特集|自動車インダストリー

自動車 

業界トピックス

大手完成系メーカーによる不正問題

 2015年独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正、2016年三菱自動車工業、スズキの燃費不正など、自動車産業の信頼は失墜の後を立たない。三菱自動車は燃費不正での経営悪化により、再建のため資本業務提携を通じて日産自動車の傘下に入った。

 今、自動車メーカーは、次世代環境対応車、自動運転、衝突安全など研究開発費用が増大し、グローバルでの技術開発競争が激化している。商用を含め500万台規模の国内市場には現在、上場メーカーだけで10社がそれぞれ日本を拠点に研究開発し、競合している。新技術対応への開発負担が増す中、世界のトップを走るトヨタと他のメーカーには経営資源の面で大きな開きがある。トヨタの現預金・同等物や短期保有の有価証券の総額約5兆2000億円は、他の主要6社の合計額を超えている。15年度の研究開発費については、トヨタが1兆600億円に対し、ホンダは7350億円。トヨタの額は日産やマツダ、スズキ、三菱自動車、富士重工業の5社計画の合計を上回っている。

 仮に経営資源の確保ができない場合、巨額の技術開発費を捻出することができず、競争からの脱落を意味する。この技術開発競争の激化は、不正の温床となり得、各メーカーは経営資源の確保に向けた課題に直面している。

M&A・業務提携の活発化

 自動運転や環境対応など新技術の開発負担の増加や競争の激化により、日本の自動車メーカーに再編、業務提携の波が押し寄せている。

 リーマンショック後にクライスラー、GMが経営破綻したことをきっかけに、新たな合従連衡の動きが出ている。日産とルノーの提携を筆頭に、BMWがロールスロイスとミニを傘下に収め、フォルクスワーゲンはポルシェ、アウディ、ベントレー、ランボルギーニなどをグループに加え、クロスボーダーのM&Aが後を立たない。次世代自動車技術の研究開発の加速はもちろん、知的財産の共有により新車開発のスピードアップや新興市場の確保、またプラットフォームの共通化によるコストダウンを目的に買収や業務提携が進められている。
 国内では、2016年日産自動車が三菱自動車を傘下に加え、日産・ルノー連合に三菱自を合わせると計959万台となり、トップのトヨタ自動車(1015万台)や2位のフォルクスワーゲン(993万台)、3位のゼネラル・モーターズ(984万台)に迫る規模となる。今後、自動車業界の生き残りをかけた競争は、トヨタ、GM、フォルクスワーゲン、日産・ルノーグループの4強を軸に再編が進む可能性が高い。

 一方、次世代自動車分野では、テスラモーターズのようなベンチャーの台頭や、グーグルによる自動運転システムの開発など業界の枠を超えた動きが加速しており、新技術の開発分野で大手IT企業と自動車メーカーとの提携が進んでいる。次世代自動車分野においては、今後も予想外の資本提携やM&Aが起きる可能性も高く、10年先の自動車業界の構図は大きく変貌を遂げるかもしれない。

クルマのIoT化

 現在、国内外の自動車メーカーやGoogleをはじめとして、ICT企業の自動運転車開発に関わる取り組みが活発化している。IoTとの融合によりADAS(先進運転支援システム)や自動運転などの技術革新は、既存の自動車産業の業界構造を一変させる可能性を内包している。

 BCGの自動運転市場の将来予測(http://www.bcg.co.jp/documents/file197533.pdf)によると、部分自動運転は 2017年、完全自動運転は 2025年に市場への導入が開始され、条件が整えば、2025年の自動運転車の販売台数は世界で1,400万台超になると見込んでいる。また、コストが順調に低減すれば、2035年には自動運転車のシェアは世界の新車販売台数の25%に達すると予測されている。

上記トピックスのようなケースで求められるコンサルタントの主な役割

①業界構造変化の先読みと対応戦略

 新興国市場の本格拡大、次世代自動車や燃費改善技術の進展、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転などの技術革新、燃費規制の厳格化、新興国の自動車産業政策のブロック化など、メガトレンドを踏まえ、自動車産業の持続的成長のためのコミットメントを行います。

 中長期的な環境変化を見据えた、競争戦略、商品・技術戦略、地域戦略の策定など、自動車業界全体のトレンドを先読みし、各レイヤー企業のビジネス/オペレーションモデルに対する経験と理解が求められます。

海外進出支援

 完成車メーカーの拠点進出動向と生産台数見通し、現地・日本資本・その他海外資本の競合や取引先の進出動向、現地の規制・税制、人材確保可能性、その他人事管理上の特徴・要点等を精査した上で、進出の可否、資本構成、拠点候補、進出方法(新規 / 現地企業のM&A)、投資計画、人員計画、管理体制等の計画策定、課題抽出、アクションプランを設計します。

③Pre M&A、PMI(経営統合)

・M&A戦略策定

 経営戦略を実現する手段としてM&Aを採用する際に、自社の事業の強み・弱みや自社を取り巻く外部環境を分析し、事業のどの領域を補完・強化していくべきか、またどのようにその戦略を実行していくべきかを検討し、M&A戦略を立案することを支援します。さらにM&A対象会社に求める要件を洗い出し、今後のM&A実行計画を策定します。

・ビジネス・デューデリジェンス

 ビジネス・デューデリジェンスとは、M&A対象会社の経営状況や経営資源(人・もの・金・情報・ブランドなど)を調査し、事業統合に関するシナジー効果分析・リスク評価等を実施し、買収可否の判断や事業計画の修正に役立てるものです。
 法務デューデリジェンス、財務デューデリジェンス、人事デューデリジェンスなどと並行して機密保持契約あるいは基本合意後に実施するケースが多いですが、その後の取引価格算定や最終契約締結に向けて、最も重要な判断根拠となると言っても過言ではありません。目的に応じて、調査の力点や報告内容が変わるため、実施前に目的とスコープをきっちり定めることが肝要です。

・PMI(経営統合)

 PMI(Post Merger Integration)とは、当初計画したM&A後のシナジーを獲得する為に、実質的な組織統合マネジメントを推進していくプロセスのことを指します。
 経営統合の基本合意が完了した企業に対して、統合後のシナジーをいち早く発揮することを狙いとして、新会社の経営戦略立案経営管理制度の構築業務管理体制構築の3つの側面から経営統合を支援します。

 M&Aを成功に導くためには、このPMIをいかにしっかり実施していくかと統合前のディール遂行時からPMIに着手することが鍵となります。

自動車インダストリーの主なコンサルティング内容

競争力強化・業界構造転換
・ブランディング戦略
・アライアンス戦略
・中長期事業戦略・商品戦略・技術戦略
・次世代自動車戦略立案(政策・競合・技術・社会動向分析)

【地域戦略/機能戦略】
・市場環境分析・参入戦略(BRICs, ASEAN, Next BRICs)
・地域統括会社設立・機能/組織再編・強化
・R&Dセンター設立構想(政策動向・他社ベンチマーク)
・地域リスクマネジメント、渉外戦略

【新規事業/参入戦略】
・スマートグリッド
・都市交通
・IT/テレマティクス
・異業種参入/アライアンス

主な求人

募集職種① 外資系コンサルティングファーム 自動車業界向け経営コンサルタント
募集職種② BIG4 監査法人系ファーム 戦略コンサルタント(製造業strategy)
募集職種③ 独立系戦略ファーム 業務変革コンサルタント
 募集職種④  大手総合ファーム 経営改革コンサルタント

 

転職支援の申込について

転職をご検討されていらっしゃる方は、無料で弊社コンサルタントが最新求人情報の説明や
面接通過のためのアドバイスを実施しております。お気軽にご連絡ください。

ファーム転職支援

メールマガジンの登録

最新の求人情報は弊社メールマガジンよりご案内をしております。 非公開求人等の新着の情報についてはメールマガジンにてご確認ください。

top_mail_banner

 

約1分で完了!転職支援サービスのお申込みはこちら
利用者の声 User's voice

セミナー

  • 現在開催予定のセミナーをご紹介します。採用ニーズの高いポジションのためお見逃しなく!
  • 有限責任監査法人トーマツ 説明会兼選考会 4/8(土)
  • アビームコンサルティング| ITMS 1日選考会 4月22日(土)
  • 日本能率協会コンサルティング|キャリアセミナー 4/15(土)・5/20(土)
  • EY|1day採用セミナー 4月8日(土)
  • 個別キャリア相談会

スペシャルインタビュー

  • エグゼクティブリンク独占インタビュー!業界トレンドから求める人材まで一挙公開
  • 監査法人トーマツ アドバイザリー事業本部 アシュアランスインタビューのパートナー・SMの方にお話をお伺いしました。
    監査法人トーマツ アドバイザリー事業本部 アシュアランスインタビューのパートナー・SMの方にお話をお伺いしました。
  • 『代表取締役社長』独占インタビュー企画 & マネージャーSPインタビュー企画の2本立て!
    『代表取締役社長』独占インタビュー企画 & マネージャーSPインタビュー企画の2本立て!
  • アクセンチュアTOPインタビュー!デジタル、金融、素材・エネルギーの各部門のマネジングディレクターに組織の未来構想と魅力をお伺いしました。
    アクセンチュアTOPインタビュー!デジタル、金融、素材・エネルギーの各部門のマネジングディレクターに組織の未来構想と魅力をお伺いしました。
  • アビームコンサルティング『戦略ビジネスユニット』トップインタビュー!経営戦略・経営改革の両セクターのプリンシパルにお話をお伺いしました。
    アビームコンサルティング『戦略ビジネスユニット』トップインタビュー!経営戦略・経営改革の両セクターのプリンシパルにお話をお伺いしました。
  • 社会システムのデザインを行うプロフェッショナルファーム「イーソリューションズ」事業部長に独占インタビュー!
    社会システムのデザインを行うプロフェッショナルファーム「イーソリューションズ」事業部長に独占インタビュー!

企業特集

  • コンサル業界を牽引するファームをご紹介します。注目ポジションの特集も必見です。
  • Pick Up! 人気求人 〜Genex Pertners編〜
  • Pick Up! 注目求人 〜IGPI編〜