Loading...

Column

特集記事 詳細

戦略コンサルタントに向いている方

Post Date2019-12-04 /
Category戦略コンサル特集

戦略コンサルタントは企業の経営課題をいち早く見抜き、その解決方法を指し示すという職業で、他の事業会社とは求められる能力・マインドが大きく異なります。コンサルタントという職業に興味はあるが向いているのかわからない、あるいはコンサルタントになるにはどのようなマインドを持てばいいのかわからないという方は多いと思います。本記事ではコンサルタントに向いている方の特徴と、反対に、コンサルタントのマインドとズレがある方の特徴を紹介していきます。
なお、向いているというポイントについては、職務に当たる中で徐々に身についていくという部分もありますので、全てを備えていないとコンサルタントになれないというわけではないのでご安心ください

戦略コンサルタントとは

コンサルタントとは前述の通り、企業の経営課題を見抜き、その解決方法を指し示すという職業です。具体的には、業務プロセスを一覧化し、その中から経営課題の原因となっているファクターを洗い出し、解決方法を練るというプロセスが一般的です。

よりコンサルタントの仕事について知りたい方はこちらのページを参照ください。

経営コンサルタントとは

戦略コンサルタントに向いている方

クライアントファーストで動ける方

コンサルタントの仕事の本質はクライアントの成功のサポートにあります。そのため、クライアントが納得し、結果に満足するということが最終的な目標となります。「自分がこうしたい」という感情より先に「クライアントの方はこうしたいだろう」という思考が出来る方はコンサルタントに向いていると言えます。勿論「自分がこうしたい」がクライアント視点でも正しく、明確に進むべき方向性/施策であればそれに越したことはありませんが、その場合はクライアントの状況や人間関係を踏まえて、相手を納得させる必要があります。「正しいからやる」ではなく、「正しいと腹落ちして、動いてもらうこと」が真のクライアントファースト、でしょう。
また、あくまでクライアントが主役ですので、黒子役に徹することになります。プロジェクトの成功が新聞等に取り上げられる際にも、コンサルタントの貢献が取り上げられることはほぼありません。ただ、表向きで目立たなくても、クライアントの成果やプロジェクトの世の中へのインパクトを密かに喜べる方が向いているでしょう。

論理的思考が出来る方

こちらはよく聞くワードかもしれません。近年では『●●流論理的思考法』といった本も多く出版されており、「コンサル=論理的、ロジック、ロジカル」という印象は世の中一般で浸透しているでしょう。
では論理的思考とは具体的にはどのようなことを言うのでしょうか。基本的には、『「根拠」→「結論」』という道筋が立っていることが重要となります。しかし、それだけでは十分とは言えません。その他のロジックを追求する視点として、コンサルティング業界では「MECE」であることが重要となります。MECEとは「Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive」の頭文字であり、要するに「もれなく、ダブりなく」ということを意味しています。明確な答えのない課題を解決するコンサルタントは、単に論理の筋道が通っているだけでなく、あらゆる事柄を検討した上で最も論理の筋道が通っているものを提示する必要があります。
勿論、全ての検討がロジックのみで進むわけではありませんし、時に右脳的な発想や、相手の気持ちを踏まえた上での判断もありますし、発想から出てきた仮説が結果的に最も良い答えであることも有ります。但し、その際でも、相手への説明や、本当にその仮説が正しいかの検証の際には、論理的なプロセスを踏むことになりますので、やはり「論理的思考」はコンサルタントの最低限の素養と言えます。

仕事の速い方

コンサルタントの仕事は、とにかく速さが要求されます。コンサルタントがアサインされるプロジェクトは3か月~6か月ほどのものが多く、その中で情報収集、分析、仮説の構築・検証を行い、さらには実行の支援も求められるものがあります。当然、実行には時間がかかりますから、その前段階で時間を使いすぎてはいけません。とにかく素早く解決にむけた施策を考え出さなければならず、また短い期間の中で資料の質も期待されているため、日々の時間の使い方の見直しや軌道修正、作業面では前手での取り組みや短時間で処理するためのスキル、単純作業の外部活用等が必要になります。
つまり自身の作業のスピードを上げるのみならず、うまく段取りをして外部を使い、必要な期限までに最高のアウトプットを出す、仕事の進め方を身につけなければなりません。

クライアント/チームメンバーと良い人間関係が築ける方

クライアントに解決策を実行してもらうためには、論理的な思考だけでなく、クライアントに信頼してもらうことが不可欠となります。クライアントに真摯に向き合い、自分事のように課題解決を行うという姿勢で仕事をすることが大切です。
また、コンサルタントは基本的にプロジェクト毎にチームが編成されます。チーム編成の際には、関わったことのない方とプロジェクトを遂行することもあります。そうした中で、自らの役割を認識し、チームメンバーと互いに信頼感のあるリレーションを構築したうえで、連携していく必要があります。

成長意欲のある方

コンサルタントとして仕事をしていると、次々に知らないことやできないことが出てきます。しかし、コンサルタントに対して非常に高いフィーを支払っているクライアントの前で「知らないのでできません。」とは言うわけにはいけません。もし知らない/できないことがあれば、次の日までにキャッチアップするくらいの気概のある方、また、そのキャッチアップを知的好奇心から楽しめることが出来る方、がコンサルタントに向いていると言えるでしょう。
また、コンサルタントはその職位によって求められるスキルセット・マインドセットが異なります。コンサルティングファームによっては研修制度が用意されているので、それらを活用して自ら学んでいくことに加え、その求められるスキル/マインドセットのために、これまでの考え方や仕事のプロセスについて、一部アップデートしていくことを厭わないマインドがコンサルタントには不可欠です。

厳しい状況をポジティブに乗り越えられる方

コンサルタントは求められる能力が高く、仕事量やクライアントからの高いレベルでのプレッシャーを受ける職業です。また、社内外問わず複雑な人間関係の渦中に置かれることもしばしばあります。肉体的・知能的・精神的ストレスに晒される中で、その状況を成長という視点でポジティブに乗り越えられる方が向いております。

戦略コンサルタントのマインドとズレがある方

自分で事業を興したい方

コンサルタントは、自分ではない方の課題を解決する職業であり、自身が主体的に、最終的な判断を下すことはできません。そのため、自分で事業を興し、自身の判断で進めていきたいという方にとっては非常にストレスフルな環境になるかもしれません。
一方で、コンサルタントの思考法を身につけることや、経営層と間近で接することは事業を起こす上で非常に良い経験となりますし、実際にコンサル経験者があらゆる業界で起業家、企業役員として活躍されています。キャリアステップの一つの段階としてコンサルタントになるというのは選択肢として考えても良いでしょう。

確認をこまめに取らない方

いくら自主的に業務を行っていても、その業務が求められていなければ全く意味をなしませんし、期限が決まって働く仕事である以上、期限内に仕事が終わらないということをギリギリになってから伝えるということもあってはなりません。そのようなことは起こりえない、と考えられる方もいらっしゃるでしょうが、新人コンサルタント(特にやる気に溢れている方/責任感がある方)がしばしば陥ってしまいます。
例えば、資料を1週間以内に作成してほしいと言われたときに、1週間後にいきなり成果物を提出するというのはオススメできません。この場合は、

①数時間作業して、資料作成の方針を決め、上長にチェックを受ける。
②数日作業して、一度大まかな粒度で資料を完成させ、上長のチェックを受ける。
③数日で、より細かな粒度で資料を完成させ、上長に提出する。
④必要があれば資料の分析を行い、上長に報告する。

というような形で、初期は何度もチェックを受けることが重要ですし、そのための仕事の段取り(上長スケジュールの前手での確保含む)が求められます。

じっくりと考えてから動く方

コンサルタントの仕事はとにかくスピードが命です。また、何もせず頭だけで考えても全く解決策が出ないということもあります。とはいえ、やみくもに動くのではなく、仮説志向ベースで情報を集め、分析するプロセスが大事になりますし、その過程で解決の糸口が見えることもあるでしょう。考えてばかりではただ時間を浪費するだけになってしまいますし、どうしても方向性が見えない場合は、すぐに上長や周りのメンバーと相談/議論する必要があります。

まとめ

ここまで戦略コンサルタントに向いている方/マインドとズレのある方の特徴をまとめて参りました。もちろん、これで全てではございませんし、これら全てがないとコンサルティングファームに入れないというわけでもありません。しかし、コンサルティングファームの選考では将来身につけられるかどうかのポテンシャルも含めて、重要な要素として見られていますし、最終的には身につける必要があります。

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

Other Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから