Loading...

Case Study

転職体験談 詳細

国内大手メーカーでの新規事業企画/経営企画からAccentureの経営コンサルタントへ転職

Plofile

H 様 (

Before 国内大手メーカー 新規事業開発 経営企画
After Accentureの経営コンサルタント
  • 前職はどんなお仕事をされておりましたか?

    総合電機メーカーで開発職を経験した後、新規事業開発や経営企画の仕事をしていました。

  • ご転職のきっかけについて教えてください

    前職で新規事業や経営企画の仕事をしながら、企業の変革にかかわる醍醐味を感じるようになり、社内のプロジェクトが一区切りのタイミングでキャリアを考えたときに、次のフェーズではより多くの企業の変革に貢献できる仕事をしたいと考えました。
    また、様々な業界の垣根を超えた事業が出てくる中で、自社だけ、1業界だけの経験では、今後太刀打ちできないのではないかと考え、様々な業界・企業の変革に携われるよう、転職を検討するようになりました。

  • 何故その中でコンサルタントを志向するようになったのでしょうか?

    上記理由で転職を考えたときに、企業の変革に関わることができ、様々な業界の知見を獲得できるのはコンサルタントだと考えました。

  • エージェントは何社位活用されましたか?

    面談は5社です。その内実際に選考に進んだのは2社です。

  • その中で当社をご活用頂いたのはなぜですか?

    コンサルティング業界に関して、他のエージェントよりも知見を持たれており、より深いアドバイスやケース問題等のコンサル業界独特の選考方法への対策講座なども提供いただけた為です。コンサル業界の面接で出されるフェルミ推定やケース問題は不安も持っていたので、対策を提供いただけたことは大変有難かったです。
    また、今回は担当いただいた方が希望企業出身で、実情をよく知り、私の転職の意向を理解頂いた上で、本当にその企業がフィットするか、転職すべきかをフラットにアドバイスを頂けたことがとても有難かったです。

  • 転職活動時の自身の進め方で、今後の方の参考という点で良かったと感じたところはありますか?

    自分の知っている範囲に閉じて選択肢を狭めないよう、多くのエージェントの方や企業の方と面談を実施し、いろいろな可能性を考えた上で転職先を検討できたことが良かったと思います。

  • 転職活動時に感じた不便さや困難さは何ですか?

    複数の企業にエントリーしていた際のスケジュール調整です。企業毎に選考スピードがばらばらであり、1社から頂いたオファーの回答期限までに、迷っているもう1社の選考が終わらない可能性がありました。

  • それをどう解消、乗り越えましたか?

    エージェントの方や知人と話し、本当に入社したい会社はどちらなのかを整理していきました。また企業の担当者の方にも正直に悩んでいることとその理由をお話し、回答期限を延長できないか相談しました。幸い今回の企業の担当者様は理解してくださり期限を延ばしてくださいました。

  • 活動を振り返って「もっとこうすればよかった」と思うことはありますか?

    意外に退職手続きや入社手続きに時間がかかるので、入社時期に余裕を持たせておけばよかったと感じました。

  • 転職活動をする人に一言!

    転職に関していろいろな情報が出回っていたりして迷うことも多いと思います。その多くが曖昧な情報であったり、詳細に踏み込めていなかったりします。ご自身が信頼できる知人や、エージェントの中でも紹介企業や業界を良く知り、信頼できると感じた方と深く相談をして、後悔の無い転職にできるようがんばってください。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから