Loading...

Company Information

企業情報

企業情報

株式会社コーポレイトディレクション(CDI)

CDIは欧米の合理的経営戦略思考を日本企業の経営に融合させることを基本テーマとしており、1986年に外資系戦略コンサルティングファームに在籍していたコンサルタント10名により、国内初の独立系経営戦略コンサルティング会社として設立。
当時の「経営戦略コンサルティング」はマッキンゼー、ボストン・コンサルティング・グループなどの外資系企業が強い分野でした。そうした中、日本をベースとする唯一の経営戦略専門集団として、より日本の企業文化に沿った経営戦略立案・実行を行うCDI の理念は、コンサルティング業界に大きなインパクトを与えました。
20年余に亘り、国内外の一流企業や官公庁の外部ブレーンとして実績を重ね、戦略系コンサルティング業界において規模・質両面でのリーディングファームへと成長を遂げております。

  • 事業内容

    ■経営戦略立案及び実施支援、並びに組織・体制/情報システムに関わるコンサルティング業務
    ■事業戦略、企業の買収・合併(M&A)に関わる戦略的提言及び仲介業務

  • 企業概要

    代表者代表取締役 石井 光太郎 /取締役  安島 孝知 /取締役 田村 公孝
    URLhttp://www.cdi-japan.co.jp/
    設立1986年1月
    資本金2億675万円
    売上高非公開
    従業員数60人(2015年10月現在)
    株式公開非上場
    沿革1986年 コーポレイトディレクションズ設立
  • 求める人物像

    CDI は、「Real Change Agent」足り得る資質を有している少数精鋭のみを新卒で採用し、入社したスタッフは全員マネジャー以上に育て上げる、という方針を採っており、新卒入社のスタッフの比率が6割以上と他の戦略コンサルティングファームと比べて非常に高くなっています。

  • キャリアパス

    キャリアパス コーポレイト ディレクション
    新卒入社の方は、主任からスタートします。主任の期間は、調査・分析を中心としたコンサルタントの基本動作を学ぶ「修行期間」です。基本的に入社後2年で副査に昇格しますが、その後の昇格スピードは本人の実力次第です。中途入社の方はそれまでの経験と実力により入社時のポジションが決定されます。
    主任(Associate)
    調査・分析とそこからの示唆抽出
    副査(Consultant)
    ワンパートのマネジメント
    主査(Manager)
    クライアント・リレーション
    ケース・マネジメント
    パートナー(Partner)
    コーポレイトディレクション(CDI)の経営
    新規ケース獲得
    クライアント・リレーション

  • トレーニング

    人材はコンサルティングファームの唯一で最大の資産と考えており、
    入社したスタッフ全員が一流のコンサルタントになるため、成長の機会を惜しみなく提供しています。

    【OJT方式】
    コンサルタントのトレーニングは、コンサルタントとしてクライアントの抱える問題と対峙すること、つまりOJTが基本です。OJTにおいては、先輩のコンサルタントが仮説構築のアプローチ、調査・分析手法、スライド作成方法などの指導を行います。

    【研修制度】
    入社後一ヵ月程度の新人研修に加え、プロジェクト経験の共有を目的とした勉強会(年数回)、外部講師やCDI コンサルタントが各専門分野についての発表を行う研究会(年2回)などを行っております。

    【入社時研修メニュー例】
    CDI コンサルタントとしてのマインドセット
    競争戦略、財務、マーケティング、多変量解析、情報システム
    ロジカルシンキング、情報収集、インタビュー、スライド作成
    過去プロジェクトの紹介

    【留学支援制度】
    MBAの取得など海外の大学への留学を希望するスタッフは、留学支援制度によって十分なサポートを受けることができます。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから