Loading...

Column

特集記事 詳細

業務系SEのITコンサルタントへのキャリアパス

Post Date2015-10-14 /
CategoryIT・デジタル特集

業務系SEの方のキャリアの方向性は、大別しますと、①マネジメント経験を積み上げていく「プロジェクトマネージャー」、②特定技術の専門家としてシステム構築に携わっていく「アーキテクト」、③企業の経営課題をITの側面から解決をしてゆく「ITコンサルタント」に分かれています。
また、上記職種の中でも、事業会社内で活躍するのか、またはコンサルティングファームで腕を振るうのかによっても大別する事が出来ます。
本特集では、特に「業務系SEの方のITコンサルタントへのキャリアパス」について触れていきます。

業務系SEからITコンサルタント転職の必要経験

業務系SEからITコンサルタントになるためのキャリアパスとしては、一般的には、SEとしてシステム開発(設計・開発・移行・テスト・保守運用など)の経験を積み、その後、要件定義・分析などの上流フェーズを経験してからITコンサルタントになるケースが多いです。
各ファーム求める経験が若干異なりますが、原則はITコンサルタントのポテンシャル採用でも、ある程度の上流工程の経験を求められることがあります。
第2新卒位の若年層の採用であれば、システム開発における基本設計以降の下流工程の経験のみでもポテンシャルを買われて採用に至るケースがあります。

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントは、顧客の経営ビジョンやビジネス戦略、業務改善案などを提案することで、情報システム部門だけではなく、経営層にまで関与してゆく仕事です。IT戦略の実現を担う重要なポジションとして多くの方がご志向されるポジションでもあります。

その中でもITコンサルタントを大別しますと、以下の様に分かれると言えます。

  • 金融、官公庁、製造流通、通信ハイテクなどの業界知識に強みがある、業界(インダストリー)経験に強みを持つITコンサルタント
  • IT企画やビジネスプロセスに軸足を置き、業務領域(会計SCM/CRM、HCM、セールスなど)に強みを持つITコンサルタント
  • 先端技術やERPなど特定のITテクノロジーに強みを持つITコンサルタント

どの方向性でキャリアを描きたいかにより、転職先のポジション、高めていく経験が異なってきます。

業務SEがITコンサルタントになる為の必要経験

ITコンサルタントはITスキルだけではなく、会社経営に関する知識を必要とし、「論理的思考力」「問題解決能力」が求められます。また、「絵に描いた餅」にならぬように、実現性のある提案の裏づけには、実現可能な技術を知っていることが求められます。

転職を確実なものにする為に

SEの方がコンサルタントに転職をする場合に気を付けなければいけないのは、ご自身が求める業務内容(キャリアパス)と転職成功可能性とのバランスです。

コンサルタントポジションへの転職はキャリアチェンジにもなる為、やりたい事ばかりに気を取られてしまいますと、適切なキャリアステップを踏めない事もあります。ただ、勿論、望むキャリアがあってのご転職ですから、その折り合いをつける必要があります。適切な相談、サポートを受けてご転職活動をされることをお勧め致します。

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

Other Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから