Loading...

Case Study

転職体験談 詳細

国内大手証券の投資銀行部門よりPwCアドバイザリーのシニアマネージャーへ転身

Profile

A.K 様 (

Before 国内大手証券の投資銀行部門
After PwCアドバイザリーのシニアマネージャー
  • 前職はどんなお仕事をされていましたか?

    国内大手証券会社の投資銀行部門にて、株式の引受及びM&Aに関するオリジネーションからエクセキューションまでを担当していました。

  • ご転職のきっかけについて教えてください

    M&Aの分野でより専門性を深めていきたいと感じたことがきっかけです。

  • 何故その中でコンサルタントを志向するようになったのでしょうか?

    M&AのオリジネーションからPMIまで一気通貫して関われる組織に属したいという思いで転職先を探していたことから、現状の私自身の経験を活かしながらもM&Aの領域を深く体得していけると感じた職種が今回のコンサルタント職であると判明したためです。

  • エージェントは何社位活用されましたか?(面談だけの会社も含む)

    面談だけも含めると、今回の転職活動全体では4社程活用しました。

  • その中で当社をご活用頂いたのはなぜですか?(忌憚ない処を仰って下さい)

    FAS含めたコンサルティングファームへのネットワーク、転職支援実績にたいへん魅力を感じたからです。また担当エージェントの坂田さんとは、過去経歴含めた個人的な繋がりが強く、とても親近感が持てたためお任せすることにしました。

  • 実際にサービスを受けてみてどうでしたか?選考プロセスの中で役立った点がございましたら記載願います。

    各プロセス(応募先選定、書類作成、面接対策、面接調整、年収交渉)においてきめ細やかにアドバイスを頂き支援をして下さったので、たいへん助かりました。特に年収交渉の局面においては、自身の希望を上回る条件を引き出して下さり、とても満足しております。

  • 転職活動時の自身の進め方で、今後の方の参考という点で良かったと感じたところはありますか?

    面接の中では、もちろん応募した企業の嗜好に配慮した回答を用意することも重要だと思いますが、取り繕いすぎず型にはまり過ぎず、自身の経験や実績、物事への考え方を素直に伝えていくことが、先方とのミスマッチも軽減・解消できると思います。その点は重要だと個人的に考えています。

  • 転職活動時に感じた不便さや困難さは何ですか?

    前所属企業もかなり忙しかったので、その中で数多くの面接をこなしていくのは非常に困難でした。

  • またそれをどう乗り越えましたか?

    モチベーションを維持することで、乗り越えました。自分が転職を考えたきっかけに立ち返り「自分に必要なことだから進めているんだ。」と思い続けることだと思います。それが出来ないのであれば、恐らく現職に留まった方が良いのではないかと思います。

  • これから転職を検討される方へ一言

    これまでのキャリアの棚卸を行い、今後希望するキャリアを明確にして、後悔の無い転職活動を行ってもらえればと思います。
    もし、コンサルを志望されるようでしたら、エージェントは株式会社エグゼクティブリンクを利用されることをお勧めいたします。転職希望者に対して、真摯に向き合い、きめ細かな対応をして頂けると思います。

弊社で転職相談を実施するメリット

充実したサポート体制に
よる高い顧客満足度
業界出身者による丁寧な業界分析や、充実した「面接対策サポート」、密なコミュニケーションなどにより、お客様より高い評価をいただいております。※詳細は転職体験談をご覧ください。
転職相談者への中立的な
キャリア相談
転職相談に来られる方に対し、1人1人のご経験やご志向・ご事情に添って、転職を必ずしも選択肢としないキャリア相談を提供させていただきます。
高い内定率と
高年収決定
ファーム内定者年間500名を誇り、「GOOD AGENT RANKING」(450社以上)にて、平均決定年収部門『第1位』の表彰をいただいており(2018年度)、ハイクラスの転職支援においても高い内定率をあげております。
コンサル業界出身キャリア
エージェント多数在籍
コンサルティング業界出身者・VC出身者が多数在籍し、豊富な業界知見と多くのコネクションに加え、クライアントの立場も踏まえた生きた情報をもとに、ご支援いたします。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから