特集|KPMGコンサルティング – Technology – インタビュー

KPMG_tech_インタビュー_トップ

本日はKPMGコンサルティングにてTechnology領域のコンサルティングをリードする、林 泰弘様と堂野 心悟様にインタビューの機会を設けていただきました。これまでのご経歴や業務内容、一緒に働きたい人材像などについてお話しいただきました。

Ⅰ. ご経歴について

Q:まずお二人のこれまでのご経歴についてお伺いさせて下さい。

林様:大学を卒業後、神戸製鋼にて主に新規事業部門の企画に携わった後にアーサー・アンダーセン(現アクセンチュア)に入社し、そこからずっとコンサルティング畑を歩んできています。

特に公共向けのITコンサルティングを中心にキャリアを積み、某立法機関の基幹系システムの開発、運用から始まり、国土交通省のCIO補佐官なども務めて来ました。アクセンチュアではアナリティクス部門の立ち上げにも携わっていたため、縁があってKPMGコンサルティングに入社してからは公共機関向けITコンサルティングに加え、先端テクノロジー活用に係るコンサルティングをリードしています。

 

堂野様:大学院を卒業後、大手SIerにて主に民間のクライアントを対象としてオープン系システムの開発に携わりました。その後、会社の合併に伴い経営企画本部に異動、PMI活動を推進した後、KPMGコンサルティングに入社しました。

元々コンサルティングには興味を持っていましたが、ITの現場でスキルを磨いた後にその門を叩こうと決めていました。入社してからは、林と共に公共機関向けのITコンサルティング領域を担当しながら、先端テクノロジーの活用にも携わっています。

 

 

Ⅱ.KPMGコンサルティング テクノロジー領域について

 Q:KPMGのテクノロジー領域における取り組みについて、教えてください。

林様:主に取り組んでいる分野は①アルゴリズムを用いたビジネス変革、②ブロックチェーン(分散台帳技術)を用いた新規サービス企画、③ITアーキテクチャーの企画構想/技術型PMO支援、④Mixed Reality(複合現実)を用いたワークスタイル変革、⑤量子コンピュータのビジネス利用検討、の5つです。

5つの分野のうち直近で特に力を入れているものは、他ファームとの差別化を意識し①アルゴリズムを用いたビジネス変革、③ITアーキテクチャーの企画構想/技術型PMO支援としています。しかし一方で、⑤量子コンピュータのようにまだ実用段階にないテクノロジーに関しても、データ量の増大傾向やハードウェアの処理性能向上の限界が見えている現時点で先んじて経験を積むことが未来の差別化要因に繋がると考えていますので、技術の有効性の見極めやアライアンス先の選定を意欲的に進めている状況です。

この5つを検討する際に重要な観点としては「業務/サービスの将来像の描画」「投資対効果検討」「リスク分析」「スケジュール策定」「実行支援/PMO」であり、従来からのITコンサルティングと観点に大きな違いはありません。ただ、KPMGコンサルティングとしてはテクノロジーを”商品”としての側面よりも技術要素としての理解があることを大切にしていますので、経営者にうったえかけるストーリー作り、資料作成に加えて、実際にデモシステムを作って将来像を動かして検討を行うことを重視しています。

また先端技術活用という特性上、クライアントにおいては初めての取り組みとなることが多いため、ステップを踏んで丁寧に合意形成を行うこと、並びに運用における業務負荷を正確に提示することを徹底し、導入の不安を解消することも大切にしています。

Q:KPMGコンサルティングの強みについて

堂野様:クライアントとどれだけ深い信頼関係を築けるかどうかという面で、会社と会社の繋がりではなく、個と個の繋がりを大切にしていることが挙げられると考えています。そのために私たちは、常日頃からクライアントに近い立場でクライアントの目線に立って、クライアントの期待を超えた動きが出来る様に尽力しています。

極端に言うと、KPMGコンサルティングがクライアントから支持していただいている理由は、「どこの会社の人間か」という観点よりも、個人として信頼関係を築くことが出来ているからだと思います。 

林様:これはテクノロジー領域だけではなく全体に言える話ですが、KPMGコンサルティングは他のファームと違って良くも悪くもコンサルタントに求める「理想のコンサルタント像」はなく、それぞれ違った強みを持つコンサルタントが伸び伸びと力を発揮するチームになっています。

一人ひとりが違った自分の武器を持っていて、それをチームの中で活かして戦うことが出来ている組織ですので、結果として幅広いクライアントから評価を頂いているのではないかと感じています。

Q:KPMGコンサルティングのテクノロジー領域の未来像について教えてください。

林様:最も大切にしていることは、先端的なテクノロジーを活かして、クライアントに”驚き”と”共感”を届けることです。クライアントに「いいね」と言って頂けるような提案を自分達がどれだけ準備を出来るのか、といった点に非常にこだわっています。

提案の質を向上させるために、クライアントだけではなく我々のメンバーも含めて”共感”をどんどん強くしてくことがとても重要だと思っていますので、先端テクノロジーに携わるコンサルタントの人数を近い将来に100名規模へ拡大したいと個人的には思っています。

100人がそれぞれの強みを持って、グローバルとも連携しながら日本だけでなくアジアのマーケットを視野に、様々な角度から”共感”を巻き起こすことが出来る組織を目指したいです。

そして、コンサルティングファームにおけるテクノロジー領域のあり方もこれから変わっていくと考えています。従来のコンサルティングでよく見られたような、経営戦略を立てて、オペレーション戦略を作って、IT導入計画を立てるような段階的なコンサルティングは、コモディティ化していてクライアントは価値を見出しにくくなってきています。

クライアントは自社にない発想や観点を求めており、圧倒的なスピードで進化を続けるテクノロジーを起点にして経営にインパクトを与えるようなコンサルティングは、まさにその要望に応えることが出来るテーマです。

Ⅲ. 求める人物像について

Q:一緒に働きたい方の人物像について教えて下さい。

堂野様:私は、特にマインドの面を重視しています。先の話に出たように、KPMGコンサルティングには「理想のコンサルタント像」という型が良くも悪くも無いので、向上する意欲を持ちプロアクティブに考え行動することが何よりも重要な素養となります。自分なりのコンサルタント像を確立し、プロフェッショナルとして全力でクライアントに価値を提供したいと思う方とは是非一緒に働きたいと思っています。

特にキャリアを積んでから入社される方に関しては、それまでの経験に引きずられる事なく、新しい目線で、KPMGコンサルティングで何が出来るのかを追求して欲しいと思っていますし、そうした方が活躍していると思っています。

林様:私も学習意欲の高さはとても重視していて、それは「自分は出来ていない」という危機感や問題意識から来るものと考えています。

堂野様:私も危機感は常に持っています。プロフェッショナルとしてクライアントに対して「より高い価値を提供したい」という想いがあれば、自然と今の自分に足りないものを追及し補おうとする姿勢が生まれるはずです。今の私にはそれが危機感という形で表れているのだと思っています。

林様:適切に危機感を持ち、自分の事を掘り下げて考えることが出来ている方は、年齢に関係なく活躍しています。ぜひそういった方に来て頂きたいと思います。

Ⅳ. 候補者の方へメッセージ

Q:KPMGコンサルティングを目指される方に、メッセージをお願いします。

堂野様:KPMGコンサルティングは発展途上の会社であり、誤解を恐れずに表現するのであれば、ベンチャー企業のような会社ですので、短いスパンでどんどん変化が起きています。

そんな組織で「何かを為し得たい」「ひと旗上げたい」という意欲を持っている方には、非常に刺激的で楽しめる環境だと思います。時には自らの能力を超えた役割を任されることもありますが、”One of Them”にならずに自らを引き上げるにはうってつけの環境だと自信を持って言えます。

林様:プロジェクトテーマの面から、先端テクノロジーに関わるプロジェクトの割合が多いことは特徴になると思います。現時点でも8~9割(※1)のコンサルタントが何らかの形で先端テクノロジーに関わるプロジェクトに携わっています。そして、これからもその割合は増えていく傾向にありますし、先端テクノロジーに関する経験がなくても意欲を持った方には任せようという考え方でアサインを決めています。そのため、例えばERP導入が主なキャリアで専門知識を武器としていたけれどもこれからは自身のケイパビリティを広げていきたい、という意欲を持った方にはとても良い環境かと思います。

ちなみにそういったアサインの考え方には目的があります。コンサルタントとして将来的に経営者と対峙することを目指した時に、新しい分野に無理矢理にでも取り組むことは思考のパターンを増やして視野を広げるよい経験になり、成長において重要な意味を持つと考えているので、積極的に任せるようにしています。

先端テクノロジー分野を中心として自身の経験の幅を広げ、コンサルタントとして成長する意欲を強く持つ方と、”共感”を広げる組織をぜひ一緒に作っていきたいと考えています。

 ※1:テクノロジー領域の中で、「研究開発型テクノロジー・コンサルタント(Advanced Innovative Technology/Process & Technology consultant)」と「ITストラテジー&ガバナンス 業務プロセス・システムコンサルタント(IT Strategy & IT Governance / Process & Technology consultant)」のアーキテクチャチームに所属しているコンサルタントの中での割合。

プロフィール

パートナー 林 泰弘さま(Yasuhiro Hayashi)

大学を卒業後、神戸製鋼にて主に新規事業部門の企画に携わった後にアーサー・アンダーセン(現アクセンチュア)に入社し公共向けのITコンサルティングを中心にキャリアを積み、アナリティクス部門の立ち上げにも携わったのちにKPMGコンサルティングに入社。現在は公共機関向けITコンサルティングに加え、先端テクノロジー活用に係るコンサルティングをリード。 

シニアマネージャー 堂野 心悟さま(Shingo Dono)

大学院を卒業後、大手SIerに入社し、オープン系システム開発ならびに経営企画を経験し、KPMGコンサルティングに入社。主に公共機関向けのITコンサルティング領域と先端テクノロジー活用に携わる。

 

KPMG_Tech_林様_堂野様_五十嵐

インタビュアー:エグゼクティブリンク 五十嵐

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や
面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

ファーム転職支援

 

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。 非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

top_mail_banner

約1分で完了!転職支援サービスのお申込みはこちら
利用者の声 User's voice

セミナー

  • 現在開催予定のセミナーをご紹介します。採用ニーズの高いポジションのためお見逃しなく!
  • 最新の採用イベント・セミナー情報はこちらをご覧ください
  • 個別キャリア相談会

PickUp

  • 弊社の新着情報、受賞実績等をご紹介します。
  • Recruit GOOD AGENT Award 2017 金賞受賞
  • DODA Valuable Partner  Award 2017 受賞

スペシャルインタビュー

  • エグゼクティブリンク独占インタビュー!業界トレンドから求める人材まで一挙公開
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)戦略部門、イノベーション&インキュベーション室、人材開発室の部門長に、同社ならではの魅力をお伺いしました。
    三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)戦略部門、イノベーション&インキュベーション室、人材開発室の部門長に、同社ならではの魅力をお伺いしました。
  • KPMG FAS インタビュー Integration and Separation部門のパートナーに組織の未来構想と魅力をお伺いしました。
    KPMG FAS インタビュー Integration and Separation部門のパートナーに組織の未来構想と魅力をお伺いしました。
  • PwCコンサルティングの各部門の パートナー・SMの方に、業務内容や欲しい人材像をお伺いしました!
    PwCコンサルティングの各部門の パートナー・SMの方に、業務内容や欲しい人材像をお伺いしました!
  • シグマクシスのP2シェルパ、デジタルシェルパのマネージングディレクター、マネージャーの方にお話をお伺いしました。
    シグマクシスのP2シェルパ、デジタルシェルパのマネージングディレクター、マネージャーの方にお話をお伺いしました。
  • 経営共創基盤 IGPIカンパニー パートナー マネージングディレクターの浜村様にお話をお伺いしました。
    経営共創基盤 IGPIカンパニー パートナー マネージングディレクターの浜村様にお話をお伺いしました。
  • NTTデータ経営研究所のパートナー、アソシエイトパートナー、シニアマネージャーにお話を頂きました。
    NTTデータ経営研究所のパートナー、アソシエイトパートナー、シニアマネージャーにお話を頂きました。
  • KPMGコンサルティング テクノロジー部門のパートナー・SMの方にお話をお伺いしました。
    KPMGコンサルティング テクノロジー部門のパートナー・SMの方にお話をお伺いしました。
  • PwC strategy& パートナーをインタビュー!組織概要、業務内容についてお伺いしました。
    PwC strategy& パートナーをインタビュー!組織概要、業務内容についてお伺いしました。
  • アクセンチュア トップインタビュー!各部門のマネジングディレクターに組織の未来構想と魅力をお伺いしました。
    アクセンチュア トップインタビュー!各部門のマネジングディレクターに組織の未来構想と魅力をお伺いしました。
  • 監査法人トーマツ アドバイザリー事業本部 アシュアランスインタビューのパートナー・SMの方にお話をお伺いしました。
    監査法人トーマツ アドバイザリー事業本部 アシュアランスインタビューのパートナー・SMの方にお話をお伺いしました。
  • 『代表取締役社長』独占インタビュー企画 & マネージャーSPインタビュー企画の2本立て!
    『代表取締役社長』独占インタビュー企画 & マネージャーSPインタビュー企画の2本立て!
  • アビームコンサルティング『戦略ビジネスユニット』トップインタビュー!経営戦略・経営改革の両セクターのプリンシパルにお話をお伺いしました。
    アビームコンサルティング『戦略ビジネスユニット』トップインタビュー!経営戦略・経営改革の両セクターのプリンシパルにお話をお伺いしました。
  • 社会システムのデザインを行うプロフェッショナルファーム「イーソリューションズ」事業部長に独占インタビュー!
    社会システムのデザインを行うプロフェッショナルファーム「イーソリューションズ」事業部長に独占インタビュー!

企業特集

  • コンサル業界を牽引するファームをご紹介します。注目ポジションの特集も必見です。
  • Pick Up! 人気求人 〜Genex Pertners編〜