Loading...

Case Study

転職体験談 詳細

広く社会の課題解決ができるキャリアを志向し、外資系ファームへ転職

Plofile

S 様 (

Before 大手事業会社
After 外資系ファーム 経営コンサルタント
  • 前職はどんなお仕事をされておりましたか?

    営業や事業管理等、1~3年のサイクルで複数部門での経験を積んでいます。特に直近では、新規業務の構築や、プロジェクト管理の立場を担いました。

  • ご転職のきっかけについて教えてください

    事業会社で色々な部署に携わり、組織の変革を目指して色々な取り組みに挑んできましたが、組織や人の壁の大きさを感じたことがきっかけです。あるべき組織の姿に導ける自身になるために、よりスキルを磨きたいと漠然と考えるようになりました。

  • 何故その中でコンサルタントを志向するようになったのでしょうか?

    これまでの取り組みを振り返った時に、いずれの部署においても、業務の整流化や組織の最適化を念頭に足元の改善に地道に取り組み評価されてきた自身の強みに気づき、今後は、ひとつの会社にこだわらず、広く色々な会社に対し課題解決にかかわっていく形にキャリアチェンジしてみたいとの関心が深まるようになりました。

  • エージェントは何社位活用されましたか?(面談だけの会社も含む)

    2社

  • その中で当社をご活用頂いたのはなぜですか?(忌憚ない処を仰って下さい)

    育児中である制約があるため、他のエージェントは、コンサル業界自体を積極的に勧められない様子でした。他方、こちらにおかれては、最新の業界の動向や採用の実態を熟知されており、現在は無理なく働ける環境であることがわかったことが一歩踏み出す後押しとなりました。

  • 実際にサービスを受けてみてどうでしたか?選考プロセスの中で役立った点がございましたら記載願います。

    初めての面談時には、コンサル業界を受けることの是非すら判断できていなかった状態でしたが、短期間で端的に情報をいただき、面談からオファーまで1か月半とスムーズに調整いただけ大変助かりました。

  • 転職活動時の自身の進め方で、今後の方の参考という点で良かったと感じたところはありますか? 

    面接対策(ケース面接等)をどこまでやるべきか、という不安があったのですが、私の場合は、自身の経歴、現状の(自身や所属組織に対する)問題意識、それを今後志望企業にてどうしていきたいか、の3点を明確にできていたことが、そのまま面接官とのスムーズなコミュニケーションに生かされたのが成功したポイントだったと思います。面接官も、形式的な進め方はせず、これらのポイントを軸に色々と話を引き出してくださったので、あらたまったケース問題等はありませんでした。他方、私の話ぶりからコンサルタントとしての素養や人間性を判断してくださったのではないかと思います。

  • 転職活動時に感じた不便さや困難さは何ですか?

    短期での転職活動だったため、情報収集、自己分析や面接対策が不十分ではないかとの不安がありながらの選考でした。

  • またそれをどう乗り越えましたか?

    事前にエージェントから共有されていた対策資料をもとに、私のおかれている状況(事業会社で10年弱働いたタイミングでの転職、育児中)をふまえ、面接官が何を聞いてくるかを予め想定し、明確な回答、考えをもっていたことで、過度な緊張をせずに済みました。また、想定したとおりの質問は必ず出たため、そこで自分らしさを発揮できたことで自分にあった会社を見つけることができたと思います。

  • 最後に、今回の転職活動を総括して、ご感想を教えてください。

    初めは、ともかく受けてみてから考えよう、との気持ちで一歩踏み出しましたが、動く中で自身のキャリアイメージもより明確になり、よい結果に繋がりよかったです。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから