Loading...

Company Information

企業情報

企業情報

KPMGコンサルティング株式会社

KPMGコンサルティングでは、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、リスク&コンプライアンス、テクノロジーの3分野に豊富な経験とスキルを有するプロフェッショナルが、10年後も社会的に価値の高いエクセレントカンパニーを目指す企業を支援していきます。

  • 事業内容

    <事業変革>
    ストラテジー&オペレーション、フィナンシャルマネジメント、組織・人材マネジメント

    <テクノロジートランスフォーメーション>
    ITプランニング&アーキテクチャデザイン、ITガバナンス&プログラムマネジメント、デジタルトランスフォーメーション、エンタープライズソリューション導入支援

    <リスク&コンプライアンス>
    ガバナンス/内部監査/内部統制、海外グループ管理、ITリスクマネジメント、サイバーセキュリティアドバイザリー

  • 企業概要

    代表者代表取締役社長 兼 CEO 宮原 正弘
    URLhttps://home.kpmg/jp/ja/home/about/kc.html
    設立2014年7月
    資本金6,000万円
    売上高売上高:1,387億円(KPMG Japan)  264億米ドル(Global) ※2017年6月期
    従業員数1,046名(KPMGコンサルティングJapan) 約20万人(Global) ※2019年7月現在
    株式公開非公開
    沿革2014年7月1日 「KPMGマネジメントコンサルティング株式会社」「KPMGビジネスアドバイザリー株式会社」「あずさITアドバイザリー部門」の合併により設立。
  • キャリアパス

    ・ビジネスアナリスト
    ・コンサルタント
    ・シニアコンサルタント
    ・マネージャー
    ・シニアマネージャー
    ・ディレクター
    ・パートナー

  • トレーニング

    【KPMGインターナショナル共通 テクノロジー基礎トレーニング】
    テクノロジーやデジタルはもはや特定の技術者だけのものではなく、クライアントのビジネスモデルとデジタルを融合し、どのように企業変革を実現していくか考えることが、すべてのコンサルタントに求められています。
    そのため、KPMGコンサルティングでは、デジタルのトレンドや技術要素は全てのコンサルタントに必要なスキル・知識として位置づけ、グローバルで開発したテクノロジー基礎トレーニングを日本語版にカスタマイズして導入しています。

    【昇格時研修】
    昇格者に対しては、クラス別に昇格時研修を開催し、各々の新クラスでの役割・責任の共通理解を起点とした各クラスで必要となる「マインド・スキルの明確化」、「求められる姿に向けたアクションプランへの落とし込み」、という一連の流れをプログラムに埋め込んでいます。

    【海外オンサイトトレーニング】
    KPMGインターナショナル主催の新任マネジャー研修、新任パートナー研修、ビジネス研修等に対し、参加者を選抜して派遣しています。自身の役割をワールドワイドかつ多角的な視点で学ぶとともに、研修を通じて海外のメンバーファームとの交流を深め、その後の業務において協力し合えるネットワークの構築を図ることも目的としています。

    【海外短期研修プログラム】
    社員が自分で企画するユニークな海外短期研修があります。参加希望者は一週間程度の海外研修プログラムを立案して、経営層に対して研修の目的と期待効果についてプレゼンテーションを行います。合格者は会社の全面バックアップのもと、自らが企画した研修に参加することができます。

    【バーチャルクラスルーム】
    海外の講師と各国の参加者をつないで開催されるKPMGインターナショナル主催のバーチャルクラスルームにも参加することができます。

Special Interview

関連する企業インタビュー

コンサルティング業界・
ポストコンサルティング転職に特化した
業界経験者による
プロフェッショナル転職支援サービス

ハイクラス転職支援
無料お申し込みはこちらから