Loading...

Case Study

転職体験談 詳細

金融業界知見を活かし外資ファーム金融コンサルへの転職

Plofile

T.O 様 (

Before 三井住友海上火災保険株式会社 営業職
After 監査法人系コンサルティングファーム コンサルタント
  • 前職はどんなお仕事をされていらっしゃいましたか?

    担当企業へのリスクコンサルティングおよび保険提案を行っておりました。

  • ご転職のきっかけについて教えてください。

    前職の会社と保険業界全体の将来性への懸念があり、そこへ自分が身を置き続けることへの疑問を感じたことが転職を考えたきっかけです。
    それに加えて、前職では今後何年間かずっと同じ業務の経験を積む展望が見えていたので、そこで自身の成長に停滞感が生まれてしまうことへの心配もありました。前職にて仕事の流れを一通り理解したところで、抜け出せなくなる前のタイミングで早めに新しい環境でのチャレンジを目指すことを決断しました。

  • その中でコンサルタントを志向するようになったのはなぜですか?

    転職を考えた際に、前提として待遇を落とさずに、自分の身一つで勝負できる世界で、顧客の課題解決を行うことを志向しましたので、自然とコンサルティング業界が選択肢になりました。
    上記のような思いを持ってエグゼクティブリンクとの面談に臨んだ結果、やはりコンサルティング業界が自らの考えと合致することがハッキリしたので、コンサルティング業界に絞って転職活動を進めました。
    また、将来的にやりたいことが明確にあるわけではない現状で、この先何かやりたいことが定まった時にすぐに飛び込んでいけるようなスキルを持つために、コンサルティング業界で自らを磨くことが最適であると考えたという側面もあります。

  • 実際に転職活動における情報収集はどの様に行いましたか?

    インターネットで少しだけ下調べはしましたが、思い立ってすぐにエグゼクティブリンクとの面談に臨んだので、情報収集の面でもほぼお願いしたような形です。

  • エージェントは何社ほど活用されましたか?

    エグゼクティブリンクのみです。

  • エグゼクティブリンクのサポートはいかがでしたか?

    転職媒体に登録してはいましたが、転職に向けて具体的に動き出そうとした時にタイミングよくエグゼクティブリンクからメールが来たので、面談をお願いしました。
    前職の業務都合上、時間の制約があったので、そもそも複数のエージェントにお願いしようとは考えていませんでしたが、夜遅くか土日しか連絡が取れない中で柔軟に対応してもらえたり、案件のサーチや日程調整の作業を代理してくれたことは非常に助かりました。
    また対策という面で、面接前にどういうことが聞かれるのか、どういった会社なのかをインプットして頂けたことは役に立ちました。

  • ご転職活動で気を付けていた事はありますか?

    転職活動に限った話ではありませんが、「相手が何を求めているか」を意識して話をするということを徹底していました。
    面接では面接官が何を求めているかを、エージェントとの面談では何を話せば自分の希望や経験を理解してもらえるかを意識して臨んでいましたね。

  • ご転職活動を振り返って、「もっとこうすれば良かった」と思う事はありますか?

    私の場合はですが、前職に勤務しながら転職活動を進めていたので、時間の制約が非常に厳しかったということがありました。
もし次回、コンサルタントして転職活動を行うとしたら、退職をして時間の余裕がある中で行うことも良いかなと考えています。

  • 事業会社とコンサルティングではどのような違いがありますか?

    事業会社とコンサルティングでは、スピード感に違いがあります。コンサルティングはプロジェクトに納期があり、工程表を作成してそれに沿って管理していくという業務スタイルですが、前職での営業経験では異なるスタイルだったので、その進め方に初めて触れた際は「シビアなスピード感が求められるな」と感じました。
    また、ロジカルシンキングの重要性も増します。資料作成においても普段のコミュニケーションにおいても、相手に伝わるように一つ一つのメッセージのつながりを意識してロジカルに行う必要があります。
    加えて、自分でノウハウやスキルを身につけに行くという姿勢が求められることも違いとして挙げられると思います。お仕着せの研修プログラムのようなものは無いので、早いキャッチアップのためには、時間を見つけてeラーニングの受講や書庫にある資料などを読み込むことが必要とされますね。

  • これから転職活動をされる方へ一言!

    中途でコンサルタントとして採用してもらうためには、自らの強みを明確にすることが求められると思います。企業側からすると、ポテンシャルだけを見るのであれば新卒を採用すれば良いので、採用される側としてはやはり社会人経験の中で強みとなるスキルや知識を持っていることを見せる必要があります。
     私自身は保険業界の経験を整理し説明できたことが内定を獲得できた最大の要因となったと感じています。もちろんポテンシャルとしての能力をアピールすることも重要ですが、何よりも自分が培ってきたことを言葉にすることが出来れば良い結果は自ずとついてくると思います。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから