Loading...

Company Information

企業情報

企業情報

株式会社 クニエ

◇日本発のコンサルティングファーム
 日本企業の成長をサポートし、日本の経済的発展に貢献したい。
 それが私たちの志です。QUNIEのバックボーンのひとつはNTTグループ。
 長期にわたって国のインフラと国民の暮らしを支えてきた気概は、私たちの価値観に深く刻まれています。

◇世界有数のグローバルファームの知を継承
 もうひとつの出自は、世界4大会計事務所のひとつ、アーンスト・アンド・ヤングが
 設立したコンサルティングファーム。グローバルファームで培った経験と知見が、
 複雑化する企業課題の解決に対して最適解をご提案し、改革実現の最後まで真摯に
 応える、確固たる基盤となっています。

◇独自のコンサルティングスタイル
 QUNIE は、欧米型コンサルティング手法の卓越したノウハウと、日本型経営の知恵と
 経験を融合することで、独自のコンサルティングスタイルを構築しています。
 いわば和魂洋才とも言えるこのスタイルにより、お客様課題を企業価値向上の視点から
 統合的に捉え、現場への定着化に至るまで、お客様と一体となって企業変革を実現していきます。

◇世界の企業に貢献
 日本に貢献したいという思いと同様に、海外のお客様に日本のコンサルティングを提供し、
 また、新興国のコンサルティングビジネスの成長に寄与していくことは、和魂洋才のDNAを
 持つQUNIEだからこそ実現できることであり、その使命感が私たちの原動力にもなっています。

◇人材力
 QUNIE のコンサルタントの多くが事業会社出身であり、 外資系コンサルティングファームの
 経験を有しているメンバーです。 お客様の業務を実務レベルで深く理解し、かつ
 コンサルティングの実績も豊富なメンバーで構成されています。 蓄積した知見と
 ノウハウをお客様の課題の最適解への礎とし、高品質で改革力の高いソリューションをご提供します。

◇グローバルネットワーク
 NTTデータグループの世界35カ国26000 人余りのグローバルネットワークで、
 お客様の海外での事業展開を強力にバックアップします。 またNTTデータグループの
 コンサルティング部門間の連携も生かし、日本・欧米・中国・アジアの4極において
 広範なコンサルティングサービスをサポートします。

  • 事業内容

    経営戦略・企業変革を実現するためのコンサルティングサービスの提供

  • 企業概要

    代表者代表取締役社長 高木 真也
    URLhttp://www.qunie.com/index.html
    設立2009年7月1日
    資本金95百万円
    売上高80億円
    従業員数500名
    株式公開非公開
    沿革1997年 2月  日本アーンスト&ヤングコンサルティング株式会社
            (後の日本キャップジェミニ、ザカティーコンサルティング)設立
    2004年 7月  株式会社NTTデータ システムデザイン(後のNTTデータビジネスコンサルティング)設立
    2009年 7月  ザカティーコンサルティング株式会社と株式会社NTTデータビジネスコンサルティングの
            戦略的合併により、株式会社クニエ設立
    2012年 8月 本社を赤坂見附に移転
  • 社員の声

    ・NTTデータからの出向者は1%に満たない割合で、99%以上は全てプロパー社員。
     組織 運営について、独立性が高く自由度もあります。
    ・中途採用者が9割を占め、経験豊富な社員が在籍しています。
    ・マネージングディレクターなどの上職位者や経営層と直接意見交換できる環境があります。

  • 求める人物像

    情熱、専門領域のスキル、グローバルに出ていくというマインドを持ち、英語力のある人。

  • キャリアパス

    若手のタイミングから特定の専門性に所属するキャリア構築制度。

    ◇コンサルタント
     限定された領域におけるプロジェクトオペレーションを行う。

    ◇シニアコンサルタント
     専門領域におけるプロジェクトオペレーションを行う。

    ◇マネジャー
     プロジェクトオペレーションコントロールと成果物品管理責任を負う。

    ◇シニアマネージャー
     案件獲得責任とプロジェクト成功責任を負う。

    ◇ディレクター
     案件獲得責任とプロジェクト成功責任を負うことに加え、組織の運営を補佐する。

    ◇マネージングディレクター
     顧客との関係構築、組織運営を行い、業績責任、案件獲得責任とプロジェクト成功責任を負う

  • トレーニング

    OJTだけでは得がたい知識やノウハウなどを、社員はOFF-JTという別の機会で得ています。
    一方で、過剰な研修メニューや計画は社員の自主性を削いでしまう可能性がありますので、
    適度なボリュームと網羅性を維持して社員への機会提供を行なっております。

    さらに、組織への貢献とモチベーション向上を目的として、多くの社員がOFF-JTの
    講師を経験しております。後輩への指導を行うことで、自らその内容に対する理解を
    深めることもできます。 さらに個々の社員において、専門性が異なるため対象者が
    少ない研修内容については、個人が自己研鑽の場を持てるよう様々な施策を検討しております。

    <例>
    ・現場でのOJT
    ・毎週行われる 教育プログラムにも自由参加
    ・OJTによる現場指導
    ・ロジカルシンキング
    ・コンサルティング方法論
    ・業界別知識研修
    ・海外研修(現地コンサルタントの指導のもと擬似プロジェクトを体験、
     数ヶ月間実際の現地プロジェクトへOJTで参画 など)

    *中途でも初年度は約300時間程度のトレーニングを行っている。新卒は800時間。1年間後にチーム配属。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから