強力な武器になり得ます。例えば、MBAやPMP、IT関連資格などは、特定の職種や業界で非常に評価されることが多いです。これらの資格を持っていると、未経験でも高い年収を要求する根拠ができます。資格をアピールすることで、具体的なスキルや知識があると証明でき、採用時の評価が上がる可能性があります。

コンサルティング業界に特化した転職エージェントに相談する

未経験からコンサルタントとして転職するためには、コンサルティング業界に特化した転職エージェントに相談するのがおすすめです。

コンサルティング業界を専門領域とする転職エージェントは、独自の求人情報を保有しており、そこには未経験者でも応募できる求人情報も多く含まれています。また、コンサルティング業界に特化した転職エージェントは非公開求人にアクセスできるため、紹介してもらえる求人情報の幅が広がります。求人情報の紹介にとどまらず、コンサルティング業界の最新動向をシェアしてもらえるほか、応募先企業の選考を通過するために、履歴書の添削支援や面接対策を受けることも可能です。また、代わりに年収などの条件交渉をおこなってもらえるため、好条件で入社できる可能性も高くなります。

コンサル特化型転職エージェントはエグゼクティブリンク

まとめ

本記事では、コンサルタントの年収に焦点を当て、その業界別や国内外のランキング、高年収の理由、給与の仕組みなどを詳しく解説しました。特に、コンサルティング業界は多様であり、戦略系から事業再生・ハンズオン型支援まで、それぞれの分野での年収が大きく異なることがわかります。また、コンサルタントの高年収は、その高額なコンサルフィーと、難易度が高い業務内容に起因しています。

年収を決める仕組みとしては、年俸制が多く、ボーナスは成績によって大きく変動するケースが一般的です。さらに、未経験からの転職でも高年収が可能であり、そのためには前職と親和性の高い職種に就く、保有資格をアピールするなどが有効とされています。

この情報を元に、あなたも未経験からでもコンサルタントの道を選び、高年収を目指してみてはいかがでしょうか。この業界で成功するための第一歩として、本記事がお役に立てれば幸いです。

関連記事

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

同カテゴリの特集記事

Related Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

Other Column

弊社で転職相談を実施するメリット

充実したサポート体制に
よる高い顧客満足度
業界出身者による丁寧な業界分析や、充実した「面接対策サポート」、密なコミュニケーションなどにより、お客様より高い評価をいただいております。※詳細は転職体験談をご覧ください。
転職相談者への中立的な
キャリア相談
転職相談に来られる方に対し、1人1人のご経験やご志向・ご事情に添って、転職を必ずしも選択肢としないキャリア相談を提供させていただきます。
高い内定率と
高年収決定
ファーム内定者年間500名を誇り、弊社ヘッドハンターが株式会社ビズリーチ主催の「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2023」にてコンサルティング部門のMVPを受賞する等、ハイクラスの転職支援において高い実績をあげております。
コンサル業界出身キャリア
エージェント多数在籍
コンサルティング業界出身者が多数在籍し、豊富な業界知見と多くのコネクションに加え、クライアントの立場も踏まえた生きた情報をもとに、ご支援いたします。

コンサルティング業界
転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス