Loading...

Case Study

転職体験談 詳細

3年目のキャリアステップを計画しエンジニアからファームへ転職

Plofile

K.K 様 (

Before 富士通株式会社 SE
After 監査法人系コンサルティングファーム コンサルタント
  • 前職はどんなお仕事をされていらっしゃいましたか?

    主に大手金融機関向けの基幹システム開発に関する、 プロジェクトリードや開発標準仕様の策定を行っていました。

  • ご転職のきっかけについて教えてください。

    現職の入社時に3年を一つの目処として設定しており、3年経った時に、再び自分にこの仕事を続けていくのか、問い直したことが最初のきっかけです。
    そして、何故転職活動を進める判断を下したかというと、より成長したい、変化の大きい環境に身を置いていたい、という自らの欲求をより満たせる環境があるのであれば飛び込むべき、と考えたからです。
    SEの仕事はフレームワークが決まっていて、コンテンツが変化してもやることは変化しないことが多いと感じていましたので、より幅広いチャレンジングな仕事に没頭したいと思いましたね。

  • その中でコンサルタントを志向するようになったのはなぜですか?

    先ほどお話した理由で転職を考えましたので、よりクライアントの本質的な課題に近い上流のテーマを、短いスパンで多くのプロジェクトにて経験するコンサルティングの世界に興味を持ったのは必然だったと思います。

  • 実際に転職活動における情報収集はどの様に行いましたか?

    コンサルティング、監査法人に転職した知り合いの方に連絡をとり、お話を伺ったことがスタートです。SEから転職した方を含め計4人の方にお話しを伺いました。

  • エージェントは何社ほど活用されましたか?

    何社か話は聞きましたが、活用したのはエグゼクティブリンクさん1社でした。

  • その中で当社をご活用頂いたのはなぜですか?(忌憚ない処を仰って下さい)

    偶然ですが、担当の五十嵐さんと前職が同じだったので、会社(前職)に対する想い、キャリアアップへの考えなど共有できる部分が多くあったことが一点あります。
    また他のエージェントさんのなかには押し気味でグイグイこられて、疑心暗鬼を感じることもあった中、一方で五十嵐さんは冷静に、常にフラットな状態で見てくれて、親身に相談に乗ってくれた点がもう一つの理由です。
    また私が困っているときに、すぐに答えを提示してくれるのではなく問いかけながら答えを導いてくれることで、自分で気づきながら進めていけた点が印象に残っていますね。

  • 転職活動を進める上で、もっとこうすれば良かったという点はありますか?

    面接時の話し方はもう少し気をつければよかったと思います。単語だけイメージして話が冗長になっていたり、クライアントの課題を一パターンしか考えておらず面接のディスカッション時に慌てて考えたりしたので、より事前に考えを論理的に整理し、深掘りしておけば良かったかなと思います。

  • ご転職活動を振り返って「得たもの」はありましたか?

    自分自身がどういう考えを持って仕事しているのか、クライアントの課題に対して本質的に何をすべきなのかといったことを、普段から意識していなければいけないなと気づかされたことは本当に良かったです。それから働き方が変わりましたね。

  • これから転職活動をされる方へ一言!

    着飾らずに頑張ってほしいなと思います。自分自身を盛ったり作ったりするのではなく、自分の経験をベースにして率直に話すべきだと思います。そうすることで、転職した後にもギャップが生じることもないと思いますので、ぜひ自分の思いを率直に話してほしいと思います。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから