コンサルタントのキャリアパス

ポストコンサル転職~はじめに~

日本でも「コンサルタント」という職種の認知度があがり、昔よりも受け入れ門戸が広がってきたことから、ポストコンサルタントの転職選択肢も広がってきました。

ポストコンサル転職の成功事例は、業界内外の経営幹部などのハイクラス転職ですが、ただ、一方ではポストコンサルタントの受け入れに慣れていない企業も多いのが実情で、転職後の成功可否は様々です。

ポストコンサル転職を成功に導く為には、ご自身の総合的なビジネス能力(専門スキルだけでなく、業務遂行スタイルや性格など)を良く理解した上で、それにフィットする企業を選ぶことが重要になってきます。

ポストコンサルの転職トレンド

過去は「外資系企業」への転職が、ポストコンサルタントの転職ニーズを比較的充たしていた転職選択肢だったように思います。その理由としては

・日系大手企業に比べ、外資系企業は積極的に採用を行ってきた事
・日系企業と比較した際に給与水準が高い事
・実力次第で上位職から転職可能である事

などがあげられます。

報酬を落とさず、経営幹部や上位職のポジションから活躍したいというポストコンサルタントの志向に合っていたというのがその理由ですね。

逆に言えば、大手メーカーなど日系事業会社への転職は、採用門戸や、給与、会社の風土などの観点から、ポストコンサルタントの転職先としては(勿論事例はありますが、)あまり主流ではありませんでした。

また、日系大手事業会社では年次により入社ポジションが決まる事も多く、コンサルティング会社で経験を積んだキャリアを生かしきれない事もあり、それが主流にならなかった理由かも知れません。

ただ、現在は状況が変わってきています。

外資系企業への転職に加え、ベンチャー企業(特にネット系ベンチャー)への経営幹部職や企画職などで転職を行うケースが増えてきた様に思います。また、一部ではありますが、VCやファンドなどへの転職も行われています。

ご存知の通り、特にネット系企業のビジネスは活気づいており、VCやファンドなどからの資金還流、事業拡大における上位ポジションの採用オポチュニティの増加など、ポストコンサルタントが転職を行う際の土俵が出来ています。

ポストコンサル転職の選択肢

基本的には、経験した業界やプロジェクト内容によって、ネクストキャリアの選択肢も変わってきます。その中でも、主要な選択肢は、以下3つのケースに分かれます。

■ ケース1)経験業界への転職ケース

経験業界×経験業務を軸に転職の選択肢を選ぶケースです。

例えば、自動車・サプライヤー業界を担当しており戦略策定のプロジェクトを主に経験をされている場合、同業界の経営企画や事業企画ポジションなどに転職をするといった流れです。また、同じ自動車業界でも、主に経験してきた内容がIT戦略等のプロジェクト経験であれば、システム部門にジョインするといった形です。

例)
自動車業界×戦略=自動車会社 経営企画室
消費材メーカー×商品企画= 大手化粧品会社 商品企画部門
大手メーカー×IT戦略=大手メーカー 情報システム部 など 

コンサルタント経験者は、多くの企業に対して問題解決を行ってきており、幅広い業界知見がある事などから、事業会社に移る際、ハイポジションで転職するケースも多くあります。

転職先の制度や企業風土によりますが、プロパーでそのまま上がっていくよりハイポジションを得て入社する事があります。ただし、老舗大手企業の場合は、社内制度の兼ね合いからその様な事が難しい事も多いのが実情です。

■ケース2)ベンチャー企業への転職

今までの経験を軸に転職選択肢を選ぶケース

ベンチャー系企業では、業界経験もさることながら、コンサルタントの今までの業務経験(経営管理スキルや調査・分析スキル、広くは多様な企業における問題解決の経験)を重視し、採用を行っている事が多くあります。

また、コンサルタント経験者は、ハードなワークスタイルにも耐えるメンタルがあることから、重宝されることもあります。近年では、IPO直後の企業や未公開ベンチャーに役員候補でジョインする事や、経営企画・事業企画職での転職ケースも多くなっています。

一方では、そのワークスタイルや考え方の違いから、上手くなじめないコンサルタント出身者がいるのも事実。コンサルティングの仕事と事業推進の当事者となる事との間にある「ギャップ」を上手く乗り越えていく必要があります。

■ケース3)コンサルティングファームへの転職

いわゆる、「ファームtoファーム」の転職ケースですね。
理由は様々ですが、コンサルティングが好きで、ファーム内でのキャリア形成を考える方、一度、事業会社で経験をしたものの、やはりコンサルタントの立場で仕事をする事を選ぶケースなどがあります。
ファームから直接その他のファームに移る場合、「コンサルティング領域(業界・ソリューション)を変えたい」と希望される方が多い様に思います。

例えば、ITコンサルタントの方が、ビジネスサイドに関わっていきたいとのことで、インダストリーラインやビジネスコンサルティング領域でのポジションを希望されるといった形です。財務会計系コンサルティングを担当されていた方が、M&Aなど専門性生かして関連分野での転職を行うといったケースも当てはまるかと思います。

事業再生や実行支援系のファームに転職する事で、コンサルタントとしての経験を活かしながらも、より事業に踏み込んで業務を行うスタイルを望まれる方も多いです。この経験が事業会社への転職の足掛かりになるケースも多い様です。

■ 番外編 起業

コンサルタント経験を積んだ後に、起業するケースも増えてきました。ただ、起業という観点から見た時に、業務親和性や実績から見ても「コンサルタント経験があるから成功する」という事ではなさそうです。様々なバックグランドの方が起業し、成功・失敗をしています。

ただ、確実に言える事は、コンサルタント業務の中で養った論理的思考やハードワークにも耐えられるタフネス、提案力などは、どの様な立場で仕事をする上でも生きてくるという事だと思います。

ポストコンサル転職~最後に~

良い転職を行うためには、採用ニーズを適時把握しておく必要があります。例えば、大手企業の経営企画や事業企画ポジションは、随時募集がある様なポジションではなく、スポットで発生します。したがって、採用マーケットを適時ウォッチしておく必要があります。

現役コンサルタントの方は、現在のクライアントとの関係を良好にする事で、クライアント先企業が転職選択肢に入る事もあるかと思います。その企業の経営幹部から共に働く社員の方々を知る事が出来ている訳ですから、入社後の成功確度も上がる事と思います。

また、事業会社転職は人気のあるポジション(=競合となる応募者の方が多い)ですから、その方々よりも「何か秀でているスキル」を作る必要があります。重要なの事は「自身は何ができる人」なのかです。どのキャリアを歩むにしても「目的を明確にする」事が重要であり、それに合わせた経験を積んでゆく必要があります。

約1分で完了!転職支援サービスのお申込みはこちら
利用者の声 User's voice

セミナー

  • 現在開催予定のセミナーをご紹介します。採用ニーズの高いポジションのためお見逃しなく!
  • PwCビジネスアシュアランス| CTSS部門 1day選考会 11月25日(土)
  • EYアドバイザリー&コンサルティング | 金融部門 1day採用セミナー 11月11日(土)
  • アビームコンサルティング| ITMSセクター 1日選考会 11月11日(土)
  • 個別キャリア相談会

スペシャルインタビュー

  • エグゼクティブリンク独占インタビュー!業界トレンドから求める人材まで一挙公開
  • アクセンチュア トップインタビュー!各部門のマネジングディレクターに組織の未来構想と魅力をお伺いしました。
    アクセンチュア トップインタビュー!各部門のマネジングディレクターに組織の未来構想と魅力をお伺いしました。
  • 監査法人トーマツ アドバイザリー事業本部 アシュアランスインタビューのパートナー・SMの方にお話をお伺いしました。
    監査法人トーマツ アドバイザリー事業本部 アシュアランスインタビューのパートナー・SMの方にお話をお伺いしました。
  • 『代表取締役社長』独占インタビュー企画 & マネージャーSPインタビュー企画の2本立て!
    『代表取締役社長』独占インタビュー企画 & マネージャーSPインタビュー企画の2本立て!
  • アビームコンサルティング『戦略ビジネスユニット』トップインタビュー!経営戦略・経営改革の両セクターのプリンシパルにお話をお伺いしました。
    アビームコンサルティング『戦略ビジネスユニット』トップインタビュー!経営戦略・経営改革の両セクターのプリンシパルにお話をお伺いしました。
  • 社会システムのデザインを行うプロフェッショナルファーム「イーソリューションズ」事業部長に独占インタビュー!
    社会システムのデザインを行うプロフェッショナルファーム「イーソリューションズ」事業部長に独占インタビュー!

企業特集

  • コンサル業界を牽引するファームをご紹介します。注目ポジションの特集も必見です。
  • Pick Up! 人気求人 〜Genex Pertners編〜
  • Pick Up! 注目求人 〜IGPI編〜