Loading...

Case Study

転職体験談 詳細

スピード感のあるプロモーションと更なるスキルUPを求めてファームへ転職

No Image

Plofile

K.Y 様 (

Before 国内大手Sler
After 外資系コンサルティングファーム コンサルタント
  • 前職はどのようなお仕事をされていらっしゃいましたか?

    国内大手SIerにてシステム開発のプロジェクトマネジメントをしていました。

  • ご転職のきっかけについて教えてください。

    前職では、ニッチなPKG製品をSIしている部署でありながら、事業としては息が長いので、このままでは自身のスキルセットが非常に狭い領域に特化してしまうのではないかと危機感を感じていました。
    一方で、部署全体としては特に危機感はなく、変化を受け入れ難い空気であったため転職を考えるようになりました。

  • その中でコンサルタントを志向するようになったのはなぜですか?

    前職との親和性、若手の昇進スピード、スキルセットのスケールを考慮した結果、コンサルタントが最適解だと考えました。

  • ご転職活動の情報収集はどのように行いましたか?

    エージェントからの情報と実際にコンサルティングファームで働いている友人からの情報を主に活用していました。

  • エージェントは何社ほど活用されましたか?

    エグゼクティブリンクを含めて3社に登録しましたが、実際に選考を進めたのはエグゼクティブリンクのみです。

  • 当社のサポートを受けてみていかがでしたか?  (忌憚ない処を仰って下さい)

    エグゼクティブリンクで選考に進めたのは理由があります。それは、担当の五十嵐さんです。たまたま前職が同じ会社であり、こちらの想いをよく理解していただけました。
    また、転職というゴールありきではなく、私のキャリアについて一緒に考えていただけたこともエグゼクティブリンクを活用した大きな要因です。当初、コンサルティングファームに転職することに多少の迷いもありましたが、五十嵐さんとの対話により決断することができました。

  • ご転職活動の際に気をつけていたことはありますか?

    選考を受けるコンサルティングファームのIRや関連書籍に目を通す等です。相手を入念に調べることはコンサルタントとして基本的なコンピテンシーであると考えたからです。

  • 転職活動時に感じた不便さや困難さは何ですか?

    職場には転職活動をオープンにしていないので、スケジュール調整が困難でした。丁度、プロジェクトが炎上しかけていたので緊急対応もしばしば発生していました。
    そのため、何度か面接をリスケジュールをし、五十嵐さんにもご迷惑をおかけしました。ですが、五十嵐さんに状況を報告し、その都度ご相談していただき対応してもらえました。自分一人では困難だったと思います。

  • ご転職活動を振り返って「もっとこうすれば良かった」と思う事はありますか?

    第二新卒でない限り、やはりある程度の即戦力は求められると感じました。そのため、現職とコンサルタントとの親和性をアピールできる材料をもっと用意すれば、選択肢が増えたと思います。

  • 転職活動をする人に一言!

    まずは行動することが大事です。自分の足を使って情報を収集し、色々な方に相談してみると自分の本当の想いが浮かんでくるかもしれません。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから