コンサルティングファーム内での各職位の役割について

コンサルティングファーム内での職については以下になっています。
※呼び方については、各ファームによって異なりますのであくまでご参考までにご理解ください。

アナリスト

・作業担当者として、各種リサーチや資料作成を行う。

プロジェクトメンバーとして、プロジェクトに参画し、担当する業務・作業の遂行を行い、リサーチや分析などを行う。主に新卒、第2新卒メンバーが入社後、本職位からスタートしする。リサーチ業務、議事録作成など膨大な地道な業務を通じて、コンサルタントに必要な基礎的なスキルを身につける。

コンサルタント

・マネジャーの指揮下において、自ら情報を収集・分析・提言を行う。
・一定領域の作業責任者としてアナリストを管理し成果物を作成する。

プロジェクトにて一定の範囲に置いて責任を持ち、自分のチームのアウトプットに責任を持つ職位。新卒について入社後3〜5年程度の経験、中途採用の場合は5年程度の経験を有するものを想定。
クライアントの折衝、プロジェクトにおけるリード等の経験を徐々に積んでいくことでマネージャーへの昇進に進むことを想定される。クライアント担当者との信頼構築に加え、後輩やアナリストの指導も求められる。

マネージャー

・プロジェクトの指揮監督、予算管理とクライアントとの折衝を行う。
・人材の育成や採用、全社的な取り組みを任される。

プロジェクトリーダーとして、プロジェクトをマネージメントし、プロジェクト全体のアウトプットに責任を持つ。
クライアント担当者と信頼関係を築き、後輩の指導にも当たる。
また、ファームによっては一定の売上の獲得を求められるケースもある。

シニア・マネージャー

・プロジェクトの指揮監督、予算管理とクライアントとの折衝を行う。
・人材の育成や採用、全社的な取り組みを任される。
・顧客リレーションシップに責任を持ち、売上責任を持つ

大規模プロジェクトのリーダーを務め、所属組織をリードする職位。組織のバジェットを立て、レベニューに対し責任を持つ。
また、顧客とのリレーションシップマネジメントを行い、新規ビジネスのチャンスの開拓も期待される。また組織の人材育成にも責任を持つ。

パートナー

・ファームの顔としてクライアントとのリレーションを拡大する。
・共同経営者、出資者として会社の経営に関与する。
・プロジェクトの最終的責任者。
・知財開発、人材の採用・教育・評価等、内部管理における主導的役割。

複数プロジェクトの責任者として、新規クライアントの開拓やチームマネジメント、ファームの経営の一翼を担う職位。専門領域において、社内のみならず業界全体を牽引する存在となることが期待される。

約1分で完了!転職支援サービスのお申込みはこちら
利用者の声 User's voice

選考対策特集

  • コンサルティングファームの選考突破のための準備・対策についてご紹介します。
  • 特集|戦略ファームの適性試験
  • 特集|面接対策≪ケーススタディ≫
  • 特集|戦略ファーム

サービス別特集

  • 会計、M&Aなど、各サービスにおけるトレンドやプロジェクト事例についてご紹介します。
  • 特集|CFO Advidory (財務会計コンサルティング)
  • 特集|リスクマネジメント・コンサルティング
  • 特集|SCM(サプライチェーン・マネジメント)
  • 特集|CRM
  • 特集|M&A

インダストリー別特集

  • 業界別のトレンド、コンサルティングテーマ、プロジェクト事例についてご紹介します。
  • 特集|パブリック
  • 特集|ヘルスケア
  • 特集|ライフサイエンス
  • 特集|エネルギー(石油・天然ガス)
  • 特集|エネルギー(電力・ガス)
  • 特集|建設・不動産
  • 特集|流通(コンシューマビジネス)
  • 特集|自動車
  • 特集|金融(保険)
  • 特集|金融(銀行・証券)