Loading...

Column

特集記事 詳細

フリーコンサルタントにおける金融案件

Post Date2021-08-25 /
Categoryフリーのプロ人材特集

テクノロジーの進化により、金融業界は現在大きな転換期にあります。ネットバンクの攻勢や非金融機関による金融業界への参入などにより、従来の構造は大きく変化し、主に新テクノロジーに関して、スタートアップ企業と大手金融機関をはじめとした金融各社の間での競争・協業が盛んになり、企業の生き残りをかけた闘いが益々熾烈なものになっています。
このような情勢の中、今回は、フリーコンサルタントとしての金融プロジェクトとの関わり方について説明していきたいと思います。

  1. 金融コンサルティングとは
  2. DXが金融業界にもたらす変化
  3. フリーコンサルタントにおける金融案件との関わり方/必要スキル
  4. 年収
  5. フリーランスとして金融案件に関わるメリット
  6. フリーコンサルタント向けの案件事例
  7. 終わりに

金融コンサルティングとは

初めに、そもそも金融コンサルティングとはどのようなものかを説明したいと思います。
金融系の案件とは主に、銀行、保険、証券の3つの分野に関わる案件のことを指します。これらの案件で求められるコンサルタントの主な役割や案件例について見ていきましょう。

 

銀行/保険

経営戦略

・新規事業/新規市場参入戦略(新規日本市場への参入、事業の立ち上げ、新商品開発)
・海外進出戦略
・間接費削減(購買集約化、調達コスト削減、成功報酬型物件費コストの削減)

 

経営改革

・営業拠点改革(営業所統廃合・新規出店構想)
・契約管理/保全プロセス最適化
・保険金支払・クレーム処理高度化
・アウトソーシング/シェアードサービス

 

リスク管理/財務管理

・IFRS/SolvencyⅡ(プロジェクト計画策定、システムグランドデザイン)
・統合リスク管理(統合リスク管理態勢成熟度評価、オペレーショナルリスク計量化)
・単体決算/連結決算実務(J-GAAP・US-GAAPベース決算実務)
・会計システム導入(グローバル経営管理システム導入)
・決算プロセス最適化

 

チャネル戦略

・次世代支店/代理店モデル(支店/代理店CRM基本構想、支店/代理店事務プロセスオートメーション)
・新たな営業モデル(チャネルミックス型募集モデル、募集成績データマイニング)
・新規チャネル設立
・モバイル/WEB戦略(募集支援端末イノベーション)

 

顧客リレーションシップ管理(CRM)

・マーケティング(Webマーケティング、インターネットサイトベンチマーキング)
・CRM基盤強化(全社CRM基本構想、統合顧客DB基本構想)
・カスタマーセンターアセスメント/顧客接点高度化
・BI for Insurance(顧客離反予兆分析、新規顧客分析、クレーム処理分析)

 

ITマネジメント

・IT戦略策定支援(中長期IT戦略、IT組織診断、IT運用・保守体制設計)
・システム基盤構想・構築(パッケージ選定、ビジネスアナリスト、PMO)
・内部統制/コンプライアンス強化
・ITガバナンス(グローバルITガバナンス、情報セキュリティ管理)

 

証券

戦略市場計画

・市場環境分析
・環境シナリオ分析と成長戦略
・製品市場戦略

 

競争市場戦略

・戦略ドメイン
・競合分析と対応戦略

 

顧客満足と関係性マーケティング

・顧客満足型経営
・関係性マーケティング、顧客ロイヤリティ

 

市場適応

・消費者の行動分析
・セグメンテーション、ターゲティング
・製品サービスのコンセプト、ポジショニング

 

マーケティング機能別戦略

・製品サービス政策
・価格政策
・コミュニケーション政策
・チャネル政策

DXが金融業界にもたらす変化

金融におけるテクノロジーの活用自体は数十年に渡って進められていますが、現在注目されているフィンテックでは、特にITベンチャー企業などのフィンテック企業による機動的な金融サービス開発が特徴として挙げられています。デジタル技術を活用したDXが金融業界にどのような変化をもたらすのか、詳しく見ていきましょう。

銀行

銀行分野の DX の進展は、顧客の利便性や効率 性を高めることを通じて、金融領域を拡大し、経済活動の活発化に繋がることが期待されています。 銀行には、経営陣の強いリーダーシップのもと、 企業文化の変革やデジタル人材の採用・育成を進めながら、急速な進歩を続けるデジタル技術など イノベーションの果実を積極的に取り込んで、DXを進めていく事が期待されています。当面はデジタイゼーションやデジタライゼーションをしっかりと進めることで経営効率を高めつつ、DXを進める基盤づくりに努めることが最優先事項となるでしょう。

 

保険

ソーシャルメディア、スマートデバイス、ビッグデータ、そしてクラウドなど進化するデジタル技術が日々の生活へ急速に浸透することにより、顧客の期待を劇的に変化させ、市場を再定義させています。保険会社はこの市場トレンドに対応するため、現在の経営戦略、オペレーティングモデル、テクノロジーを変革することを強く求められています。このような状況下で保険会社のデジタル社会での成功を支援するため、戦略から実行までをトータルにサポートするデジタルソリューションを提供していきます。

 

証券

証券業界におけるフィンテックの活用は、1つは個人向けの資産運用サービスやクラウドファンディングの分野、もう1つは中期的な課題としてブロックチェーン技術を活用した証券決済の革新が挙げられます。このうち前者の分野では、インターネット証券会社が個人投資家向けに株式・投信の投資対象選定をサポートするサービスを提供しており、また「ロボ・アドバイザー」とも称される、インターネットを通じたラップ取引などのサービス提供を開始したり、導入検討を表明する証券会社も出てきています。こうしら動きは今後さらに加速が見込まれ、従来の資産運用ビジネスに変革の流れをもたらす可能性があるものとして注目されています。

フリーコンサルタントにおける金融案件との関わり方/必要スキル

ここでは大きく2つに分けて、金融案件との関わり方を紹介したいと思います。

 

戦略(ビジネス)コンサルタントとして企業にアドバイスを行う

全社/事業における金融戦略の立案に向けた現状分析、課題発見及びあるべき姿の検討や、事業計画の策定・実行を支援します。

〈必要なスキルや経験〉
コンサルティングファームでの実務経験
金融機関での実務経験
金融業界に対する深い知見
DXプロジェクトへの参画経験/DXに対する深い知見

 

ITコンサルタントとしてシステムの開発/運用に関わる

金融機関向けシステムの開発や最適資金運用アルゴリズムの改善などを行います。近年ではFinTechが浸透してきたことにより、決済システムの開発支援案件が増加している傾向にあります。

〈必要なスキルや経験〉
金融システムPMO/構築経験
金融業界での実務経験

年収

金融案件は予算が大きい場合が多いため、高単価の案件が多く、中には月額単価200万円を超えるものも存在します。年収の大幅アップも十分に狙うことができます。

フリーランスとして金融案件に関わるメリット

ニーズが総じて高い

グローバルでレガシーな業務を捨ててDX化が進んでおり、従来ビジネスや顧客接点が大きく変わっていることなどを背景に、金融案件は総じて高いニーズを誇ります。

他の案件にも入りやすい

直近のトピックス(金融に関する国際的規制、セキュリティ強化等)に対応した案件が多く生まれるため、1つ案件に参画することができれば、類似の他案件にアドバンテージを持って参画することができます。

長期案件が多い

金融システムは複雑であり、かつモデル全体のDXが進む中で各モジュールに参画して終わり、というわけではなく長期でのコミットが求められるため、長期案件が多い傾向にあります。長い期間単価の高い案件に参画できることは、稼働の安定性を重視する方にとっては大きなメリットといえるでしょう。

フリーコンサルタント向けの案件事例

クライアント: Fintechベンチャー

稼働    : 100%
業務内容  : 金融機関へのDX案件化・案件後のPM推進
人材要件  : 金融機関での実務経験

 

クライアント: 外資系コンサルファーム

稼働    : 60~100%
業務内容  : 金融×DXのプロジェクト推進
人材要件  : コンサルティングファームでのM以上の職位経験

 

クライアント: 大手金融機関

稼働    : 100%
業務内容  : 規制対応プロジェクトPMO募集
人材要件  : 金融領域におけるシステム開発プロジェクト経験

 

クライアント: 独立系コンサルファーム

稼働    : 100%
業務内容  : キャッシュレスの事業戦略策定
人材要件  : 決済・金融領域への深い知見(ビジネスモデルの理解が必要となる)

 

クライアント: 大手通信

稼働    : 100%
業務内容  : フィンテック企画部のロードマップ策定支援
人材要件  : ファーム出身者でリサーチや戦略立案経験者

 

クライアント: 大手SIer

稼働    : 100%
業務内容  : 金融機関向けシステム開発における要件定義、設計、開発、テスト
人材要件  : 大規模開発のプロジェクトリーダー、PM経験

 

クライアント: 小売

稼働    : 100%
業務内容  : グループ全体を巻き込んだ金融ビジネスの横断PMO
人材要件  : 金融ビジネスに関してのプロジェクト経験のある方

 

クライアント: 大手SIer

稼働    : 80~100%
業務内容  : 金融(市場系)システムにおけるプロジェクト推進業務
人材要件  : 金融機関、商社向けのパッケージシステムの導入

 

クライアント: AIベンチャー

稼働    : 100%
業務内容  : 金融/決済領域のデジタルトランスフォーメーション推進
人材要件  : コンサルファーム(又はファーム案件)でのコンサルティング経験

終わりに

いかがだったでしょうか。金融業界では業界全体のDXが進む中で、ブロックチェーン、AIを活用したシステム活用など、新技術の台頭による従来にない案件も増えてきています。そのような点で、フリーランスの金融コンサルタントとして活躍するには、常に最先端の技術を学ぼうとする深い探求心と、その知見を持ったうえで、クライアントと協同してプロジェクトを推し進めるリーダーシップが求められます。なお、フリーランスのコンサルタントとして関われるメリットとして、様々な技術が活用されたプロジェクトに参画し、新しいチャレンジができるかと思います。

フリーコンサル/エンジニア等のプロ人材サポートサービスについて

フリーコンサル/エンジニアの方で案件を探されている方はこちらのページをご確認下さい。

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。
非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

Related Column

フリーのプロ人材特集の記事

Other Column

この記事を読まれた方にオススメの特集記事

弊社で転職相談を実施するメリット

充実したサポート体制に
よる高い顧客満足度
業界出身者による丁寧な業界分析や、充実した「面接対策サポート」、密なコミュニケーションなどにより、お客様より高い評価をいただいております。※詳細は転職体験談をご覧ください。
転職相談者への中立的な
キャリア相談
転職相談に来られる方に対し、1人1人のご経験やご志向・ご事情に添って、転職を必ずしも選択肢としないキャリア相談を提供させていただきます。
高い内定率と
高年収決定
ファーム内定者年間500名を誇り、「GOOD AGENT RANKING」(450社以上)にて、平均決定年収部門『第1位』の表彰をいただいており(2018年度)、ハイクラスの転職支援においても高い内定率をあげております。
コンサル業界出身キャリア
エージェント多数在籍
コンサルティング業界出身者・VC出身者が多数在籍し、豊富な業界知見と多くのコネクションに加え、クライアントの立場も踏まえた生きた情報をもとに、ご支援いたします。

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから