Loading...

特集記事 詳細

Column

事業企画の仕事内容とは|経営企画との違いや年収などを解説!

Post Date2023-09-30 / Update-date2024-04-29 /
Category選考対策特集

企業の成長戦略の中核を担っているのが事業企画です。

そんな事業企画として活躍するためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

本記事では仕事内容やスキル・事業企画に向いている人など、事業企画について掘り下げていきます。

事業企画への転職をご検討の方は、是非本記事をご参考ください。

  1. 事業企画とは
  2. 事業企画の仕事内容
  3. 事業企画に必要なスキル
  4. 事業企画に向いている人
  5. 未経験から事業企画に転職することは可能なのか
  6. 事業企画のキャリアパス
  7. まとめ

事業企画とは

事業企画は、新しい事業の立案や既存事業の拡大・改善を目的として、市場分析や戦略立案、事業計画の策定などを行う業務を指します。事業企画は企業の成長や競争力向上を実現するための重要なプロセスであり、事業の方向性やビジョンの明確化、そして具体的なアクションプランの策定を担います。具体的には、マーケットのトレンドや競合状況の把握、SWOT分析を用いた強み・弱みの分析、そして具体的な事業戦略の策定などが行われます。これらのプロセスを通じて、事業の成功確率を高め、リスクを最小限に抑えることが目指されます。

事業企画と経営企画の違い

事業企画と経営企画は、多くの点で類似しているため、混同されることが多いですが、実際には異なる概念です。事業企画は、特定の事業や製品ラインに特化して、その市場での競争力を高めるための戦略や計画を立案する役割を持ちます。これに対して、経営企画は、企業全体の経営戦略や方針、組織運営の基本方針などを決定する役割を持ちます。事業企画が「何を」と「どのように」を策定するのに対して、経営企画は「なぜ」や「どれだけ」を策定するのです。経営企画は、長期的な視点での経営戦略の策定や、経営資源の最適な配分を考える役割があり、全体最適を目指します。一方、事業企画は、特定の事業領域に焦点を絞り、その事業の成功を目指すための戦略を策定します。

事業企画とサービス企画の違い

事業企画とサービス企画の違いは、「ビジネスサイド」か「コンテンツサイド」のどちらに寄っているかが一番大きな違いです。

例えば事業企画は、企業の事業計画の策定、推進など、「ビジネスサイド」のポジションです。
一方でサービス企画は、ユーザーに向けたサービス自体の企画や、そのサービスを利用した商品の企画など、「コンテンツサイド」のポジションになります。

どちらも事業を促進するという面で、市場のリサーチやビジネスモデルの策定など似た業務を行います。

しかし、ビジネスの側面かコンテンツの側面から見るのかという面で、事業に対する役割は同じですが具体的な業務内容は大きく異なると言えるでしょう。

事業企画の仕事内容

事業企画は、企業の新規事業の立案や既存事業の成長戦略を策定する部門であり、その中核となるのが事業企画の担当者です。

彼らの主な仕事内容は、市場の動向を分析し、競合との差別化を図るための戦略を設計することです。さらに、事業計画の策定や、それに基づく具体的なアクションプランの立案、プロジェクトのマネジメントなども含まれます。

事業の成功を左右する重要な役割を果たすため、高い分析能力や計画力が求められます。

事業企画に必要なスキル

事業企画に必要なスキルは下記の6つです。

  • マーケティング能力
  • マネジメント能力
  • 財務管理能力
  • 営業力
  • リーダーシップ
  • コミュニケーション能力

マーケティング能力

事業企画に必要なスキル1つ目は「マーケティング能力」です。

マーケティング能力とは、自社の商品やサービスなどが売れるように、市場の動向の把握や企画、事業の策定などそれらに関わる業務の推進を行う能力のことを指します。

現代の競争率の激しい市場で、自社の商品サービスを売り出し利益を得るには、市場の動向の把握や企画、戦略の立案、推進、サービスの開発を行う必要があります。

そのため、自社を成功に導く上で商品を売るための総合的な「マーケティング能力」は事業企画において必要不可欠なスキルと言えるでしょう。

マネジメント能力

事業企画に必要なスキル2つ目は「マネジメント能力」です。

マネジメント能力とは、ビジネスにおける主に「管理」する能力です。

先述したように、事業企画とは企業を成長させる役割を担っており、企業の中核とも言える存在です。そのため、新規事業や既存事業が滞ってしまうと企業の存続にも関わってくるので、円滑に進めるためにも事業全体の管理が必要となります。

上記のことから、マネジメント能力は企業企画において欠かせないスキルと言えるでしょう。

財務管理能力

事業企画に必要なスキル3つ目は「財務管理能力」です。

そもそも企業とは「収益を得ること」が大前提の目標です。

そのため、事業計画の策定や運営の際には予算の管理や資金調達、投資判断などの財務に関するスキルや知識が必要になります。

営業力

事業企画に必要なスキル4つ目は「営業力」です。

新規事業を成功させるためには、その事業の魅力をユーザーやパートナー企業にどれだけ伝えきれるかが重要になってきます。

また、企業を成長させるためには戦略方針や立案した企画を社内に発信したり、パートナー企業への交渉など、プレゼンテーション力も必要となってきます。

社内外へ優れたプレゼンテーションを行うことで、企業の成長はもちろん、事業の成功がしやすくなります。

リーダーシップ能力

事業企画に必要なスキル5つ目は「リーダーシップ能力」です。

事業企画のプロジェクトを推進するためには、関連する部門やチームをまとめ上げ、方向性を示すリーダーシップ能力は欠かせません。

コミュニケーション能力

事業企画に必要なスキル6つ目は「コミュニケーション能力」です。

事業企画のプロジェクトを推進していく過程で、経営陣の意思を聞き出し、具体的な戦略として落としこむ必要があります。そのためには高いコミュニケーション能力が必要です。

事業企画に向いている人

事業企画の職務は、組織のビジョンや戦略を具体的なプロジェクトやプランに変換する役割を持ちます。この役割を果たすためには、特定のスキルや特質を持つことが求められます。

事業企画に向いている人の特徴として、下記の3つが挙げられます。

  • 発想力がある人
  • トレンドをキャッチアップできる人
  • 数値に強い人

発想力がある人

事業企画における発想力とは、新しいアイディアやソリューションを生み出す能力のことを指します。

市場のニーズを正確に捉え、それをビジネスのチャンスとして変換するためには、独自の視点や考え方が必要となります。

一般的な考え方や常識にとらわれず、柔軟な思考を持つことで、新しい価値を提供するプロジェクトやサービスを生み出すことができるのです。

トレンドをキャッチアップできる人

事業企画の職務には、常に変わる市場環境や顧客のニーズに迅速に対応する能力が求められます。そのため、最新のトレンドや技術をキャッチアップし、それを自社の事業に活かすことが重要です。

例えば、技術の進化や社会の変化を先読みし、それを元に新しい事業領域を開拓することなどが考えられます。

数値に強い人

事業企画では、多くのデータや数値を扱うことが日常的に行われます。

市場の規模、競合分析、財務計画など、様々な数値を正確に分析し、それをもとに戦略を立てる能力が求められます。

数値に強い人は、データを的確に解釈し、それをビジネスチャンスやリスクとして捉えることができます。このような能力を持つことで、より効果的な事業戦略を策定することが可能となります。

未経験から事業企画に転職することは可能なのか

結論からいうと、未経験から事業企画に転職することは可能です。

なぜなら、未経験からの転職の際には、知識やスキルよりも「ポテンシャル」を見られる傾向にあるのが大きな理由となっています。

例えば、コミュニケーション能力や論理的思考力などの専門的ではない部分を選考において重点的に見られます。そのため、未経験からの事業企画への転職は対策を行えば十分に可能と言えるでしょう。

事業企画のキャリアパス

事業企画のキャリアは多岐にわたります。初級段階では市場分析やデータの収集を行いながら、中堅としては具体的な事業戦略の策定や実行を行います。さらに経験を積むと、経営層として企業全体の方向性を決定する役割を果たすことも考えられます。事業企画のスキルや経験は、多くの業界や部門で求められるため、キャリアの選択肢は広がっています。

まとめ

本記事では事業企画について詳しくご紹介しました。

事業企画は企業にとって重要な役割を担っています。そのため、仕事の難易度も高いので求められる知識やスキルは多岐に渡ります。

しかし、責任感の大きい仕事の分、事業が成功すると大きな達成感を得られる仕事と言えるでしょう。

事業企画への転職をご検討の方は、是非本記事を参考にしてみてください。
また、未経験から事業企画への転職をご希望の方の中には、一人で転職活動を行うのに不安がある方もいらっしゃると思います。

そんな方へ、弊社エグゼクティブリンクでは支援を行っております。
是非お気軽にご相談ください。

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

選考対策特集の記事

Related Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

Other Column

弊社で転職相談を実施するメリット

充実したサポート体制に
よる高い顧客満足度
業界出身者による丁寧な業界分析や、充実した「面接対策サポート」、密なコミュニケーションなどにより、お客様より高い評価をいただいております。※詳細は転職体験談をご覧ください。
転職相談者への中立的な
キャリア相談
転職相談に来られる方に対し、1人1人のご経験やご志向・ご事情に添って、転職を必ずしも選択肢としないキャリア相談を提供させていただきます。
高い内定率と
高年収決定
ファーム内定者年間500名を誇り、弊社ヘッドハンターが株式会社ビズリーチ主催の「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2023」にてコンサルティング部門のMVPを受賞する等、ハイクラスの転職支援において高い実績をあげております。
コンサル業界出身キャリア
エージェント多数在籍
コンサルティング業界出身者が多数在籍し、豊富な業界知見と多くのコネクションに加え、クライアントの立場も踏まえた生きた情報をもとに、ご支援いたします。

コンサルティング業界
転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス