Loading...

Audit

監査法人

監査法人

監査法人

業務内容/具体的なテーマ

会計監査業務をアドバイザリー業務の主に2つの業務を行っている。会計監査業務については、財務書類に関しての監査および、証明を行う。アドバイザリー業務は、内部統制支援サービス、システムリスクサービス、上場(IPO)支援、IFRS支援、年金サービス支援等、企業の会計および制度に関する幅広いテーマに関して、アドバイザリー業務を行っている。
近年では、監査クライアント、監査報酬の低下の影響もあり、各監査法人ともにアドバイザリー業務を強化をする傾向がある。また、大手の監査法人については、グローバルのネットワークを強みととらえ、グローバル展開する企業への海外進出支援、ガバナンス支援などを強化している。

  • 現在の課題感

    現在、監査法人ではIT導入の過渡期であり、デジタル人材の確保やシステムの構築が求められている状況。また、監査の中で発見した問題を解決するアドバイサリー事業も実施しているが、コンサルティングファームとも異なる監査法人ならではの価値の出し方が問われている。

  • ファームで得られる経験

    アドバイサリー業務としては、ターゲットをビジネス活動全体に捉えた、サステイナビリティブルコンサルティングを中心に業務を行う。そのため、財務や経理の監査だけでなく、コンプライアンス、自然災害やサイバーテロ対策などの所謂、「守りのコンサルティング」であるリスク管理を経験する事が出来る。

  • 業務例

    具体的な業務例は下記の通りです。

    監査業務

    • 財務諸表監査
    • 内部統制監査

    アドバイザリー業務

    • 財務報告アドバイス
    • 内部監査サービス
    • システム監査サービス
    • リスク管理/企業コンプライアイアンスサービス
    • コーポレートガバナンス
    • 株式上場支援・M&A支援
    • グローバル展開支援
  • 採用動向

    監査を行う会計士の採用以外に、各監査法人ともにアドバイザリー業務への力を入れ始めており、アドバイザリー業務領域の採用は積極的に行っている。
    求める経験としては、一般事業会社の業務経験者(IFRS対応、システム監査)やコンサルティング経験、会計システムに関わるエンジニアなどが求められる。

  • キャリアについて

    コンサルティングを中心とするプロフェッショナルファームへの転職が多数を占める。その活躍領域は多岐にわたり、ビジネスコンサル、M&A、ITコンサル、年金・保険コンサル、リスクマネジメントコンサルなど、様々な実例が見られます。コンサルティングファーム以外のキャリアとしては事業会社の該当領域部門への転職も可能です。

    ネクストキャリア事例

    • リスクマネージメントコンサル経験者 → 大手事業会社 内部監査室
    • マネージメントコンサル経験者 → 大手企業 業務企画部門
  • 代表的な企業

    代表的な監査法人の企業情報をご紹介しております。下記のリンクよりご覧ください。

  • その他コンサル業界

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから