コンサルタントに求める資質

コンサルティングファームが求める人物像は、そのプロジェクトの幅の広さと同様に多岐に渡ります。資質とスキルに分け、紹介していきます。

求られる資質

ロジカルシンキング
プロジェクトワークを進めるにあたり、課題の特定、情報収集、問題解決案の策定などすべての業務の基礎となるスキル。0ベースで仮説を積み上げていく能力が必要となります。

コミュニケーション能力
プロジェクトに於いては、クライアントとチームメンバーなどの多くの関係者が存在し、共同作業を求められます。バックグランドが異なる様々なメンバーと、共通のゴールに向かって一緒にプロジェクトを行っていくためには、高いコミュニケーション能力が必要となります。

体力・精神力
コンサルプロジェクトは、大量の地道な作業、長時間における業務、出張等が多いロケーション環境など、非常に過酷な環境と言われています。そのような環境の中で、自身のコンディションを維持し、高いパフォーマンスを出し続けるための体力・精神力が求められます。

プロフェッショナル精神
クライアントの成功や、クライアントの求める成果に対して、常にアウトプットを出すことが求められ、常にプロフェッショナルであることを求められます。専門領域外の分野に於いても、早急な知識のインプットを行い、納期が厳しいプロジェクトであっても期日までに確実に成果物を収めるなど、非常に要求水準が高い中、いかなる状況に於いても、優れた、価値のあるアウトプットを出す、プロフェッショナル精神が非常に重要となります。

求られるスキル・経験

戦略ファーム
各ファームとも最高水準の人材を求めており、高いコンサルティングスキルもしくは、準ずる高いポテンシャル能力を求められます。またグローバルでのプロジェクトが多く、ビジネスレベルの英語力は最低限必要となります。

 

業務・ITファーム
業務改善・業務改革等のプロジェクトに従事することが多く、以下のようなプロジェクト経験を求められます。ビジネスレベルの英語力を有している場合は比較的採用に優位になります。
・大手事業会社での企画業務経験
 ※営業、マーケティング、財務・経理、IT、物流、購買等領域問わず。
 ※全社プロジェクトの経験があることが望ましい。
・業務改革等に付随する業務・基幹システム導入経験

 

フィナンシャルアドバイザリー
会計・財務的なアドバイザリーに従事するため、高い財務専門知識と経験が求められます。特にM&A関係では、財務的な知識が必要となり、金融機関出身で財務知識があれば、採用される可能性は十分にあります。
・金融機関などの財務分析等の経験
・大手事業会社での財務(M&Aなど)の経験

 

約1分で完了!転職支援サービスのお申込みはこちら
利用者の声 User's voice

選考対策特集

  • コンサルティングファームの選考突破のための準備・対策についてご紹介します。
  • 特集|戦略ファームの適性試験
  • 特集|面接対策≪ケーススタディ≫
  • 特集|戦略ファーム

サービス別特集

  • 会計、M&Aなど、各サービスにおけるトレンドやプロジェクト事例についてご紹介します。
  • 特集|CFO Advidory (財務会計コンサルティング)
  • 特集|リスクマネジメント・コンサルティング
  • 特集|SCM(サプライチェーン・マネジメント)
  • 特集|CRM
  • 特集|M&A

インダストリー別特集

  • 業界別のトレンド、コンサルティングテーマ、プロジェクト事例についてご紹介します。
  • 特集|パブリック
  • 特集|ヘルスケア
  • 特集|ライフサイエンス
  • 特集|エネルギー(石油・天然ガス)
  • 特集|エネルギー(電力・ガス)
  • 特集|建設・不動産
  • 特集|流通(コンシューマビジネス)
  • 特集|自動車
  • 特集|金融(保険)
  • 特集|金融(銀行・証券)