Loading...

Column

特集記事 詳細

未経験からのコンサルタント転職~選考プロセスとその対策~

Post Date2019-12-04 /
Categoryキャリア・働き方特集 戦略コンサル特集 選考対策特集

コンサルティングファームに未経験から転職するのは難しいと思っている方も多いかと思います。しかし、コンサルティングファームに転職する人の大半はコンサルティング業界未経験からの転職です。これは、コンサルティングファームの事業領域の拡大に伴って求められる能力の範囲も広がりつつあるためです。つまり、未経験からでもコンサルタントになるチャンスは大いにあると言えるでしょう。

コンサルタントについて

そもそもコンサルタントとは

コンサルタントの根源は「consult」=「相談する」という点にあります。
この意味で、例えば掃除機が欲しい人にその人のパーソナリティに合った掃除機を提案し、買ってもらうというのもコンサルティングと言えます。しかし、これは最終的に製品・サービスを買ってもらうことが目的の「コンサルティング営業」であり、いわゆる「経営コンサルティング」とは異なります。
「経営コンサルティング」は具体的な製品・サービスを売るのではなく、コンサルティングそのものを商品として対価を受け取る職業です。そのため、相談を受けたクライアントの課題とは何かを見つけ、その解決策を提案すること。ひいてはその実行を支援することがコンサルタントの提供する価値であり、商品なのです。

コンサルタントに仕事を頼むクライアントの心境としては、経営に関する知識のある人物を恒常的にではなく一時的に雇うことで、コストを抑えつつより良い解決策を見出したいという事が中心にあります。そのため、限られた期間の中でクライアントが望む以上の、つまり報酬以上の、高いアウトプットを出すことが求められる職業です。ゆえに、求められる能力は多岐に渡り、いずれも高いレベルであることが求められます。

コンサルタントに必要な資質

コンサルタントに求められる能力としては、大きく以下の4つが挙げられます。
Ⅰ.プロフェッショナルマインド
Ⅱ.コンサルタント的思考力
Ⅲ.対人関係構築能力
Ⅳ.体力、精神力

ここまで見てきた通り、非常に高い能力が求められるコンサルタントですが、特に若手であれば、前職の経験以上にコンサルタントに必要な資質が備わっているか、あるいは身につく見込みがあるかという「ポテンシャル」が見られることも多く、未経験でもコンサルタントになることは可能です。
一方で、やはり簡単に転職できるものでもなく、戦略コンサルファームに限るとその合格率は1%未満ともいわれています。こうした厳しい選考を勝ち抜いていくには、選考プロセスや面接で見られる点などを理解し、対策することが重要になってきます。
以下では、業界屈指の合格率を誇る当社からみた、選考対策の方法をご紹介いたします。

中途採用の選考プロセス

選考対策

Ⅰ.書類選考・筆記試験

書類選考では履歴書、職務経歴書、志望動機書を提出します。
職務経歴書は単なる過去の職歴の列挙ではなく、参画したプロジェクトで自身がどのような立場でどのように活動したのかがより重要となります。そして、自身の活動がプロジェクトにどのように寄与したか、プロジェクトで得た経験・知識は何かをまとめる必要があります。
志望動機書はコンサルタントになりたい理由に終始せず、各コンサルティングファームの特徴を理解し、なぜそのコンサルティングファームを志望するのか、将来的にどのようなキャリアを描くのか、を書くことも重要です。
筆記試験は実施されない場合もあります。実施する際は主にWebテストで行われ、SPIやCAB、GAB、玉手箱などファームごとに異なる試験が課されます。それぞれ形式も違うため、ある程度特徴をつかむという意味でも対策をオススメします。

Ⅱ.面接

面接では提出した書類を基に前職での経験や転職理由、志望理由が聞かれます。また、面接官からの質問の後、候補者から質問をする逆質問を求められることもあります。
面接官からの質問には基本的に結論から答え、その後に理由や考えを述べるようにしましょう。理由の後に結論を述べるのに比べて、相手が自身の考えを理解しやすく、自身の説明が冗長になって結論がわかりにくくなる事も防げます。また、コンサルタントの意思伝達も結論を先に、理由を後に述べるということが基本であるため、コンサルタント的思考力があるということもアピールできます。
逆質問では、自身とファームがマッチングしているかを確認する意味でもしっかりと準備していくことをオススメします。例えば、面接官の方がコンサルタントになった理由や実際のプロジェクトについて、会社について思うことなど、HPなどでは収集できない情報を聞き出せるような質問をしましょう。コンサルティング業界では、実際のプロジェクト現場で「質問力」は問われるため、その資質を見られることになります。
また、コンサルティングファームの面接にはケース面接というものがあります。多くの場合面接官から課題を課され、15~20分程度考えをまとめた後、面接官に説明して議論を進めていく形式がとられます。
ケース面接は「○○社の売上を推定しなさい」というフェルミ推定と「○○社の売り上げを伸ばす施策を提案しなさい」というケーススタディに大別できます。いずれもコンサルタント未経験の場合対策が必要となるため、対策本などを読み、練習を重ねておくことをオススメします。対策本はこちらをご参考ください。
また、弊社経由で選考に進んでいただいた方に限り、マッキンゼーアンドカンパニー出身の講師の方を招いたケース面接対策講座を実施しております。詳しくはこちらをご覧いただくか、転職支援にエントリー後、弊社エージェントにお聞きください。

Ⅲ.オファー面談

オファー面談とは最終選考に合格し、内定後に行う面談です。内容としては雇用条件のすり合わせがメインとなり、労働時間や年俸などの確認となります。ここでの合意が入社後の契約となるため、疑問点や不安な点をなくすためにも真剣に望む必要があります。

Ⅳ.入社承諾

オファー面談後は入社をする場合は入社承諾書を期日までに提出します。複数企業から内定が出ている場合は契約内容や業務内容を吟味して1社に決める必要があります。内定を辞退する場合でも、誠意をもって企業に辞退の旨を伝えましょう。

3.エグゼクティブリンクの支援

3.1 転職支援の流れ

エグゼクティブリンクの支援は、申込フォームよりエントリー後、弊社エージェントとカジュアルな面談をして頂きます。皆様の希望に沿った求人を紹介し、納得いただいた上でエントリーへお進み頂きます。

Ⅰ.書類選考・筆記試験

過去通過実績のあるサンプル書類を基にご提出いただいた書類の加筆修正を致します。また、筆記試験の種類や合格ラインの目安も教えることができるため、対策の手間が省けます。

戦略コンサルタントの志望動機や筆記試験対策についてより詳しく知りたい方はこちらを記事をご覧ください。

戦略コンサルティングファームを目指す志望動機

戦略コンサルティングファームを目指す筆記(Web)試験 選考対策

Ⅱ.面接

選考対策で触れた通り、コンサルティングファームではケース面接という特殊な形態が取られるため、オファー獲得のためにはその対策が肝になります。
個社別の過去の面接資料を用いた面接対策を行います。また、企業との面接日程の調整や選考結果の連絡は弊社で行い、エージェントを通して皆様にご連絡いたします。また、面接後には面接官からのフィードバックを弊社エージェントから伝えることも可能でございます。

面質対策・ケーススタディについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

戦略コンサルティングファームを目指す面接対策/ ケーススタディ

Ⅲ.オファー面談

皆様の能力が適正に評価されるよう、企業側に年俸の交渉も行います。

Ⅳ.入社承諾

複数企業から内定を頂いた場合には内定企業のより詳細な情報をお知らせし、皆様がよりよい意思決定をできるように支援していきます。また、辞退の連絡も弊社エージェントが行いますのでご安心ください。
企業との連絡は基本的に弊社で行い、結果はエージェントを通してお知らせいたします。
支援の詳細はこちらにございます。

3.2 支援実績

これまでエグゼクティブリンクが転職を支援した方のインタビューページがこちらにございますので、参考にしてみてください。

3.3 求人情報

コンサルティングファームの求人情報はこちらよりご覧ください。
社名は非公開となっておりますが、エージェントとの面談時は社名、ポジション併せて提案させて頂きます。また、当サイトには載っていない非公開求人もございますので、ぜひページ下部の申し込みフォームよりお申込みください。

参考著書:神川貴実彦(2008年)『コンサルティングの基本』日本実業出版社.

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

Other Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから