Loading...

企業インタビュー 詳細

Special Interview

株式会社SHIFT|コンサルティング部インタビュー| 山崎様、島津様

Post Date2022-04-20 /
CategoryIT・デジタル, 日系,

株式会社SHIFT コンサルティング部 部長 山崎 陽一 様と、島津 大 様にインタビューの機会を設けていただきました。
SHIFTに入社された時の印象、最近のプロジェクト事例、働きがいなどについてお話しいただきました。

ご経歴について

EL

まずはご経歴について教えてください。

山崎様

私は前職、大手SIのSI部隊に20年近く在籍しておりました。当初、地方銀行のお客様を中心に、共同化のための大規模プロジェクトでSE経験を積みました。その後PMになった方が自己裁量でやりたいことがやれる楽しい世界が作れると思い、PMへのキャリア変更をし、メガバンク等のプロジェクトのPMを担いました。様々な大規模のプロジェクトをやり遂げた後、SHIFTに出会いました。それまで大手SIでプロジェクトの立て直しの経験を通し、大規模プロジェクトの全体を見渡してきたことで、仕組みが分かっていましたし、メガバンクの情報システム会社も含めて、プロジェクトのドライブの仕方も分かっていたので、そろそろ落ち着いてコンサルティングをやりたいと思っていたんですね。当時SHIFTにはコンサル部はまだ無かったのですが、役員含めて面白い人が多くいて、コンサルなら作るよと言ってくれたんですね。なんだ、この会社と思いましたね。ここでならコンサルを極めつくせると思い、SHIFTへ入社しました。

島津様

大学院を卒業後、約6年間、生保系のシステムインテグレーターに勤めておりました。入社して3年目から、チームリーダーとして上流工程を中心に担当していました。保険は新商品が発売される度にシステム改修の話があるため、提案することが多く、プログラムを組むよりも、SEとして要件定義や企画をすることに楽しさを感じていました。5年目の終わり頃、生保系の子会社だったので、お客様と親会社だけしかプロジェクトの幅がなく、業種も保険に限定されたため、もう少し幅を広げていきたいと思い、転職を決意しました。事業会社はITという側面から言うと、新技術の導入や新しいことに対して、スピード感が物足りないと思っていました。スピード感が物足りないと思っていた為、スピード感ある会社でかつ、親会社と同等の立場で仕事がしたいと思い、SHIFTのコンサルティング部に入りました。

ご入社の決め手について

EL

SHIFTに入社された決め手になったのは何でしょうか?

山崎様

3つありまして、1つ目は、SHIFTのスピード感です。2つ目は、お客様のお困りごとに正面から向き合っている会社だということ。3つ目は現場に裁量権があることです。裁量権があるので、様々なアイディアややりたい事をすぐにやらせてもらえます。SHIFTでは「こういった新しいことをやりたい」と社長に案を持っていくと「やればいいじゃない、とか、これもうやってみたの?」と言われることがほとんどです。お客様の困りごとに正面から向き合って、そこから生まれたアイディアを現場の裁量で、早いスピードで実行に移せることが、SHIFTの特長だと思っています。

島津様

急成長している会社だという点です。毎年1.5倍売上成長をしており、他社と比較しても高い成長率です。転職するなら成長感のあるところで働いて、かつコンサルという新しい仕事をするという、2つに挑戦しようと思ってSHIFTを選びました。伸びている組織で自分がどこまでやれるのかチャレンジしてみたいという点が大きかったです。また、コンサルティング部が組織拡大フェーズにあるため、裁量が大きいのではないかと思った点もポイントでした。

部門概要と特徴

EL

コンサルティング部の概要をお聞かせいただけますか?

山崎様

SHIFTはテスト工程の支援を軸に事業を展開してきましたが、コンサルティング部は、テストや品質保証に特化せず、お客様の課題を上流工程から支援する部署として2019年に発足しました。コンサルタントはお客様側に立ち、企画や戦略立案からリリースまで一貫してプロジェクトをご支援したり、組織やプロセスにおける課題解決をしたり、売れるサービスづくりのご支援をしたりしています。組織体制としては、コンサルティング部は現在130名程度おります。人員としては、SIerでのPM経験者、コンサル出身者、事業会社出身者でチームを組んでシナジー効果を出しながら案件遂行して顧客課題を解決しています。

EL

これがSHIFTのコンサルティング部の特徴だ、という点を教えて下さい。

山崎様

第一に人の成長を大事に考えています。そのため、業種カットせず、インダストリーフリーにしています。

ただ組織としては、4つのグループに分けています。1グループがコンビニエンスストア等の流通領域、2グループが電力や通信などの産業領域、3グループが金融領域、4グループが大阪や名古屋といったロケーションカットのグループです。グループには分けていますが、メンバーのアサインでは案件が終わったら一旦プールして、次どんな案件にアサインするか考えます。全体をワンプールにして、どの案件だとどの人が育つかという、育成軸でアサインしています。加えて本人の志向に合わせたアサインをしていきます。本人の志向に合わせ、幅広く経験できる機会を多く与えられるので、様々な業界の知見を得ることができ、かつ、どの業界でも通用する汎用的なコンサルスキルを磨くことができます。そのため、圧倒的に成長スピードが早いです。

もう1つの特徴は、ソリューションフリーです。SHIFTとして関連会社含め多くのソリューションを持ってはおります。但し、そのソリューションはまず一旦横に置いておきます。お客様の課題を直視して、お客様の困りごとを全て聞いて整理することから始めています。お客様が課題発生のメカニズムに共感いただいてから、ソリューションの話をするということを大事にしています。またソリューションが無ければ、作れば良いという会社ですので、新しいサービスを作る楽しさもあります。SHIFTのコンサルティング部はまだそこまで大きくないので、特定のソリューションやサービスといった既成の型に嵌めずに、個々でどんどんチャレンジしていくことができます。この自由度は、楽しみの1つだと思っています。

EL

特定のインダストリーで専門性を築いていきたいという人もいるかと思いますが、そういった志向性の方のプロジェクトのアサイン方法を教えていただけますでしょうか。

山崎様

1on1で、本人の志向を聞いてアサインするようにしています。本人のスキルや強み、やりたいことを本音ベースで会話をして、金融出身だからやはり金融の方が力を発揮できるとか、または少し背伸びしてもパフォーマンス出せた人は、より背伸びしてみましょうかなど、密にコミュニケーションを取って、本人の志向を大事にしています。

EL

1on1は誰が対応され、どの程度の頻度で実施されているのですか?また工夫をされている点はありますか?

山崎様

グループ長が隔週で行っています。また私とも月1か、隔月1回行っています。グループ長との相性が悪ければ違うグループへの異動の話もします。コンサルは仕事で悩むことが多いので、社内の人間関係では悩まないように配慮しています。1on1はシリコンバレー流を取り入れています。まずは健康と心身から確認をしています。食欲はありますか?睡眠をしっかり取れていますか?といった質問です。次に労働環境の話を確認しています。残業時間はどの程度ですか?土日は休めていますか?などですね。加えて、プライベートで悩みを抱えていないか、プライベートの時間も取れていて悩みがないなら勉強を進めます。自己実現の高いレベルというのは、やはりそこまでの環境が整っていないとできないと思っています。それを一緒になって作り上げる。もし今、子育てが忙しい状況なら、そっちに集中して、仕事は残業時間を抑えればいい。その代わり勉強は1日1時間半する。その形で1年過ごして子供が大きくなって落ち着いたらまた仕事を頑張って行こう、という会話をしています。

EL

残業時間のコントロールも、1on1でしているのでしょうか?

山崎様

1on1でも話を聞きますし、データで全て把握できるようになっています。コンサルだからといって残業をたくさんしていたら、まったく成長しません。時間をコントロールしていかないといけない。残業が多いなら、作業を分解して人を少し入れることで、1人当たりの残業時間が減らせます。そうやって月の平均残業時間を20時間まで抑えています。会社としても残業を抑える仕組みがあり、見える化されています。

EL

島津様から見て、個人の志向が配慮されていると感じますか。

島津様

はい。押し付けと言うのが一切ないですね。インダストリー軸も、技術の軸もかなり希望を聞いてもらっています。健康状態も加味してくれて、本当によく話を聞いてくれる会社だと思います。これをやりなさい、とは絶対言われませんね。

EL

コロナ禍以降、リモートワークも多いかと存じますが、社員のモチベーション維持をしていく上で工夫されていることはありますか。

山崎様

様々な角度からフォローやモチベーション向上の仕組みがあります。まず制度としては、半年に1回昇降給を伴う評価があります。社内での表彰式も四半期毎に実施しており、頑張りがきちんと評価され、還元される会社です。

また、勉強会を多く実施していますね。月2~3回の頻度でやっています。当然自由参加です。そういった取り組みがあるからこそ、コロナ禍でも帰属意識は薄れていません。コンサルって1人でできる仕事でもあると思うんです。お客様のところに一人で入って、孤独感を持ってしまい、会社って全然関係ないなって思ってしまったら面白くないですよね。

最近のプロジェクトについて

EL

最近の主要なプロジェクトを教えてください。

山崎様

大きく2種類あります。1つ目は、プロジェクトがうまくいっていない、システム刷新系のものです。ずっと大きなプロジェクトをやってこなかったとか、企画してから30年間ずっと寝かせていたものを刷新したいといったご相談、ご希望に対して、私たちコンサルタントが入ることでプロジェクトを成功に導くという案件です。SIer側のPMの横に入って、PM指導をすることもありますが、主には事業会社側のPMに伴走する形でコンサルティングを行います。また、プロジェクトが何個もあって、これも上手くいっていない、あれも上手くいっていないとなると、組織単位でプロセスや、人の教育にまでメスを入れないといけないケースもありますので、そういったご支援も行っています。

もう一つは、SHIFT特有のDAAE概念に基づいて、お客様のビジネスづくりのご支援をしています。DAAEというのはDesign、Agility、Assembly、Economic qualityの頭文字。簡単に言うとビジネスモデルを簡単に開発するということです。ビルなどを作る時に小さなモデルを作ったりしますが、それと同じように、まずはサービスを迅速に開発して、モデルケースを作ります。それでうまく行ければ、量産に踏み切る。そんな形でビジネスモデルを作る部隊がおり、コンサルと協業しています。具体的にはぐるなび様との資本業務提携の事例があります。コロナ禍で社会ニーズが変わり、デリバリーの仕方なども変わってきているので、その奥底にある流通も踏まえて外食産業のビジネスモデルを変えるということを、コンサルとDAAEがタイアップして、案件を立ち上げています。

このように、プロジェクトとビジネスモデルを作るという、両極端な仕事の両方を行き来しながら楽しみながらやっています。プロジェクトの方は、自分たちがこのプロジェクトを成功させるぞ、この組織を良くするぞ、という軸でプロ意識を持ってやる。新しいビジネスモデルの方は、より楽しみながら、より斬新なアイディアを多く出しては壊し、出しては壊し、楽しみながらやっています。

EL

案件は既存のお客様からいただくことが比較的多いのでしょうか?

山崎様

そうですね。テストでお付き合いがあるお客様の案件に、上流工程から入ることも多くあります。ほとんどがプライム案件のため、直接お客様とやり取りすることができます。

島津様

一昔前はテストから入る形だったのですが、最近は企画や戦略案件をプライムで受けることが多いです。私が今入っている公共案件が、まさにそういう感じです。地方自治体はこれからクラウド化の流れが来ます。そういった流れの中で、実際にクラウドに移行するにしても、どの方法がベストなのかという意向方針の相談に乗っている案件でので、検証とかテストという言葉は全く出てきません。

求める人物像について

EL

求める人材像、一緒に働きたいと思う人物像を教えてください。

山崎様

自分から積極的にキャッチアップができる方と働きたいですね。様々な案件があり、お客様も多種多様ですので、コンサルタントは、日々勉強とキャッチアップが重要になります。また、SHIFTのコンサル部は、お客様に伴走型なので、ホスピタリティの精神をもってお客様に寄り添って課題解決できる方も良いですね。

また少し視点は変わりますが、これまでシステム開発や設計をやってきて、これからSEとしてやっていくのか、PMのキャリアを歩むのかなど、進路で悩んでいる方にはコンサルをおすすめしたいですね。コンサルタントは、表現力やプロジェクトマネジメント力、分析力など様々な力が必要になりますが、どれも自身の市場価値をあげる上で必要な力であり、コンサルタントとして経験を積むことで一生モノのスキルを身につけることができます。また、お客様の課題を真に解決できるやりがいは、コンサルタントだからこそ感じられるものでもあるかもしれません。

島津様

成長意欲がある方と一緒に働きたいですね。弊社はただの管理者ではなく、自分もバリバリ動いて、どんどん新しい知識を吸収していこうというタイプの方が多いです。勉強会が非常に多く、短期間で講師が入れ替わり立ち替わりになって開催されます。加えて、元々が品質保証の会社というところから、プロジェクト品質という課題は、他の会社さんよりもノウハウがかなり蓄積されていると思っていますが、それらは待っているだけじゃ教えてくれないので、自分から取りに行ける方が良いですね。そういった意欲的、精力的に動ける方と一緒に働きたいと思っています。

SHIFTで働く魅力について

EL

改めてSHIFTで働く魅力を教えて下さい。

島津様

私はお客様のビジネス成功に高品質でコミットできるところだと思っております。なぜそれができるかというと、元々テストや検証や品質管理というところに重きを置いていったバックグラウンドがあるからです。下流工程に起きうる課題ノウハウがストックされています。そのノウハウ活かし、お客様のプロジェクトにおけるリスクを上流フェーズで未然に防ぎながらプロジェクトを進めていくことが弊社の強みです。高い品質でプロジェクトを進めていけること、お客様の成功に導いていけるという点をこの1年で実感しました。

山崎様

弊社創業時は、社長の丹下が率いるコンサルティング会社でした。そこからスタートして、ソフトウェアテストの依頼をいただき、それを分解可視化してモデル化し、リビルドして、今のビジネスモデルが出来上がっていきます。品質の分析というのは、それを評価して、どう伝えるかという点はコンサルなんですよね。そのイズムが息づいているので、ぶらさないという意味で、今でも入社して最初の10日ぐらいは、検証、テストなどの品質保証や、弊社の標準化ツールの勉強をします。その上でコンサルをすることになっているので、品質に対しての意識やスキルは他社のコンサルよりも間違いなく上だと思っています。その品質保証スキルの上にコンサルが乗っている。それが最終的に非常に大きな違いとして出ているという気がしますね。

島津様

コンサルではテストフェーズだけで案件にアサインされることはほぼありませんが、元々会社としての品質へのノウハウがあることから、どの工程から入ったとしても、課題やリスクの洗い出しができます。品質に対する思いというのは他のコンサルファームさんより確実に高いと思っています。

山崎様

お客様の期待値も高いですね。案件に入ると、まず品質を評価して、と言われます。評価するための測定や、測定する前の定義が不足していると評価ができず、そもそもその順序立てができていない点が課題となり、そこを突き詰めるとプロジェクト管理ができていないという所に行きつき、弊社に任せたいという話になることが多いです。そして管理をしようとすると計画はどうなのか、という話にも発展します。計画通りうまくいっていないギャップの可視化が管理なので、管理を強化するとプロジェクトがうまくいってないのがよく見えます。そのため、計画フェーズからプロジェクトをお任せしますと言っていただけることが多く、その本質を理解いただけるお客様がどんどん増えてきています。SHIFTのファンも増えてきていると思っています。

キャリアパスについて

EL

コンサルティング部のキャリアパスを教えて下さい。

山崎様

アソシエイト⇒アソシエイトコンサルタント⇒シニアアシスタント⇒コンサルタント⇒シニアコンサルタント⇒マネージャー⇒シニアマネージャーとなります。基本的には全員がシニアマネージャーを一本線で目指すというロードマップになっています。

もしくは組織づくりをする管理職を目指す道があり、それとは別に、営業やアカウントマネージャー、UI/UX、セキュリティなど、どこかの領域に特化していきたい場合はグループ会社含め部署異動もできるので、キャリアの幅が広いですね。

コンサルとしては、様々なバックグラウンドの方がいますので、勉強会を有効活用しています。多くの方に自分が苦しんだことを勉強会にして欲しいというお願いをしています。例えばSIerから来た人に自分はこうした、という足跡を残してもらっています。苦労を乗り越えていった資料を使って勉強会をすることで、同じSIer出身者にとって、すごく勉強になります。コンサルのフレームワークは別に整備していますが、それも結局道具なので、どう使っていくか、どう理解するか、そこが大事なので、そこを重点的にフォローしています。ステップごとに応じた勉強資料、スキルアップ資料が独自に準備されています。

評価制度、昇給率について

EL

評価制度で工夫されていることはございますか。

山崎様

弊社は年2回評価があり、半年に1回給与が見直されます。絶対評価制を採用しており、全員をプラス評価する前提で取り組んでいます。そのため、社員同士で足の引っ張り合いがなく、助け合う文化が自然に出来上がっています。そのため、年間平均昇給率も10.4%となっています。教育してスキルアップしているから、ずっと継続できています。スキルアップがあって、課題の解決内容が高度になり、お客様への価値創出も高くなるから単価もアップできるし、給与も上がる構造です。

島津様

弊社には独自に作成しているトップガンという検定制度があり、それに合格することが年収アップに直結するので、やはりやる気は出ますし、社内でのアピールにもなります。

山崎様

トップガン検定に合格すると一つ上の役割を実施できることが認められ、年収アップにも繋がる仕組みとなっており、皆それを目標にして日々勉強しています。

コンサルティング部の今後の方向性について

EL

今後の方向性をお聞かせください。

山崎様

新しいビジネスモデルを作るという軸と、プロジェクトを成功させるという軸はぶらさないですね。その中で、お客様が求めている形ってなんだろう、ビジネスの成功を目指しているけれども今はうまくいってないお客様ってどういう所にいるんだろう、という点を模索しながらビジネスを拡大していきたいと思います。結局は、プロジェクトに落ちるものと、プロジェクト運営組織の課題と、新しいビジネスモデルをどう作ればいいかという三つの軸になってきますので、柱としてそこを強化していきたいと思います。

転職希望者へのメッセージ

EL

最後に、転職を検討されている方向けに一言ずついただけますか。

山崎様

SHIFTのコンサルティング部は、これからどんどん成長して大きくなっていきます。やりたいことができる環境がありますので、今がチャンスです。楽しくいろんなこと考えて試すことができます。成長したい方、組織作りが好きな方、これまでの経験を後進に残したい方。そういった夢の実現に向けて、どんどん力を発揮できる会社ですので、ぜひ楽しく仕事をしながら、一緒にコンサルティング部を盛り上げていただけたらと思います。

島津様

企業の売上、毎年1.5倍成長をリードしていきたいという方と特に一緒に働きたいと思います。どんなバックグラウンドにいらっしゃっても、活躍の場が絶対ある会社だと、私自身が非常に感じていますので、ぜひ一緒にチャレンジしていきましょう。

EL

ありがとうございました。

t=""

企業プロフィール

Profile

株式会社SHIFT

  • 山崎 陽一 様

    コンサルティング部 部長

    外資系大手システム開発会社、証券会社・保険会社のIT戦略企画部門にて多数の大規模プロジェクトを経験、また多数のトラブルプロジェクトのレスキューを経験。SHIFT入社後は、金融事業ビジネスユニットの責任者、コンサル部に異動し現職。 大手流通小売業、エネルギー業界事業者、国内大手システム開発会社のIT責任者をご支援する形で組織面の各種課題を解決、各種プロセス改善支援、PM組織のスキルアップ支援、トラブルプロジェクトのレスキュー対応などコンサルティング業務に多数従事。

  • 島津 大 様

    コンサルタント

    金融系SIerを経て現職。金融機関・公共機関向けに多数のコンサルティング経験を有する。近年は官公庁のクラウド移行プロジェクトにて、POC実施内容の検討・実行支援に従事。

この記事を読まれた方に
オススメのインタビュー

Other Interview

弊社で転職相談を実施するメリット

充実したサポート体制に
よる高い顧客満足度
業界出身者による丁寧な業界分析や、充実した「面接対策サポート」、密なコミュニケーションなどにより、お客様より高い評価をいただいております。※詳細は転職体験談をご覧ください。
転職相談者への中立的な
キャリア相談
転職相談に来られる方に対し、1人1人のご経験やご志向・ご事情に添って、転職を必ずしも選択肢としないキャリア相談を提供させていただきます。
高い内定率と
高年収決定
ファーム内定者年間500名を誇り、「GOOD AGENT RANKING」(450社以上)にて、平均決定年収部門『第1位』の表彰をいただいており(2018年度)、ハイクラスの転職支援においても高い内定率をあげております。
コンサル業界出身キャリア
エージェント多数在籍
コンサルティング業界出身者・VC出身者が多数在籍し、豊富な業界知見と多くのコネクションに加え、クライアントの立場も踏まえた生きた情報をもとに、ご支援いたします。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス